« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月の投稿

2013/02/24

ストレス

ストレスに関する記述は世の中にたくさんあります。
あるサプリメントの会報に上手にまとめてあるのを
発見しました。要点だけ引用します。
監修:愛知学院大学心身科学部客員教授
佐藤祐三医学博士

(1)ストレスは血糖値を上昇させる
 私は元来血糖値が高く定期的に健診をしていま
 す。体重とカロリーはいつも気をつけていますが、
 近年運動習慣や食生活に問題がなくても、ストレ
 スが原因で糖尿病や高血圧などの生活習慣病
 が発症する人が増えているそうです。過度のス
 トレスが加わると血糖値を上げるホルモンが分泌
 される一方、インスリンの分泌や働きが弱められ
 るため、高血糖になりやすいと言われています。

(2)ストレスを和らげる3つのC
  ①Cognition(柔軟な考え方)
  ストレス耐性の低い人の特定の思考パターンは
  以下のようにまとめられるそうです。

 ・「全か無か」思考
 ・拡大解釈と過小評価
  自分の欠点ばかりを大きく捉え、良いところを
  評価しない
 ・「~すべき」思考
  クリアできないと落ち込んでしまう
 ・自分への関連づけ
  良くないことは全て自分のせい
 ・過度の一般化
  ひとつの失敗や出来事がこの先もずっと続くよう
  な気がする
 (いやな気分よ、さようなら デビッド・D・バーンズ)

 ②Communication(意思の疎通)
  日常を取り巻く人間関係は心の健康を保つために
  欠かせません。大変微妙なものですが、苦しい時
  ほど勇気を出して助けを求めたり、客観的な意見
  をもらいとよいでしょう。

  これは実際には大変難しいと思いますが、人間
  関係を良く保ち、落ち込んでいる人への一声や
  自ら一歩を踏み出す勇気を持ちたいものです。

 ③Control(制御する)
  私たちは好きなことに夢中になったり、自ら課題
  を見つけて主体的に行動している時には忙しく
  ても前向きな気持ちでいられます。しかし、状況
  に振り回されたり、達成感がなくなってくると途端
  にストレスが増してきます。
  強いストレスがかかると、食欲を刺激するホルモ
  ンが分泌されます。
  自分の感情や行動をコントロールするには、自分
  が直面している問題を明確にし、解決策を考え、
  それを行動に移すといった過程を具体的にたどる
  ことが役立ちます。

(3)ストレス解消のためのポイント
 ・充分な睡眠
 ・規則正しい生活
 ・無理をしない
 ・趣味を持つ
 ・散歩やストレッチ

(4)ストレスは人生のスパイス
  ストレスには良いものと悪いものがあります。
  良いストレスは夢や目標など自分を元気にして
  くれる刺激、悪いものは過労や不安など、心身
  が苦しくなる刺激をいいます。
  良いストレスは人生に変化を持たせてくれる
  香辛料のようなもの。人生に豊かさをもたらし
  ます。

(5)番外編(涙の効用)
  感情を伴った涙にはストレス物質を排出する
  という大切な役割があります。感情が高まって
  涙を流すと、安静を促す副交感神経が優位に
  なり、ストレス状態が緩和されます。玉葱など
  の刺激では効きません。映画やドラマも役に
  立ちますね。

この種のストレス関連の知識は沢山世の中に出回
っていますが、この話は分かりやすくよくまとまって
いる気がします。ストレスから逃げるのではなく、
それがどこから来ているのか?問題は何か?自分
でコントロールできることは何か?それを行ったか?
後は結果を受け入れていく・・というプロセスを私
も実行するようにしています。血糖値のオーバー
は人生の最大の楽しみのひとつである「食」に
制限を加えることなので、いやですよネ~

027

(カンジャンケジャン ワタリガニの醤油漬け)

021

(プルコギ)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/09

板門店

2月の初旬に休暇を取り板門店へ行ってきました。
昨年に続き38度線に近づきました。

・板門店の由来
「板門店という地名は韓国戦争(韓国では朝鮮戦争
とは言わず韓国戦争という。朝鮮は李朝時代まで
を指す)当時UN軍と共産軍との休戦会談による。
当時こちらには居酒屋を含めた4軒の茅葺きの家
があった。地名はノルムンリだった。1953年休戦協定
が締結されてから公式に国連軍と共産軍が共同
管轄する共同警備区域(JSAジョイント・セキュリテ
ィ・エリア)と呼ばれながら韓国と北朝鮮の行政区域
に入らない独特な場所であった」

・会談場
「軍事分界線上の会談所建物は全部で7つあり、
この中で3棟は国連軍が4棟は北朝鮮が管理して
いる。国連軍の3棟の中で本会談所は解放されて
いて南と北が会う唯一な場所である」
013
(会談場 青い建物が国連軍管理)

005
(会談場内の軍人)

007
(境界線は窓の外のコンクリートの盛り上がった部分)

・北朝鮮の板門閣
「北朝鮮が管理するところで一番代表的な建物である。
板門店の自由の家から80m離れていて、1969年9月
に設立された。この建物は35名の北側の軍人の事務
室で屋上は北側の訪問客の展望台として使っている」

009

・帰らざる橋
「1953年7月27日休戦協定が締結された時この橋で
捕虜交換が行われた。この橋を渡ったら二度と帰ること
ができないという意味で帰らざる橋と呼ばれる」

映画「JSA」の舞台となった場所で、見張り小屋が左側
にあり、その軍人同士の物語ですが、実際は監視
カメラしかないそうです。

017

いわゆる非武装地帯(DMZ)は軍事分界線から南北
2キロずつ幅4キロ半島を東西に241キロに達します。
その中に板門店の施設があるため、キャンプボニパス
という場所にバスで到着した後、厳重にパスポート
チェック後、誓約書を書かされて、国連軍のバスに
乗り換えて会談場に移動します。韓国軍兵士の監視
護衛の元で2列縦隊で見学します。非常に緊張感の
ある雰囲気の中です。写真はすべて許可を得た場所
のみで撮影しました。指さし、かがみこんだり、目立つ
服装は全て敵対行為と見なされぬよう制限されました。


024

臨津川(イムジン)から漢江沿いには見張り小屋が
定間隔で配置してあります。休戦状態の国の一面
を垣間見たものです。歴史とともに今や世界唯一
の分断国家の実情を直に見たことになります。
今回実感しました。あまり多くは語れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/03

坐摩(いかすり)神社

私たちの姓の由来というのは様々ありますが、渡辺
のように比較的分かりやすいものもあります。その
原点が坐摩(いかすり)神社にあります。
201302010919211


渡辺の地の由来でもある大阪にある渡辺津です。


以下ウィキペディの紹介です。

・渡辺津から始まる
渡辺津の守護神 創建時の社地は現在と異なり、
渡辺津・窪津・大江などと呼ばれたかつての淀川
河口である。旧社地は遷座後に御旅所が置かれ
た現在の中央区石町(こくまち)に推定され、天神
橋 - 天満橋間の南、近世以降「八軒家」と呼ばれ
る地に概ね該当する。

・源綱が始祖
平安時代後期には源融にはじまる嵯峨源氏の源綱
(渡辺綱)が渡辺津に住んでこの神社を掌り渡辺を
名字とし、渡辺氏を起こした。渡辺綱の子孫は
渡辺党と呼ばれる武士団に発展し、港に立地する
ことから水軍として日本全国に散らばり、瀬戸内海
の水軍の棟梁となる。

・現在の地に遷宮
天正11年(1583年)の大坂城築城に際して、西横堀
川に近い現在地に遷座した。本町通にも近く、多くの
物売りや見せ物が門前に集まった。特に古着屋は
「坐摩の前の古手屋」として名高く、上方落語にも「古
手買」「壺算」などで登場する。また初代桂文治が始
めてこの神社で寄席を開いたとされている。この神社
の近くで後の「そごう」が古手屋として生まれ、船場
が繊維の町として発展するきっかけになった。また
西横堀川沿いには陶器問屋が並んだが、当社の
末社に陶器神社があることによる。

・「渡辺」地名の保存運動
所在地の現在の町名は「久太郎町四丁目渡辺」と、
番地ではなく「渡辺」となっている。神社と氏子が
渡辺津から移転してきたことで、江戸時代から既に
「北渡辺町」「南渡辺町」という町名になっており、
1930年(昭和5年)に「渡辺町」となった。

しかし、1988年(昭和63年)に旧南区・東区の統合
に伴う地名変更の際、「渡辺町」は統合されて消え
ることとなった。そこで、渡辺姓の末裔で作る「全国
渡辺会」が渡辺の名のルーツである渡辺町の消滅
に対し反対運動を起こした。結局市は苦肉の策に
より、丁目の次の街区番号に「渡辺」の名を残すこと
で決着をみた。
201302010929141

現在旧伊藤忠本社の近くにある坐摩(いかすり)神社
は渡辺のルーツであり、非常に親しみを感じます。
節分にあたるこの時期に一年の締めくくりと本格的に
癸巳が始まる一年の安全を祈念するためにお参りし
ました。そうすると第58代当主の渡辺さんがどこかの
企業の祈願の儀を取り行っていました。

全国112万人強の渡辺さんは全国第6位に多い姓
ではありますが、ルーツに当たるこの神社や「全国
渡辺会」なる会があることを知ると心強くなり、大阪
に現在住んでいる縁を感じたりもします。

さて、明日立春からの1年、豆を食べて気持ちを新た
に迎えましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »