« 五山の送り火 | トップページ | 崎陽軒のシウマイ弁当 »

海賊とよばれた男

理恵さんコメントのお薦めで百田尚樹著の「海賊
とよばれた男」(講談社上下二巻)を読むことにし
ました。「永遠の0(ゼロ)」で徹底した調査とリズ
ミカルな文章にすっかり魅了されていましたので、
すぐに手配して出張中の時間も活用して読みまし
た。

あらすじは講談社のHPから紹介しておきます。
「ならん! ひとりの馘首(かくしゅ)もならん」――
敗戦の夏、異端の石油会社「国岡商店」を率いる
国岡鐡造(くにおかてつぞう)は、なにもかも失い、
残ったのは借金のみ。そのうえ石油会社大手から
排斥され売る油もない。しかし国岡商店は社員ひと
りたりとも馘首せず、旧海軍の残油集めなどで
糊口をしのぎながら、たくましく再生していく。
20世紀の産業を興し、人を狂わせ、戦争の火種と
なった巨大エネルギー・石油。その石油を武器に
変えて世界と闘った男とはいったい何者か――
実在の人物をモデルにした本格歴史経済小説、
前編。

敗戦後、日本の石油エネルギーを牛耳ったのは、
巨大国際石油資本「メジャー」たちだった。日系
石油会社はつぎつぎとメジャーに蹂躙される。
一方、世界一の埋蔵量を誇る油田をメジャーの
ひとつアングロ・イラニアン社(現BP社)に支配され
ていたイランは、国有化を宣言したため国際的に
孤立、経済封鎖で追いつめられる。1953年春、
極秘裏に一隻の日本のタンカーが神戸港を出港
した――。「日章丸事件」に材をとった、圧倒的
感動の歴史経済小説、ここに完結。後編。」

モデルは出光興産創業者の出光佐像三氏だそう
です。民族系の石油元売り会社くらいにしか知らな
かった私を恥じるものでした。日章丸事件で一民間
人が国益だけでなく大きな見地から一民間企業を
超え信念で行動し続ける圧倒的な「気概」に感動を
通り越した何かに突き動かされる気持ちになりま
した。この出光氏の生きかた、考え方は領土問題
エネルギー問題で揺れる今日、国、会社のあり方に
も大きな問題提起をしています。1956年大阪生れの
百田尚樹氏にはとても共感と同世代の親近感を覚え、
これから何かとフォローしていこうと思います。

024

027

(シンガポールのシンボル2つ
 マーライオン&マリーナベイ・サンズ)


|

« 五山の送り火 | トップページ | 崎陽軒のシウマイ弁当 »

コメント

読み終えましたか?
こちらも素晴らしい作品ですよね。
百田さんの新作、出ているようですが、ちょっと好みの路線から外れているようで躊躇してます。では、またね。

投稿: 理恵 | 2012/09/04 10:38

理恵さん 圧倒的な大迫力に引き込まれあっという間に読み終えましたよ。よい本を紹介しtもらいました。感謝。

投稿: Shun | 2012/09/16 23:43

私も「永遠の0(ゼロ)」から「海賊とよばれた男」に流れてきました。

あっというまに読み切りました。

「永遠の0(ゼロ)」よりは、より伝記に近いものになっていますね。

投稿: 本のソムリエ | 2012/11/29 19:06

本のソムリエさん
コメントありがとうございます。民間人の熱い思いと行動力に感動しました・・・

投稿: Shun | 2012/12/01 06:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/55562365

この記事へのトラックバック一覧です: 海賊とよばれた男:

« 五山の送り火 | トップページ | 崎陽軒のシウマイ弁当 »