« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の投稿

2013/05/30

ラファエロ・サンティ

今週の日曜日6月2日まで国立西洋美術館でラファ
エロ展が開催されています。「ルネサンスを代表する
画家ラファエロ・サンツィオ(1483-1520年)。ルネ
サンス絵画を完成させ、後の画家たちの手本となった
ラファエロですが、作品の貴重さゆえに展覧会の開催
はヨーロッパにおいてもきわめて難しいとされていま
す。本展はヨーロッパ以外では初となる大規模なラフ
ァエロ展です。本展にはペルジーノらの影響が色濃く
残る修業時代の作品から、レオナルド・ダ・ヴィンチや
ミケランジェロに触発されたフィレンツェにおける作品、
そして1508年にローマへ上京し、教皇のもとで数々
の大規模プロジェクトに携わった晩年の作品まで、
20点以上のラファエロ作品が集結します。特に《大公
の聖母》はラファエロの描いた数ある聖母子像の中
でも、最も有名なもののひとつです。さらにラファエロ
の周辺で活動した画家たちや、彼の原画による版画、
それを図案化した工芸品等に至るまでを合わせ、計
約60点が会場に並びます。以後の美術表現に絶大
な影響を与えた画家ラファエロの全貌を知る、絶好の
機会となるでしょう。」
<開催案内>
http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/raffaello2013.html
201305171426071


休日を利用して行ってきました。ウィキペディアに
かなり詳しく載っています。
<ウィキペディア>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3

素人としてダヴィンチ、ミケランジェロは分かってい
ましたが、ラファエロはピンときませんでした。解説
のように日本に来る機会がなかったせいかもしれま
せん。実はその3人とくにミケランジェロとのライバル
意識は壮絶なものがあったようです。いつの世も
ライバルがいるから極めていけるのですね。自画像
のナイーブな印象通り、聖母子像類をはじめ、女性の
柔らかさ、慈愛に満ちた表情に魅力があります。
一番人気の「大公の聖母」(冒頭のリンクおよび
スナップ)に人が群がっていました。子供を慈しむ
伏し目がちの表情に引き込まれます。

ラファエロは37才という若さで亡くなっていますが、
とても多くの作品を残しました。それは50人近く
で構成される工房があったからと言われています。
弟子たちに愛情を注ぎ、有望な弟子をセンターに
して自身は左側のわき役にしている作品もありま
した。とても穏やかな高い人間性を感じさせるも
のでした。リーダとして組織を動かす能力も高かっ
たことをうかがわせます。まあ、いろいろ見方が
展覧会でもあるってことですかね・・・

今週日曜日までです。東京にお住まいの方は是非
いかがですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/19

個人の憲法

今年も恒例のサクセスフォーラムが開催されました。
今年のテーマは「ミッション・ステートメント」ということ
になりました。90年代後半に一世を風靡した「7つの
習慣」(スティーブン・コヴィー キングベアー出版)に
も登場します。田口誠弘さんのリードで考えていき
ます。

「基本的には、ミッション・ステートメントはあなたの
憲法であり、しっかりとしたビジョンと価値観の表現
である。自分の人生すべてを計る基準となるので
ある。」確かに重要なことに違いありませんが、日常
の生活ではおめにかかりませんね。しかし、会社や
ビジネスではしばしば登場する概念。個人にも充分
当てはまるものです。今回は大変重たいテーマです
が田口誠弘講師はじつにうまく誘導してくれています。
本人に承諾を得て一部ご紹介します。

◆「私の人生目標とミッション」リスト

下の6つの視点から見て、あなたが望む未来を決める
「人生目標やミッション」を箇条書きしましょう。

①あなたの理念・信条・価値観からみてやるべきことは
 何ですか?
②あなたが好きなこと・やりたいことは何ですか?
③あなたの個性・適性は、何にむいていますか?
④いままでの経歴からみて、自分が回りの人に提供
 できるものは何ですか?
⑤最近の社会・経済状況を考えてやるべきこと、やり
 たいことは、何ですか?
⑥自分と配偶者の年齢や経済・健康状況から見て
 やるべきこと、やりたいことは何ですか?
これらを書き出し、絞り込みを進めていく手順です。

何をいまさら?とか、そんなことを真面目に考えても何
にもなりゃしない・・とか否定するご意見はあるでしょう
が、目をそらせてはいけないという風に感じる方も多い
ことでしょう。

12人のメンバで5分ずつ発表しました。再び「7つの
習慣」に戻りましょう。「ビクター・フランクルによれば、
「人生におけるミッションというものは、作るものでは
なく発見するものである」ミッション・ステートメントは
短期間で書けるものではない。深い反省、注意深い
分析、入念な表現そして多くの書き直しを経なけれ
ば書けるものではない。書き上げる過程が、最終的
な文章と同じぐらい重要だと思う。それは、ミッション・
ステートメントを書く、あるいは見直すプロセスに、人
を変える力があるからだ・・・」

サクセスフォーラムではこの切っ掛けを与えてくれた
ものと思います。書き始めてみないと始まりません。
人それぞれではありますが、こういう改めて自分を
見直す時間は珠玉のものと言えるでしょう・・・

001

(私なりのミッションステートメント
 「渡辺俊一ワールド&ブランド」)


201305170501031
(近所のブラシの木)
(オーストラリア原産で、観賞用に栽培される。5~6月
頃に開花し、花弁は緑で小さくて目立たないが、赤
の長い花糸が目立つ。穂状花序をなし、花序全体が
ブラシのように見える。花序の先から枝が伸びるという
珍しい特徴を持つ。

201305190540101

(会場の部屋から三浦半島側より相模湾を望む)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/05/12

銀幕の画家

002

日経新聞の日曜版で4月28日から三週間に亘って
モディリアーニ、ロートレック、ゴッホと巨匠三人を
伝説風に映画化されたことを軸に連載されました。
面白く読みましたので、紹介してみます。映画は
沢山観ているほうではないのですが、こういう話
をきっかけにこれら三部作をテーマにしてみようかと
も思います。

(1)モディリアーニ
 1959年に36才で亡くなった俳優ジェラール・フィ
 リップがモディリアーニに扮した「モンパルナスの灯」
 (ジャン・ベッケル監督)は35才で亡くなったこととの
 符合もあるのでしょう。

 上記の写真にもある「ジャンヌ・エビュテルヌの
 肖像」は私も好きで映画に出てくるジャンヌ役の
 アヌーク・エーメは美しい・・

(2)ロートレック
 「19世紀末、パリの歓楽街に生きたアンリ・ロートレ
 ック(1864年~1901年)は、大胆な構図と鮮烈な
 色彩でポスターを芸術の域にまで高めた。」ジョン・
 ヒューストン監督の「赤い風車」です。「ロートレック
 が用いたようなやりかたでスクリーンにカラーを描い
 てみようと考えていた」「夜の人工の光の中で照らし
 出されたムーラン・ルージュの人々の姿。時に必要
 以上に彼らを醜く描き、人間の本質に迫ろうとした
 ロートレック。ユーモア精神に溢れた魅力的な人物
 であり、冷徹なリアリストでもあった画家の本質は
 「人間は醜い。しかし、人生は美しい」という言葉に
 集約されるのではないだろうか」

(3)ゴッホ
 「聖職を断念し、27才で独学で絵を始め、炎で手を
 焼き、耳を切り落とし、生前に絵は一枚しか売れず、
 精神を病み、自殺した。フィンセント・ファン・ゴッホ
 (1853年~90年)の激しい炎のようなイメージは
 ひとつの映画で決定付けられた」映画「炎の人ゴッホ」
 (ビンセント・ミネリ監督)においてゴッホを演じた
 カーク・ダグラスはとても本人に似ているようです。

 「ひまわり」の黄色や糸杉の緑が印象にありますが、
 その色調は黒→濃い緑→赤と緑、青とオレンジの
 極端な対比→黄色→色彩の喪失 といった「色彩
 で5つの時期に分けられる」そうです。

3人共また3つの映画共に興味が湧いてくるものがあり
ます。日頃経済記事の読み飛ばししかしない新聞では
ありますが、「50才からの生きかた」風に気づきを与え
てくれることもあるわけですね。

201305090639531

(事務所近くのつつじ、今が旬)

201305051327411


(大阪駅 ルクアの屋上農園の花、風が実に気持
 の良い季節)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/04

ビジョナリーカンパニー①

ビジョナリーカンパニーの4巻を読み終わりました。
③衰退の5段階→④自分の意思で偉大になる→
②飛躍の法則→①時代を超える生存の法則
(ジェームズ・C・コリンズ他日経BP社)という
順番になり初刊が最後になりました。1995年
の発行ながら、中身は少しも陳腐化していません。
もちろん取り上げているビジョナリーカンパニー
はソニーをはじめとして現在変化してしまっている
会社も多くはありますが、その時点までのもの
として読む分には何の問題もありません。

著者がエッセンスとして挙げている4つのポイント
を中心に紹介していきます。

1 時を告げる預言者になるな。時計を作る設計
  者になれ。
 
  膨大な会社群から選定されて長く同業他社
  よりも高いパフォーマンスを出し続けるビジョ
  ナリーカンパニーは、決して卓越したアイディア
  や緻密な戦力を駆使したカリスマ指導者に
  率いられ率いられた会社ではない。むしろ
  試行錯誤を繰り返しながらも、成功した事業を
  粘り強く、規律を持って、人財、後継者の育成
  を継続する「仕掛け」を作った経営者にある。

2 「ANDの才能」を重視しよう。

  「ORの抑圧」とは、「変化か安定かのどちらか
  だ」、「慎重か大胆のどちらかだ」、「低コストか
  高品質のどちらかだ」、「未来に投資するか、
  目先の利益を追求するかのどちらかだ」、
  「創造的な自主性か徹底した管理かのどちら
  かだ」、「株主の富を増やすか社会の役に立つ
  かのどちらかだ」、「価値観を大切にする理想
  主義か利益を追求する現実主義かのどちらか
  だ」

  ではなく、様々な側面の両極にあるものを同時
  に追求する能力である。それが「ANDの才能」

3 基本理念を維持し、進歩を促す。

  基本理念を文化、戦略、戦術、計画、方針など
  の基本理念ではない慣行と混同しないことが
  重要。時間の経過とともにあらゆる条件が変わ
  る。しかしそのような中でも変えてはならないも
  のだけが「基本理念」である。
  HP:「従業員個人を尊重し、配慮する」
  ウォルマート:「顧客の期待以上のことをする」
  ボーイング:「航空技術の最先端に位置し、パイ
          オニアになる」
  企業が意図をもつことは良いことだが、具体的
  な行動に移せるアメとムチを組み合わせた仕掛
  けがつくれるかがポイント。
  社運を掛けた大胆な目標を持つこと。例えば
  IBMのシステム360、ボーイングの707,747等
  カルトのような文化、決して満足しない体質等

4 一貫性を追求しよう。

  ビジョナリーカンパニーの真髄は、基本理念と
  進歩への意欲を、組織のすみずみ浸透させて
  いることにある。目標、戦略、方針、過程、企業
  文化、経営陣の行動、オフィスレイアウト、給与
  体系、会計システム、職務計画など、すべてに
  浸透させていることにある。ビジョナリカンパニ
  ーは一環した職場環境を作り上げ、相互に矛盾
  がなく、相互に補強しあう大量のシグナルを
  送って、会社の理念と理想を誤解することは
  まずできないようにしている。

このシンプルな4つのポイントをスタートにビジョナ
リカンパニーは4巻へ展開していることがシリーズ
で良く分かりました。「ORの抑圧」などは正に日々
のビジネスシーンで起こりがちなことで、その場
はORでも一定の時間の経過の中では、ANDに
なっていないと継続できない等々頷き、経営に
取り入れていきたいと身につまされるものが
あります。P.ドラッガー博士と本書はこれからの
指針とさせていただきたいものです。

※1995年当時のビジョナリカンパニー
3M、アメリカンエクスプレス、ボーイング、シティ
コープ、フォード、GE、HP、IBM、ジョンソン&ジョン
ソン、マリオット、メルク、、モトローラ、ノードスト
ローム、P&G、フィリップモリス、ソニー、ウォル
マート、ウォルトディズニー 以上18社。

・連休中の静寂と混沌の好対照

003
(高野山奥ノ院 御廟橋手前 神聖な霊気
 ただようパワースポット的)

006

(金剛峯寺 蟠龍庭 雲海の中で雌雄一対
 の龍 静寂の時間)

201305041151101

(大阪ミナミ戎橋近くの繁華街 活気みなぎる
 混沌の世界)

201305041402021

(大阪駅北地区 グランフロントはオープンしたて
 で賑わう)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »