« 「しない生活」(下) | トップページ | 世界遺産あちこち »

「街道をゆく」

『街道をゆく』(かいどうをゆく)は、司馬遼太郎によ
る、読み切りでの紀行集。1971年(昭和46年)作者
47歳の時に「週刊朝日」で連載開始、1996年(平成
8年)2月に急逝したことで、43冊目の『濃尾参州記』
で絶筆(未完)となった。

単行本・文庫版いずれも、朝日新聞出版で新版
刊行されている。なお当初の文庫版は、民藝運動
で著名な工芸作家芹沢銈介の装丁だった。また、
題字を版画家棟方志功が書いている。(ウィキペディ
アより)

最近NHKで放映された番組のDVDを購入しました。

1997年10月から日本放送協会(NHK)で映像ドキュ
メンタリー「街道をゆく」が放送された。
第1・2シリーズ:朗読 田村高廣、語り 柿沼郭、音楽
冨田勲
第3シリーズ:朗読 古屋和雄、語り 岸本多万重、音
楽 冨田勲

当時番組を観ていました。富田勲氏の音楽もよく
シルクロードシリーズとともに憧れをも持っていました。
今回購入したのは、司馬遼太郎氏の歩いた道を
トレースすることもいいかもしれないと考えたからです。
歴史においてそれぞれの地域が果たした役割、人物
たちを深く思索した同作品は、退職後のテーマの国内
旅行の軸にしていきたいと考えています。

Dsc_01221

(泉州 「さんさ漬」 水なすの糠漬けですこぶる美味 
 夏の関西の名物 そのみずみずしい味はこたえら
 れない) 

|

« 「しない生活」(下) | トップページ | 世界遺産あちこち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/59937207

この記事へのトラックバック一覧です: 「街道をゆく」:

« 「しない生活」(下) | トップページ | 世界遺産あちこち »