« キッシンジャー博士の予測 | トップページ | 韓国旅行(下) »

韓国旅行(上)

近くて遠い国ともいわれる韓国へ週末を利用して
行ってきました。今まであまり関心がなく、最近
の韓流ブームのドラマを通じてやっと少しずつ興味
が湧いてきたというところが実感です。

1910年の日韓併合から100年の歴史もひとつの
重みとして効いてくるわけです。しかし、ツアー
のテーマは「食」、「買い物」といったところが一般
ですね。前半では市内の見どころ、歴史、食をま
とめます。

今回はわずか1日の市内観光ですが、いろいろ
感じるところはあります。その前に到着日夜は
ガイドさんに紹介してもらった全身マッサージで
心と身体の癒しを行いました。一時間半で背中
脚、足裏をしっかりとやってもらいます。やはり
肩部分のうっ血がありコリを解してもらいました。

朝一番、ソルロンタンという牛骨肉をじっくり煮込
んだスープのお粥でスタート、景福宮(キョンボ
ックン)は李朝時代の古宮です。
013

ガイドブックに書いていないのは最近まで写真
の門の前に朝鮮総督府が建てられていて、韓国
でも議論の末、取り壊された跡地であることです。
やはりそこに歴史の重みを感じざるを得ません。
あえて李王朝の象徴の前に建設した意図を想像
します。

お昼は定番石焼ビビンバとパジョン(ちぢみ)です。
018


次に世界遺産の宗廟(チョンミョ)李朝の歴代
の王と王妃が眠る正殿と永寧殿です。韓国で
ハングル文字を開発普及させて最も人気が
ある第4代 世宗(セジョン)大王も祭られて
います。
020


022

021


問題はご覧頂くように大変な寒さです。今年は
日本同様26年ぶりの寒波だそうで、それはもう
寒いというより痛いという感じ。零下15度以下で
した。写真でよくお分かりと思います。ここでは
韓国の人々のご先祖様を敬う儒教精神を感じさ
せるものがありました。

その後、大統領の住み、働いておられる青瓦台
を車から見ながら繁華街、仁寺洞(イサンドン)
骨董品等も多い通りと南大門市場(ナンデムン
シジャン)を散策ショッピングしました。耳あてを
買ってしないと持たない程寒い昼間です。こちら
では旧正月(今年は2月3日)の直前で、日本の
歳末の様な雰囲気もあります。3年ほど前に放火
で焼失した南大門は土台から修復中でシートで
見えません。

夜はプルコギ(付け込んだ牛肉鉄板)で締めます。
全般肉に梨(果物)を使って酵素で柔らかくして
いるのが美味しさのポイントです。
026


帰国日の朝食はアワビのお粥でした。となりの
ホテルでのものでした。韓国料理は今まで焼き肉
のようなイメージでしたが、意外とヘルシーで薄味
塩分控えめで今の私にぴったりでハマってしまい
ます。もともと好きな白菜のキムチ、本場で酸味の
強い古漬けは最高でした。
030

こんなことで、前半は観光と食をお伝えしました。
韓国でも最も寒い日に行ったのも思い出となり
ました。スキー場なんてものを超えた寒さの体感
でした。


|

« キッシンジャー博士の予測 | トップページ | 韓国旅行(下) »

コメント

是非行ってみたくなりました(^^♪

投稿: 撫子 | 2011/02/20 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/50745079

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国旅行(上):

« キッシンジャー博士の予測 | トップページ | 韓国旅行(下) »