« 「未病を治す」とは | トップページ | 新将命さんの新著 »

塙沙萠さん

健康シリーズが続きました。ちょっと趣向を変えて
土曜日にNHKで放映した山野の植物の生態撮影
を長年やっている塙沙萠(はにしゃぼう)さんを取り
上げます。
1949年 作家でシャボテン研究家の龍膽寺雄に
     師事。
1951年 東京農大に砂漠植物研究室を創設。
1968年 写真家として、郷里の 大分県の山野で
     植物の生態撮影に専念。
1994年 雪のなかの植物の生態を見たくて、群馬県
     新治村に転居。 植物生態写真家の第一人
     者として活躍をつづけている。
http://ciabou.com/ciabou/index.html
塙沙萠の植物記
http://www.raijin.com/hany/
塙沙萠のエコロジー

リンクの写真にもあるように私たちの周辺に何気なく
ある植物も自分たちの子孫を残そうと懸命な工夫
を凝らします。花から種へそしてできるだけ広く種
をバラまくために、キノコやつくしんぼうのように胞子
を懸命に飛ばしたりする様子を「足元の小宇宙~
生命を撮る82歳の植物写真家里山の自然・驚異の
姿神秘!きのこの胞子の舞」と題して放映されました。

驚いたのは82歳にして新治村の住まいを拠点に
活躍され、芯から植物の美しさに惹かれ坐骨神経症
をものともせずのめりこんでいる姿でした。奥さんも
野菜を使ったアートを楽しんでいます。しかし68年
に大分にひきこもった時代は明日をも知れず不安
にさいなまれたといいます。そういう時代を乗り越え
て今日の好きなことにのめりこんで過ごす姿は大変
魅力的に映ります。

庵の生活に憧れるものではありますが、むしろ自然
の美しさを何十年も追い求められる魅力にはまるこ
とへ憧れるのかもしれません。世の中に魅力的な生
き方をされている方はとても多く存在していますね・・・
勇気づけられます・・・

20130704151536

(通りがかりに長崎二十四聖人碑  雨に煙る)

20130704180259

(民家を改造した和食屋さん 風情がたまらぬ)

20130704210624

(夜のJR長崎駅 日本の西端に位置して哀愁
 が漂うプラットホーム)


|

« 「未病を治す」とは | トップページ | 新将命さんの新著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/57741969

この記事へのトラックバック一覧です: 塙沙萠さん:

« 「未病を治す」とは | トップページ | 新将命さんの新著 »