« 鎌田洋さんとディズニーランド | トップページ | 高野山再び »

鶴橋コリアンタウン

休日の予定がキャンセルとなったため、時間が出来
てしまいました。焼き肉と冷麺でも食べようかと鶴橋
へ出かけてみました。鶴橋はそもそも「駅前や戦後
に在日韓国人によってつくられたコリア・タウンが
中核を担っている。周辺に焼肉店、韓国料理店が
多く、特に夜にかけては近鉄線ホームの一部が焼肉
臭で充満する事がある(夕ラッシュ時以降には鶴橋
駅到着後に大阪上本町や大阪難波で折り返す奈良
線・大阪線の始発列車にまで焼肉の匂いが充満して
いる事も珍しくはない)。この鶴橋駅周辺の賑わいは
環境省のかおり風景100選に選ばれた。また飲食
以外にも朝鮮半島の民具や衣装、食品を売る店も
多く「生野コリアンタウン」として地域をあげた取り
組みを行っている。鶴橋という地名は、4世紀頃に
かけられた「つるのはし」に由来している。日本最古
の橋であり、日本書紀の仁徳天皇14年の条に
「為橋於猪甘津即号其処曰小橋也」と記されている。
一説によると、ツルがよく集まったためこの名がつい
たといわれている。」(ウィキペディアより)

027


028


029


030

写真のように昭和の空気がそこには漂っておりとて
も懐かしく感じるものです。35年間も昭和を生きて
いたのでそうかもしれないし、さらに解説にもある
とおり焼き肉とキムチの混じった匂いが常に漂い
何とも独特の個性を放っています。呼び込みを品定
めして店に入ります。焼き肉+冷麺を油でギトギトに
なった店内でガス式の焼き器で煙を身体中にまとわ
りつけながら食べます。背広じゃいやですが、超普
段着ですからへっちゃらです。

さらに商店街は活気に満ち溢れています。何も
飾らない人間同士の率直さがあります。大阪の
言葉が飛び交い何とも言えない魅力があります。
地域を訪ねたら「市場、マーケットへ行け」という
話がありますが、私も国内外を問わずこれから
心がけるテーマのひとつです。

焼き肉・冷麺だけでなく豊田商店という店でキムチ
を買って帰りました。私は白菜の熟成状態(酸っぱ
いもの)が大好きです。熟成が足らなければ冷蔵庫
に入れず室温で保管すると、乳酸菌が仕事をして
さらに白菜が透き通ってきて私の好みの状態に
近づきます。さあ、新米と合わせてこれから夕食
をいただくことにしましょう・・・

|

« 鎌田洋さんとディズニーランド | トップページ | 高野山再び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/52997001

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴橋コリアンタウン:

« 鎌田洋さんとディズニーランド | トップページ | 高野山再び »