« 日野原先生の講演 | トップページ | 津波から研修生を救った一人の日本人 »

熊本の名校長・最後の授業

「ひたむきな人生を送った一流たちの金言2」(到知
出版社)を読みました。到知出版社というのは、私
も過去から注目している良質の本を出している出版
社です。

今日ご紹介するのは短くも強力なオーラを持った文章
です。まあ読んでみてください。

「まず親に感謝しろ」 熊本の名校長・最後の授業
 九州ルーテル学院大学客員教授   大畑誠也

私が考える教育の究極の目的は
「親に感謝、親を大切にする」です。
高校生の多くはいままで自分の力で生きてきたように
思っている。
親が苦労してそだててくれたことを知らないんです。

これは天草東高校時代から継続して行ったことですが、
このことを教えるのに一番ふさわしい機会として、
私は卒業式の日を選びました。
式の後、三年生と保護者を全員視聴覚室に集めて、
私が最後の授業をするんです。
そのためにはまず形から整えなくてちゃいかんという
ことで、
後ろに立っている保護者を生徒の席に座らせ、
生徒をその横に正座させる。そして全員に目を瞑らせ
てからこう話を切り出します。

「いままで、お父さん、お母さんいろいろなことをして
もらったり、
心配をかけたりしただろう。
それを思い出してみろ。
交通事故に遭って入院した者もいれば、
親子喧嘩をしたり、
こんな飯は食えんとお母さんの弁当に文句を言った者
もおる・・・」
そういう話をしているうちに涙を流す者が出てきます。

「おまえたちを高校に行かせるために、
ご両親は一生懸命働いて、
その金ばたくさん使いなさったぞ。
そういうことを考えたことがあったか。
学校の先生にお世話になりましたと言う前に、
まず親に感謝しろ」
そして

「心の底から親に迷惑を掛けた、
苦労を掛けたと思う者は、いま、お父さんお母さんが
隣におられるから、
その手ば握ってみろ」

・・・

「その手ががねぇ!
十八年間お前たちを育ててきた手だ。
分かるか。
・・・・親の手をね、これまで握ったことがあったか?

・・・

私は
「よし、目を開けろ。分かったや?
私が教えたかったのはここたい。

親に感謝、親を大切にする授業、これで終わり」

と言って部屋を出ていく。
振り返ると
親と子が抱き合って涙を流しているんです。
               (到知2011年1月号より)

いかがでしょうか・・ ひたむきな人生を送った人の
すごみが伝わってくる文章ではないでしょうか・・

027


026

(石垣島)

006

(宮古島)

|

« 日野原先生の講演 | トップページ | 津波から研修生を救った一人の日本人 »

コメント

感動ですね。私は、三回事故・ケガをしました。親不孝モノです。親には、感謝、感謝です。(T_T)

投稿: てる! | 2012/03/07 17:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/54135051

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本の名校長・最後の授業:

« 日野原先生の講演 | トップページ | 津波から研修生を救った一人の日本人 »