« 銀幕の画家 | トップページ | ラファエロ・サンティ »

個人の憲法

今年も恒例のサクセスフォーラムが開催されました。
今年のテーマは「ミッション・ステートメント」ということ
になりました。90年代後半に一世を風靡した「7つの
習慣」(スティーブン・コヴィー キングベアー出版)に
も登場します。田口誠弘さんのリードで考えていき
ます。

「基本的には、ミッション・ステートメントはあなたの
憲法であり、しっかりとしたビジョンと価値観の表現
である。自分の人生すべてを計る基準となるので
ある。」確かに重要なことに違いありませんが、日常
の生活ではおめにかかりませんね。しかし、会社や
ビジネスではしばしば登場する概念。個人にも充分
当てはまるものです。今回は大変重たいテーマです
が田口誠弘講師はじつにうまく誘導してくれています。
本人に承諾を得て一部ご紹介します。

◆「私の人生目標とミッション」リスト

下の6つの視点から見て、あなたが望む未来を決める
「人生目標やミッション」を箇条書きしましょう。

①あなたの理念・信条・価値観からみてやるべきことは
 何ですか?
②あなたが好きなこと・やりたいことは何ですか?
③あなたの個性・適性は、何にむいていますか?
④いままでの経歴からみて、自分が回りの人に提供
 できるものは何ですか?
⑤最近の社会・経済状況を考えてやるべきこと、やり
 たいことは、何ですか?
⑥自分と配偶者の年齢や経済・健康状況から見て
 やるべきこと、やりたいことは何ですか?
これらを書き出し、絞り込みを進めていく手順です。

何をいまさら?とか、そんなことを真面目に考えても何
にもなりゃしない・・とか否定するご意見はあるでしょう
が、目をそらせてはいけないという風に感じる方も多い
ことでしょう。

12人のメンバで5分ずつ発表しました。再び「7つの
習慣」に戻りましょう。「ビクター・フランクルによれば、
「人生におけるミッションというものは、作るものでは
なく発見するものである」ミッション・ステートメントは
短期間で書けるものではない。深い反省、注意深い
分析、入念な表現そして多くの書き直しを経なけれ
ば書けるものではない。書き上げる過程が、最終的
な文章と同じぐらい重要だと思う。それは、ミッション・
ステートメントを書く、あるいは見直すプロセスに、人
を変える力があるからだ・・・」

サクセスフォーラムではこの切っ掛けを与えてくれた
ものと思います。書き始めてみないと始まりません。
人それぞれではありますが、こういう改めて自分を
見直す時間は珠玉のものと言えるでしょう・・・

001

(私なりのミッションステートメント
 「渡辺俊一ワールド&ブランド」)


201305170501031
(近所のブラシの木)
(オーストラリア原産で、観賞用に栽培される。5~6月
頃に開花し、花弁は緑で小さくて目立たないが、赤
の長い花糸が目立つ。穂状花序をなし、花序全体が
ブラシのように見える。花序の先から枝が伸びるという
珍しい特徴を持つ。

201305190540101

(会場の部屋から三浦半島側より相模湾を望む)

|

« 銀幕の画家 | トップページ | ラファエロ・サンティ »

コメント

私自身、7つの習慣を読んで実践したこともありますが、これほど内容の濃い、奥の深い内容は衝撃的でした。素晴らしい本ですよね!

投稿: 短時間睡眠法に挑戦中 | 2013/05/21 20:55

短時間睡眠法に挑戦中さん
コメントありがとうございます。「7つの習慣」はミッション・ステートメントもそうですが、「重要度」と「優先度」の四象限の絵柄も随分利用させてもらいました。

投稿: Shun | 2013/05/30 06:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/57417651

この記事へのトラックバック一覧です: 個人の憲法:

« 銀幕の画家 | トップページ | ラファエロ・サンティ »