« 春本番 | トップページ | 還暦(その2 50代を振り返り(上)) »

還暦(その1)

まもなく還暦となります。


還暦(かんれき)とは、干支(十干十二支)が一巡
し、起算点となった年の干支に戻ること。通常は
人間の年齢について言い、数え年61歳(生まれ
年に60を加えた年)を指す。本卦還り(ほんけが
えり)ともいう。(ウィキペディア)

早いもので1954年4月から60年が経過したこと
になります。2月には父親が亡くなり、人生の区切
りとしても60才は50才とともに、人生の次のステー
ジへの移行期でもあるのでしょう。

日本における還暦の祝いでは、本人に赤色の衣
服(頭巾やちゃんちゃんこなど)を贈る。かつては
魔除けの意味で産着に赤色が使われていたため、
生まれた時に帰るという意味でこの慣習がある。
(ウィキペディア)

先日コンペにおいて、会社のメンバーから赤の帽子
と赤のベストをプレゼントとしてもらいました。ありが
たいことです。皆さんの優しさに感謝です。

019

還暦の区切りを自分で付けるためにも、今年に入っ
て①色鉛筆の自画像②50~60才の10年間の振り
返り③手帳のリニューアルに取り組んできました。

今回からシリーズで還暦にあたっての思いを綴って
まいります。


|

« 春本番 | トップページ | 還暦(その2 50代を振り返り(上)) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/59498818

この記事へのトラックバック一覧です: 還暦(その1):

« 春本番 | トップページ | 還暦(その2 50代を振り返り(上)) »