« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月の投稿

2013/03/24

旅を彩る楽しい列車

昨日の土曜日、日経新聞のプラス1にお題の特集が
あり、「乗ってみたい列車」、移動のための手段では
なく、乗ること自体を楽しむ贅沢なものですね。
早速引用してみましょう。

・大人が楽しむ列車
①トワイライトエクスプレス(JR西日本)
 大阪から札幌まで、1500キロを23時間かけて
 旅する寝台特急。日本海に沈む夕日を眺めながら
 夕食を楽しむ
②A列車で行こう
 熊本ー三角(JR九州)。往年のジャズの名ナンバー。
 バーカウンターでデコポンを絞ったハイボールが人気
 大人の雰囲気。
③しまかぜ(近鉄)
 大阪難波ー賢島。お伊勢さんの式年遷宮にあわせ
 3月21日デビュー。壇れいのコマーシャルもいい感じ。
④リゾートしらかみ
 秋田ー青森(JR東日本)。日本海の眺めと津軽三味線
 津軽弁の昔語りの魅力。
④特急ロマンスカー(小田急)
 新宿ー箱根湯本。都会から住宅地、山並みへ旅行気分
 を味わえる
⑥サンライズ瀬戸・出雲(JR西日本他)
 東京ー高松、出雲市。電車の寝台車。
⑦カシオペア(JR東日本 上野ー札幌)
 豪華な食堂車とラウンジ。個室もリッチ。朝の内浦湾
 の日の出の景色秀逸。
⑧いさぶろう・しんぺい(JR九州 人吉ー吉松)
 スイッチバックとループ線霧島連山の眺望。
⑨流氷ノロッコ号(JR北海道 知床斜里ー網走)
 だるまストーブで暖をとりながらオホーツクの流氷を
 眺める(季節限定)
⑩明知鉄道の食堂車(明知鉄道 恵那ー明智)
 岐阜県の高原を走り、季節ごとの料理を楽しめる

どうですか?鉄道好きのご仁でなくても惹きつけられる
ものがありますね。乗ること自身を楽しむ、旅そのもの
が目的という時間を持てる余裕は憧れるものです。
ちなみに私は近鉄特急、ロマンスカー、サンライズ、カシ
オペアは乗ったことありますね。

50才代の私はとにかく旅には惹きつけられます・・・

201303221042181
(春霞の関門海峡 火の山公園から眺める)

201303241027431
(大阪中心部のマンション下のお寺の桜、三分咲きか・・)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/17

伊万里 秘窯の里

お彼岸ともなると日差しが強く春の気配が濃厚に
なりますね。寒さが厳しかった今年はとりわけ春
が待ち遠しいという感覚は年齢とともに強くなって
きます。

先日伊万里を訪れる機会があり、伊万里の「大川
内山」という鍋島藩窯跡国の史跡指定という場所
を見ることができました。秘窯の里「大川内山」は
1675年(延宝3年)から廃藩置県の1871年まで
佐賀鍋島藩の御用窯が置かれていました。その
藩窯では朝廷、将軍家や諸大名などへの献上す
る高品位な焼き物が焼かれ、これが世界の至宝
「鍋島」と呼ばれています。このような歴史を有す
る大川内山では30数軒の窯元がその伝統、技法
を現在の伊万里焼に受け継いでいます。(パンフ
より)

「何でも鑑定団」は日曜日(再放送)によく観てい
ます。よく「古伊万里」というのが登場しますが、
その定義は「鍋島藩御用窯で作られた焼き物を
鍋島と呼び、その伝統を受け継いだのが伊万里焼
です。江戸時代から明治にかけて、伊万里・有田
地方の焼き物は伊万里港から積み出され、伊万里
は焼き物の代名詞として呼ばれていました。その
当時の焼き物を古伊万里と呼んでいます。」
(パンフより) なるほど、そういうことか・・・

きちんと知ることも大事だと。ぶらぶらと歩くと
小笠原藤右エ門という店があり、色鍋島色絵磁器
の伝統を守っています。色鍋島は規格化された
形状の木盃形をした高台皿が中心で、細く力強い
染付の線描を施しています。大阪日常の生活
用に手書きの絵付けのペア椀を買いました。
004
(手書きの同じ絵でも少しずつ異なるところが
 味わい深い)
003
(瓢箪の絵柄が簡素で美しい)

プリントの絵付けが多い中、手書きは貴重で
高価になるため、訳ありのものを安く買って、
1000円程度ですが、伊万里を感じながら生活
するのも悪くないですね。店のおじさんにいろ
いろ話を聞きながらですが、手書きのものを
いかに安く買うかが要領だと説明してくれました。
2月~3月の「磁器ひいなまつり」、4月1日~5日の
「春の窯元市」、6月中旬~8月の「風鈴まつり」
11月1日~5日の「鍋島藩窯秋祭り」等々出かけて
みてお買い得もありますね。

極めて格調高い様式美の色柄磁器の陶芸文化
は世界に誇れるものだと感じました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/10

3つの質問

最高の人生を生き抜くために心がけるべき事とは?
という質問には皆さん興味をひかれるのではないで
しょうか・・・ハーバードビジネススクールのクリステン
セン教授が「イノベーション・オブ・ライフ」という硬い
題名の本(翔泳社)で述べています。

◆人生について考える際に鍵となる質問は次の3つ
 ・どうすれば幸せで成功するキャリアを歩めるか?
 ・そうすれば伴侶や家族、親族、親友たちとの関係
  を、ゆるぎない幸せのよりどころにできるか?
 ・どうすれば誠実な人生を送り、罪人にならずに
  いられるか?

ハーバードビジネススクールで教鞭をとって、卒業
生の同窓会を開いてみて気付いたことがある。
5年目は皆羽振りがよさそうだった。10年目には
友人の何人か欠席し、職業人としては成功して
いても離婚や私生活では明らかに不幸な人が
多くいた。25年目30年目では問題はさらにひどく
なり、同級生の一人がエンロンのスキャンダルに
関わり刑務所行きになった。

①幸せで成功するキャリアを歩む
 本当の幸せを見つける秘訣は、自分にとって
 有意義だと思える機会を常に求め続けること
 にある。新しいことを学び、成功を重ね、ますま
 す多くの責任を引き受けることのできる機会だ。
 ステータス、報酬、職の安定といった要素はあ
 る一定水準を超えると、仕事での幸せを生みだ
 す要因ではなくなることを覚えておこう。

②幸せな関係を築く
 家族や親しい友人との関係は人生の最も大き
 な幸せの拠り所のひとつだ。こうした関係にも
 絶えず気を配り、手をかける必要がある。
 
 仕事でもプライベートでも自分がどんな用事を
 片づけるために存在しているかを理解する必要
 がある。妻が片づけようとしている用事と彼女が
 片づけたがっているとあなたが考える用事とは
 かけ離れていることが多い。あなたがどんなに
 頑張っても、妻が片づけようとしている用事に
 目を向けない限り挫折するだけだ。見当はずれ
 の努力では進まない。

③罪人にならない
 「こういうことをすべきでないのは分かっている。
 でもやむを得ない事情なんだから、一度くらい
 はいいだろう」この声はもっともに思われ、私
 たちは誘惑に負けてしまう。この過ちを犯し
 栄光から転落する例が後をたたない。
 インサイダー取引スキャンダル、ステロイド乱用
 のスポーツ選手等々
 歩み始めた時は成功は自分の手で勝ち取る
 ものだと信じていても、やがて優位に立つために
 何かを試したいという最初の誘惑が訪れる。
 「この一度だけだ・・・」最初は小さな一歩だが
 いくつもの小さな決定を正当化し続けるうちに
 いつしか大きな決定に迫られる・・・結局は全て
 を償うことになっていく。

どうですか?ハーバードビジネススクール卒業
のエリートたちの話として片付けられないものが
ありますね。着実にわが身の生き方を点検して
みる価値がありそうな重要な3つの質問です。
50才代後半のわが身ではありますが、まだまだ
点検をしてしっかり毎日を全力で歩むべし’’

026

cookin'NANTA
“NANTA”は包丁やまな板などのキッチン器具
を楽器として使う、国籍を問わず老若男女誰も
が楽しめるパワフルな公演。1997年10月の初演
から爆発的な反響を呼び、現在まで韓国公演史上
最多の観客を動員している。海外初デビューの
舞台である1999年エディンバラフリンジフェスティ
バルでは最高の評点を受けた。以後、続く海外
公演の成功を足場として2004年2月アジアの公演物
で初のニューヨークブロードウェイ進出に成功し、
韓国の公演界の核を担う作品として評価されて
いる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/03/05

お寺の言葉

勤務地の近くに龍海寺というお寺があり、そこにお言
葉がありました。緒方洪庵のお墓があることでも有名
な寺です。
20130225063700_1

「過去を追わず 未来を願わず 只今、成」とありま
す。この言葉を現在の私なりに考えてみたいと思いま
す。

まず、「過去を追わず」からですが、わたしたちはつい
つい過去のことをくよくよと思い出してしまいます。頭で
は分かってはいますが、この不本意で悔いるこだわり
と、どうしても環境や他人のせいでこうなってしまった
という被害者意識とがそうさせるのでしょう。。この気持
ちを追い出すことはとても難しいですねえ。このことは
よく理解できます。過去を追わず前を向いていくように
したいですね。

次に「未来を願わず」にいきましょう。これは少々抵抗
があります。未来を願う気持ちがなければ成長、向上
しませんね。どうも解せませんが、「只今、成」とセット
で考えると見えてきます。現在に集中せず、いい加減に
過ごして、明日ばかりを夢見ていても成就できない
ということなのでしょう。

目の前の現実に向き合い、只今為すべきことに集中す
ることこそ大事なことであるという悟しと捉えるべきなの
でしょう。なるほど今日の只今こそが私の生きている
証であり、それしかない、さらに只今の連続こそが人生
だともいえます。

私は毎朝今日目が覚めたことに感謝するように考える
ようになりました。どんなに元気な人でも明日の朝を
迎えられるとは限りません。そんなことを考えながら、

「過去を追わず 未来を願わず 只今、成」

の言葉を改めて味わいたいものです。お寺の言葉に
ちょっと立ち止まってみるのもいいですね・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »