« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月の投稿

2012/06/24

ニューヨーク食事情

ニュヨークの最終報告です。ニューヨークの食べ物
についてです。スーパーマーケットですが、ホール
フーズという店があちこちにあります。特に圧巻は
野菜や果物の並べ方。
014


017

サラダ系もご覧の通り。
015

店内で食べられます。
018

次はビーフシリーズ。ヤンキースタジアムでのひとコマ。
045

ビーフバーガー。
047

マンハッタンのウルフガングステーキハウス。
専用熟成室でちょうどチルド室といった感じのとても
涼しいこのお部屋の中に、最高級のビーフが数週間
置かれ、じっくりと熟成されます。このプロセス中に
お肉の中にぎゅっと旨みが凝縮されるというわけなの
です。これがこの店の売り。
091


092


最終日の朝はビーフには飽きてしまい、ヘルシーに
レニーズという店の野菜サンド。それでもこれ。
097

まあ、カロリーのことは考えても仕方ないか・・・・
こんなものを日頃食べている人々・・・・いろいろ
実感としても勉強になる。全てが大きく、大量。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/17

MoMA

ニューヨークの第二弾はMoMAです。
「ニューヨーク近代美術館(The Museum of
Modern Art, New York)は、アメリカ合衆国
ニューヨーク市にある、近現代美術専門の美術館
である。

マンハッタンのミッドタウン53丁目に位置し、
1920年代から「ザ・モダン」と呼ばれたモダン
アートの殿堂。英文館名の頭文字をとって
「MoMA(モマ)」と呼ばれて親しまれるニューヨーク
近代美術館は、20世紀以降の現代美術の発展と
普及に多大な貢献をしてきた。

建築や前衛美術についての意欲的な企画展を連発
しながらいちはやく優品の収蔵を進めていった。
とくに企画展に際して発表される諸論文や、個々の
作家や作品を美術史の文脈の中に位置づけてゆく
構想力は、全世界の同時代美術の見取り図や歴史、
筋書きをこの美術館が全部書いているような錯覚
すら起こさせる。それゆえ、MoMAが現代美術の
価値を決定している現状に対する反発も美術家・美術
関係者の間には少なからず存在する。

また、建築、商品デザイン、ポスター、写真、映画など、
美術館の収蔵芸術とはみなされていなかった新しい
時代の表現までをも収蔵品に加え、常設・企画展示・
上映などを行うことで、世界のグラフィックデザインの
研究の中心としての地位をゆるぎないものにした。
ここには、日本製の電気製品や家具、映画作品なども
デザインの歴史に影響を与えた優れた作品として収蔵
されている。2007年1月には、auブランドを展開する
KDDIのau design project(現・iida)で生まれた、日本
でしか利用でない4機種の携帯電話が収蔵品に選定
され、話題になった。

戦後、1952年にはインターナショナル・プログラムを
早くも発足。この機関はMoMAによって構成される
「MoMAインターナショナル・カウンシル」が経済支援の
ネットワークを盤石にし、世界各国の美術館関係者と
人的ネットワークを構築し交流するプログラムを定期的
に設け、巡回の受け入れ先を確保し、コレクションの
貸し出しで報酬を得る。これらは実に優れた交流機関
であり、美術館経営に効果的な事業スキームを持つ。
このような機関は世界においても例がないという。
MoMAの理事会には経済界で強力なリーダーシップを
持ったロックフェラー家のような名士が名を多く連ねて
おり、彼らは率先して資金調達を成し遂げる。MoMA
ファミリーになることは世界の資産家において魅力的な
ことであり、一流のカルチャーリーダー、一流資産家で
あることの証しでもある。

2005年の新館完成に伴い入場料が12ドルから20ドル
へ値上げされ、これはニューヨーク市の美術館のなか
では最も高い入場料でもあり、MoMAがニューヨークに
もたらす波及効果と共にさまざまな賛否両論を巻き
起こした。なお、毎週金曜日の午後 4時以降は
Target Friday と呼ばれ、入場料は無料になる。

10万点以上の所蔵品を誇るMoMAは、近現代美術の
殿堂として、活発な活動を続けている。」(ウィキペディア)

通常の観光ツアーの美術館とはかなり趣がことなる
ことがお分かりになろうと思います。金曜日4時以降が
お薦めです。(無料)2時間近く観られたことはとても
うれしいものでした。フラッシュなしで写真もよいよう
です。何となく後ろめたく手振れになりかえって、臨場
感が出ているかも・・・

058


061_2
(モネ)

062
(ピカソ)


064
(ウォーホル)

065


063


068

MoMAオーディオガイドは無料で借りられ、難しい
解説もありますが、一定の満足感を味わえるもの
なので、お薦めです。

067


ニューヨークのミッドタウンの摩天楼の中にあり、
上記の写真のようにビルの中からGEの本社ビルも
眺められていかにもという景色です。

近代美術の形成に貢献してきたMoMAは、アメリカ
という国の国力を象徴するひとつだと感じるものでも
ありました。空気を吸い、肌身で感じることが大切
ですね。何事も・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/14

9/11メモリアル

先日休暇を取りニューヨークへ行ってきま
した。

いわゆるグラウンドゼロ、9/11メモリアル
を訪ねました。2009年にも訪ねたのです
が、その後どうなっているか興味がありま
した。もちろんニュースにおいて跡地をどう
開発するかの議論があり、やっと方向性
がでたことは聞いていました。当日もらった
パンフから引用します。

「国立9/11メモリアルは、2001念9月11日
の同時多発テロおよび1993年2月26日の
爆破テロ事件でお亡くなりになった2,983名
の男性、女性そして子供たちに敬意を捧げ
るものです。

亡くなられた犠牲者を思い出し、そして9/11
直後に生れた絆や団結心を再び訪問者が
共有できる場所でもあります。」

「世界貿易センター周辺の建設工事が続く
中、記念碑は一時的に公開され始めまし
た。訪問者の全然と敷地内のセキュリティ
を確保するため、入園許可証および審査が
必須となっています。

WTCが完工したあかつきには、記念碑への
アクセスが全面的に解放される予定です。」

記念碑については、ツインタワーの跡地に
配された2つのプールからなります。

・ノースプール
 ノースタワー1,470名、1993年2月26日の6名
 アメリカン航空11便87名
・サウスプール
 初動レスキュー隊員441名、
 サウスタワー 695名
 ユナイテッド航空93便40名、
 アメリカン航空77便 59名、
 米国国防省125名、
 ユナイテッド航空175便60名
 合計2,983名
タワーが立っていた場所に9メートルの滝が
プールに流れ落ち、中央の空洞に注ぎ込ま
れるデザインになっています。プールを囲む
青銅の胸壁には犠牲者の名前が刻まれて
います。

088

また、偶然に撮影したお名前に白鳥敦さん
の文字が読み取れます。調べますと、以下の
プロフィールです。
090

白鳥 敦 氏
2001(平成13)年9月11日没
兵庫県明石市出身
会社員
父、白鳥晴弘 氏
高校を卒業後、米国に留学
債券取引仲介業「カンター・フィッツジェラ
ルド」勤務 英国本社で採用された後、
米国で勤務1993(平成5)年2月26日
世界貿易センタービル爆破事件に遭遇
2001(平成13)年9月11日 米同時多発テロ
事件世界貿易センタービル北棟(タワー1)
105階で行方不明

10月16日 ニューヨーク州地裁が死亡宣告
  享年36
12月27日 ニューヨーク市当局が死亡を
  確認したと発表

白鳥敦さんの父上、晴弘さんは、アフガニ
スタンがふたたびテロリストの基地となる
ような ことが無いようにと、その復興支援を
行っておられます。

園内に「サバイバルツリー」という木があり
ます。マメナシの木で1970年代に旧WTCに
植えられ、グラウンドゼロの残骸に埋もれ
2.5メートルの切り株として唯一生きて見つ
かり、蘇生しました。

現在は9.1メートルまで成長し、成長部分
ははっきりと分かります。
089_3


初動のレスキュー隊員441名のの勇気と
職務への忠誠心に敬意を払う銅版があり
ました。
082

084


なお、現在ノースプールの北側に高層ビル
が建築中です。
(全米一の高さ541メートルのタワー1)
085_2


サウスプールの東側には72階298メート
ルのタワー4も建設中で一日20時間近く作業
を行い問題になるぐらいの勢いです。

21世紀の始まりに世界を大きく変える事件
となったこの場所は今後も長くその影響を与え
続けるでしょう。その場所を確認できた意味は
大きいと感じています。

・ミッションステートメント
「1993年2月26日および2001年9月11日に、
テロリストによって無残にも殺害された、罪なき
犠牲者を記憶にとどめ、追悼すること

多大な犠牲者が出たこの地を神聖な場所と
して尊厳を保つこと

生存者の忍耐力、他人を救うために自らの命
を捧げた人々の勇気、そしてこの上なく最悪の
事態において私たちを支えてくれたすべての
人々の想いやりの心をたたえること

亡くなった方々への追悼の想い、評価される
功績、そして呼び覚まされる魂が、命の尊さ
を再確認し、自由を守る決意をより強固なもの
にして、憎しみや無関心、不寛容に終止符
を打つ励みとなる、永遠の道しるべとなること
を願って。」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012/06/04

大河ドラマ平清盛

大河ドラマ「平清盛」をご覧になっている方は多い
と思います。私も見ているのですが、なかなか
難しい印象を持ちます。まず登場人物とその関係
がとても複雑で歴史の知識がないと分りにくいから
ではないでしょうか。以前黒田美江子さんも言って
いましたが、平家物語はとても大勢の人物が登場
します。そこで参考書を読みながらの視聴がお奨
めです。新幹線の友として先日「新書で名著を
モノにする平家物語」(長山靖生著光文社新書)
を読みました。

戦国時代、幕末と歴史ものが好きで読んできまし
た。平安末期についてはほとんど知らなかったの
で、副読本でテレビを見ると理解が進みます。
大きな枠組みとして源平の騒乱が後の歴史に
大きな影響を与え、源氏と平家が交代で政権を
取るという思想が鎌倉時代だけでなく、その後の
武家政権を支配する価値観となったとあります。

平安末期いわゆる桓武平氏と清和源氏が東国
で争い、平将門が打たれた後、伊勢平氏が本流
となり清盛一族が栄華を極ました。それを滅ぼし
た源氏は鎌倉に幕府を築きましたが、三代で
滅び、東国土着の平氏支流の北条氏が執権と
して政治を仕切ります。その後も織田信長や
多くの武将が源平を名乗っていくといった具合
で武家政権の底流となりました。それを「源平
迭立(ていりつ)思想」という呼ぶそうです。

なるほどそういう風に捉えれば分った気にな
ってきます。大河ドラマの方はしっかり平家、源氏
天皇家の家系図を見ながら見ていくこと、やっと
ストーリーが分ってきます。ドラマの脚本家の
苦労にも少し気が回るようになりますね。

この辺を押さえると、後の戦国時代やその後の
歴史を見る上でも役立ちますね。日本は天皇を
中心に歴史が動いてきたことを今さらながら実感
することにもなりました。(深い・・・)

008

(後鳥羽天皇配流の隠岐の島 ローソク島)

20120530101350


(隠岐の島 玉若酢命神社・八百杉)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »