« 日美展に入選 | トップページ | 海賊とよばれた男 »

五山の送り火

さる16日に五山の送り火が京都で行われました。
送り火は「京の夏の夜空を焦がす京都の名物
行事・伝統行事。葵祭・祇園祭・時代祭とともに
京都四大行事の一つとされる
毎年8月16日に
「大文字」(京都市左京区浄土寺・大文字山(如意
ヶ嶽)。20時00分点火)
「松ヶ崎妙法」(京都市左京区松ヶ崎・西山及び
東山。20時10分点火)
「舟形万灯籠」(京都市北区西賀茂・船山。20時
15分点火)
「左大文字」(京都市北区大北山・左大文字山。
20時15分点火)
「鳥居形松明」(京都市右京区嵯峨鳥居本・曼陀
羅山。20時20分点火)
以上の五山で炎が上がり、お精霊(しょらい)さんと
呼ばれる死者の霊をあの世へ送り届けるとされる。」
(ウィキペディアより)

今年はたまたま左京区の大文字を鴨川沿いから見
ることができました。

所在地:京都市左京区浄土寺七廻り町(じょうどじ
ななまわりちょう)
山名:大文字山(だいもんじやま)。如意ヶ岳、如意
ヶ嶽とも呼ばれていた。
火床:75か所
大きさ:一画80m(45間・19床)、二画160m(88間・
29床)、三画120m(68間・27床)
保存会:浄土院の(元)檀家による世襲。
もともとは一帯の山塊を「如意ヶ嶽」と呼んでいたが、
現在は火床がある西側の前峰(465.4m)を「大文字
山」と呼び、最高点である主峰(472m)を「如意ヶ嶽」
と呼ぶ。特に「左大文字」と区別するときは「右大
文字」・「右の大文字」ともいう。大の字の中央には
大師堂と呼ばれる、弘法大師を祀った小さなお堂が
ある。
登り口は、送り火の時にも使われる銀閣寺の北側から
のものが主ルート。
大文字山(如意ヶ嶽)の地元地域の人には、他山との
違いと尊称の意味も含めて、古くから山そのものを
「大文字さん」と呼ぶ人も多い。(ウィキペディより)

ご先祖さんの魂を送ることに参加した気分になって
きました。考えてみればご先祖様の誰一人として
欠けていたら私自身が存在しない大原則があり
ます。50才代後半ともなると今まで信心の薄いの
が一般的な戦後生れのわが身としても、少しずつ
自らの変化に気付いてきました。

このような行事を、日本人が大切にしてきたことを、
今更ではありますが、今からでも遅くないので考え
直し、わが身なりに取り入れていこうと思うものであり
ます。

歴史の古い近畿圏に住むことで、ありがたい機会が
増えたのかもしれません。感謝ですね。

(今年の大文字山)

201208162008181

|

« 日美展に入選 | トップページ | 海賊とよばれた男 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/55459079

この記事へのトラックバック一覧です: 五山の送り火:

« 日美展に入選 | トップページ | 海賊とよばれた男 »