« 歯のこと | トップページ | 田口誠弘さんのメルマガ »

ノムさん

先日ノムさんこと野村克也氏の講演を聞く機会が
ありました。ぼやきで有名な方ですが、当日も大
いにぼやきが聞かれました。機微に触れる話は
ここではできませんが、人を育てるという観点での
参考になる話がたくさんありました。

ノムさんは昭和29年ちょうど私が生まれた年です
が、南海にテスト生として入団し、日本三大監督
の一人鶴岡監督に見出され、昭和31年にはレギュ
ラー捕手となり翌年には本塁打王と一躍スターへ
の道を歩みます。昭和49年には史上初の兼任
監督でオールスター出場や多くのことを成し遂げ
昭和52年退団となります。ここからがロッテ、西武
へ移籍し、平成2年にはヤクルト監督となりあとは
ご存知のとおりの大活躍となります。

捕手というチームの要にいながら監督業、ホームラ
ンバッターとかね合わせ独自のID野球というスタイ
ルを築き上げました。監督時代にはいかに手持ち
の選手や才能はあるが恵まれないトレード選手を
活性化するかを世に示してきました。

要諦は次のキーワードを挙げられました。
・監督の仕事は「行動」と「思考」いかに考え方の
 エキスを示せるかにある
・「気づき」を与える
・中心選手を育てる。中心なきチーム(組織)は
 機能しない
・進歩とは変わること。意気込みだけでは駄目。
 (プロ選手は全員よい選手になりたいという欲望
  がある)ちょっとしたことで、大きく変わる。
 スライダーが得意な投手にシュートを覚えさせる
 だけで30勝は稼げた例とか、妥協、限定はプロ
 の敵
・変わる勇気が大切
・ほめ言葉は使いよう、多くても駄目。さりげない
 一言が効く
・チーム作りは「集める」「教える」「育てる」
・選手育成の根本には「愛情」が大切

等々切がないくらい多くのキーワード、フレーズが
ありました。星野監督との関係とか阪神球団とか
面白い話は週刊誌に譲るとして、組織人には大い
に参考になる話でありました。

|

« 歯のこと | トップページ | 田口誠弘さんのメルマガ »

コメント

お久しぶりです。関西での生活を大いにエンジョイなさっていらっしゃるのは流石ですね!これからに季節、いいですね!

投稿: JACKのママ | 2010/11/12 16:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/50003593

この記事へのトラックバック一覧です: ノムさん:

« 歯のこと | トップページ | 田口誠弘さんのメルマガ »