« 早慶戦 | トップページ | 稲盛さん再び »

お・も・て・な・し

高野山検定も受けましたが、私は高野山の霊気漂う
パワースポットとしても、その歴史においても、密教
の示唆においても心より敬意を表しています。

高野山の「高野山教報」という冊子に掲題の記事が
ありました。

「「プレゼンテーション」という言葉が、これほどお茶の
間で親しまれたことは、なかったのではないでしょうか。
アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで行われた「2020
年の東京オリンピック招致」に向けた日本の挑戦・・・
「招致成功の大きな要因」として称えられました。

招致決定にひと役買ったフリーアナウンサー瀧川クリ
ステルさんの「お・も・て・な・し」のプレゼンテーション。
開催地を決める投票直前のアピールの場で、東日本
大震災からの復興を目指すなどを東京開催の意義に
加え、「情感」に訴えました。そのコンセプトの一つは
「感動」と「共感」でした。フランス人の父を持つ滝川
さんは、流暢なフランス語で「見返りを求めないホスピ
タリティの精神で、先祖代々受け継がれながら、日本
の超現代的な文化にも深く根付く心」を「お・も・て・な
・し」と紹介。マドリード優位との前評判を覆し、国際
オリンピック委員会(IOC)委員はもちろん、世界中
の人々に感動と共感をもたらしました。

この世で一番尊いものは、お金や財産でなく人の心
です。・・・目に見えない心が失われがちです。心配り
思いやりなど、人間の本当の心、これを仏心とも菩薩
心ともいいます。・・・菩薩といい、そのこころの働き
は、おもてなしの精神に通じます。」

温帯に属し島国として雨に恵まれ緑豊かで、海の幸、
山の幸多く穏やかな日本の環境はおもてなしの心を
育む素晴らしい地域だとつくづく思います。2020年の
オリンピックは日本の素晴らしさをアピールするだけ
でなく、私たち日本人が日本の素晴らしさに目覚める
きっかけになる予感がいたします。

040
(琵琶湖クルーズから観る琵琶湖大橋)

057
(琵琶湖 沖の白石)
071
(船内のおもてなし 地元のボランティア 葦笛の演奏)

|

« 早慶戦 | トップページ | 稲盛さん再び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/58548624

この記事へのトラックバック一覧です: お・も・て・な・し:

« 早慶戦 | トップページ | 稲盛さん再び »