« 板門店 | トップページ | お寺の言葉 »

ストレス

ストレスに関する記述は世の中にたくさんあります。
あるサプリメントの会報に上手にまとめてあるのを
発見しました。要点だけ引用します。
監修:愛知学院大学心身科学部客員教授
佐藤祐三医学博士

(1)ストレスは血糖値を上昇させる
 私は元来血糖値が高く定期的に健診をしていま
 す。体重とカロリーはいつも気をつけていますが、
 近年運動習慣や食生活に問題がなくても、ストレ
 スが原因で糖尿病や高血圧などの生活習慣病
 が発症する人が増えているそうです。過度のス
 トレスが加わると血糖値を上げるホルモンが分泌
 される一方、インスリンの分泌や働きが弱められ
 るため、高血糖になりやすいと言われています。

(2)ストレスを和らげる3つのC
  ①Cognition(柔軟な考え方)
  ストレス耐性の低い人の特定の思考パターンは
  以下のようにまとめられるそうです。

 ・「全か無か」思考
 ・拡大解釈と過小評価
  自分の欠点ばかりを大きく捉え、良いところを
  評価しない
 ・「~すべき」思考
  クリアできないと落ち込んでしまう
 ・自分への関連づけ
  良くないことは全て自分のせい
 ・過度の一般化
  ひとつの失敗や出来事がこの先もずっと続くよう
  な気がする
 (いやな気分よ、さようなら デビッド・D・バーンズ)

 ②Communication(意思の疎通)
  日常を取り巻く人間関係は心の健康を保つために
  欠かせません。大変微妙なものですが、苦しい時
  ほど勇気を出して助けを求めたり、客観的な意見
  をもらいとよいでしょう。

  これは実際には大変難しいと思いますが、人間
  関係を良く保ち、落ち込んでいる人への一声や
  自ら一歩を踏み出す勇気を持ちたいものです。

 ③Control(制御する)
  私たちは好きなことに夢中になったり、自ら課題
  を見つけて主体的に行動している時には忙しく
  ても前向きな気持ちでいられます。しかし、状況
  に振り回されたり、達成感がなくなってくると途端
  にストレスが増してきます。
  強いストレスがかかると、食欲を刺激するホルモ
  ンが分泌されます。
  自分の感情や行動をコントロールするには、自分
  が直面している問題を明確にし、解決策を考え、
  それを行動に移すといった過程を具体的にたどる
  ことが役立ちます。

(3)ストレス解消のためのポイント
 ・充分な睡眠
 ・規則正しい生活
 ・無理をしない
 ・趣味を持つ
 ・散歩やストレッチ

(4)ストレスは人生のスパイス
  ストレスには良いものと悪いものがあります。
  良いストレスは夢や目標など自分を元気にして
  くれる刺激、悪いものは過労や不安など、心身
  が苦しくなる刺激をいいます。
  良いストレスは人生に変化を持たせてくれる
  香辛料のようなもの。人生に豊かさをもたらし
  ます。

(5)番外編(涙の効用)
  感情を伴った涙にはストレス物質を排出する
  という大切な役割があります。感情が高まって
  涙を流すと、安静を促す副交感神経が優位に
  なり、ストレス状態が緩和されます。玉葱など
  の刺激では効きません。映画やドラマも役に
  立ちますね。

この種のストレス関連の知識は沢山世の中に出回
っていますが、この話は分かりやすくよくまとまって
いる気がします。ストレスから逃げるのではなく、
それがどこから来ているのか?問題は何か?自分
でコントロールできることは何か?それを行ったか?
後は結果を受け入れていく・・というプロセスを私
も実行するようにしています。血糖値のオーバー
は人生の最大の楽しみのひとつである「食」に
制限を加えることなので、いやですよネ~

027

(カンジャンケジャン ワタリガニの醤油漬け)

021

(プルコギ)


|

« 板門店 | トップページ | お寺の言葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/56828635

この記事へのトラックバック一覧です: ストレス:

« 板門店 | トップページ | お寺の言葉 »