« 伏見稲荷 | トップページ | 平成世直しの術 »

自律神経のコントロール

忙しいビジネスマンにとってアルコール、肥満、高血
圧、高血糖、低体温、血行不良、手足の冷え、浅い
睡眠等々全く縁のない人はいないと思います。私も
いろいろ当てはまりますが低体温、手足の冷えなど
は最近感じるものです。

サンマーク出版は以前にも取り上げた新谷教授の
「病気にならない生き方」もありました。今回は「なぜ
「これ」は健康にいいのか?」順天堂大学の小林弘幸
教授を読んでみました。帯には「よっくり生きると、
病気は逃げる。自律神経のコントロールが身体の免
疫力を最大限に引き出すことを医学的に解き明かした
画期的な書。」とあります。

◆全ては自律神経で説明できる
①女性が男性よりも長生きできる理由
②郷ひろみの若さは副交感神経で説明できる
③自律神経の働きが低下すると人生の質は10年で
  10%低下する
④副交感神経の働きを高めることが「最高の健康法」
⑤季節の変わり目に風邪をひく人が増えるのはなぜ?
⑥ジョギングよりウォーキングのほうが健康効果は高い
⑦石川遼はなぜタイガー・ウッズの歩き方に着目した
  のか?
⑧なぜ、「ヨガは健康にいい」といえるのか
⑨キム・ヨナの金メダルの理由は副交感神経の働きに
 ある
⑩ゆっくり歩くと健康になる

◆健康は自律神経のバランスで決まる
①「自律神経は脳と同じくらい大切と」言い切れる理由
②交感神経はアクセル、副交感神経はブレーキの役割
③更年期障害は自律神経のバランスの乱れに原因が
 ある
④自律神経のバランスが崩れると、免疫力も低下する
⑤足裏を揉むだけで全身の体調がよくなるのはなぜだ
  ろう?
⑥交感神経が過剰に優位な人は糖尿病になりやすい
⑦副交感神経の働きを高めれば、高血圧は改善される
⑧血流が悪くなると「血液の質」そのものが低下する
⑨「予約が三年待ち」の便秘が外来で処方する秘密
  兵器とは?
⑩「負のスパイラル」から「正のスパイラル」に脱却する
  方法

◆副交感神経の働きを高める生活習慣
①30分の「余裕」がその日一日の自律神経を安定さ
 せる
②早起きの効果が出るかどうかは、前日の夜に決まる
③睡眠不足は自律神経の大敵である
④お酒を飲むときは同量の水をいっしょに飲むとよい
⑤子どもと高齢者は充分な水分摂取を心がけよう
⑥便秘に悩む人は朝一番にコップ一杯の水を飲みな
  さい
⑦腸内環境が悪化すると太りやすくなる
⑧一日三回の食事がベストなのは「栄養が理由」では
 ない
⑨「食後に眠くならない食べ方を知っているか?
⑩食事を抜いてもダイエットに成功しない理由
⑪運動するなら、朝と夜、どっちがいいのか?
⑫食後の「最低30分の散歩」が理想的な運動
⑬動前の間違ったストレッチこそがケガを誘発する
⑭準備運動はたった4つでオーケー
⑮呼吸には身体の状態を一瞬にして変える力がある
⑯一流の外科医は決して呼吸を止めない

◆人生の質は自律神経できまる
①ラブレターは夜書くとうまくいかない
②親指には力を入れるな!
③「笑顔でがんが治る」はあながち嘘ではない
④医者が笑顔だと患者の治りも早くなる
⑤怒れば怒るほど血液はドロドロになる
⑥愚痴をいわず、弱音を吐かず、笑顔で努力する
⑦あせったときほど、ゆっくり早く、動きなさい
⑧怒りの80%はただの自己満足にすぎない
⑨自律神経のバランスを整える日記の活用法
⑩心に余裕をもたらす魔法の言葉「アフターユー」
⑪自律神経のバランスはなぜかまわりに伝染する
⑫奇跡は「精一杯の努力」をしたときに起こる
⑬自律神経をコントロールできれば、人生もコント
 ロールできる

目次をいちいち引用しましたが、そこには古来言い
伝えられてきた内容が多く含まれています。その
ことを自律神経やからだを部分個別に診ることなく
「システム」として捉えることで医学的に裏付けて
いくことを進行中であることが素晴らしいと感じま
す。私としては「怒り」にまつわるところが痛く感じ
ました。

これらの考え方の一部でも生活習慣に取り込んで
いくことは人生の質を高める私たちの目標にもかな
っていると思い皆様にお勧めします。

|

« 伏見稲荷 | トップページ | 平成世直しの術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/53741945

この記事へのトラックバック一覧です: 自律神経のコントロール:

« 伏見稲荷 | トップページ | 平成世直しの術 »