« 新将命さんの新著 | トップページ | 平和の礎 »

琵琶湖クルーズ

今月15日海の日は時間があったので関西観光
をどこにしようか考えていると、琵琶湖に浮かぶ
竹生島が頭に浮かびました。ネットで調べると
琵琶湖汽船の「ぐるっとびわ湖めぐり」が大津港
9:30発がいいと予約しました。当日は湖北に大雨
警報が出ていましたが、お天気は事なきを得ました。
そのせいか、年配夫婦2組、女子3人組、おばさん
4人組、中国人観光客10人程度と居合わせることと
なりました。
035
(インターラーケン号)

041
(琵琶湖大橋)

最初は沖島、淡水湖の島に人(350人)が住んでいる
のは日本ではここだけで、世界的にも珍しいそうです。
島には自動車がなく、自転車だけ。子どもが乗った
可愛い写真です。
054

次はいよいよ竹生島です。「古来、信仰の対象となった
島で、神の棲む島とも言われる。南部には都久夫須麻
神社(竹生島神社)、宝厳寺(西国三十三所三十番)が
ある。竹生島神社は、明治の神仏分離令に際して弁才
天社から改称した。ちなみに、竹生島弁才天は相模の
江島神社、安芸の厳島神社と並んで日本三大弁天の
ひとつに数えられる。

戦国期には、近江国小谷城主であった浅井久政(浅井
長政の父)が、長政への家督委譲を目論む家臣団によ
って一時的にこの島に幽閉され、隠居生活を強要された」

パワースポットでもあり、戦国期の歴史もあり、かつ西国
第三十番札所でもあります。大河ドラマのお江さんが
信長と訪ねたことにもなっていました。
070

068

061

065

最後は長浜で下船しました。(これで往路だけ7600円)
長浜から見る竹生島はまさに西方浄土といった
趣か・・・一人旅も実に面白いものです。ガイドさん
との会話や同行の人達の様子を見ていても実に
興味深いものがあります。
074


船中で沖島の漁港の婦人会の手作りお弁当も
美味しかったです。(わかさぎ、さつまいも、大葉、
えびのかき揚げ、ます煮、湖魚煮物・・・島で
取れたもので振舞われました。地元の葦笛同好会
の演奏もあり、手作り感に満ちたクルーズて好感しま
した。

追伸:6月8日の空海・高野山検定はかろうじて合格
できました。よかった・・・

|

« 新将命さんの新著 | トップページ | 平和の礎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/57835480

この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶湖クルーズ:

« 新将命さんの新著 | トップページ | 平和の礎 »