« 唯我独尊という健康法 | トップページ | 塙沙萠さん »

「未病を治す」とは

未病とは「健康状態の範囲であるが病気に著しく
近い身体又は心の状態」を言うそうです。(日本
未病研究学会)日経新聞の日曜版に面白い記事
がありました。私たち50才代の話題は健康という
より病気のことが多くなります。

江戸時代の貝原益軒の「養生訓」に「世の中には
財産を求めて見苦しい行動をする者がいるが、それ
でも手にすることは難しい。一方、健康長寿は人々
の富貴の別なく手に入れられる。それを求めない
のはどうしてだろうか」という意味のことが記され
ています。健康長寿のために記事の著者江戸川
大学の中村雅美教授によると、栄養(食生活)、
休養(運動)、美養(自分を磨いて美しく見える)
の三養、さらには心の平安と社会参画を加えた
ものが必要だという。

健康を考える上で「養生」が基本の東洋医学が
参考になり、そのベースは「未病を治す」という考え
方です。病気でないものを治すという予防医学の
こととなります。病院ではなく「健康院」だとも。
うまいこと言いますね。病気になっていない私たち
がどうしたらよいか助言してくれる専門家が今の
時代に必要と指摘しています。

日頃、健康には気を付けているつもりですが、おそ
らく現在は未病の状態にあって、微妙なバランスの
上に病気の領域に入らずにいるのでしょう。だから
こそ、精神的にも肉体的のも「未病を治す」ことにもっ
と関心を持ち、わが身も養生をして、三養を生活の
合間に混ぜ込んでいきたいものです。そいう戒めと
して、健康に関する記事を二週続けて取り上げました。

005

011


014


(紫陽花の名所 三室戸寺 2012年訪問時)

|

« 唯我独尊という健康法 | トップページ | 塙沙萠さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/57695868

この記事へのトラックバック一覧です: 「未病を治す」とは:

« 唯我独尊という健康法 | トップページ | 塙沙萠さん »