« 単身赴任 | トップページ | ノムさん »

歯のこと

普段は忘れている歯のありがたさ、その実感をま
た持つことになりました。この2、3カ月歯ぐきに鈍
痛が続いていました。虫歯の痛さでもなく耐えられ
ない程でもありません。先週から食べたものが詰ま
りやすくなり、歯茎が腫れてきたので、とうとう歯
医者さんのお世話になることにしました。

右上の一番奥にある親知らずの臼歯です。その隣
の歯との隙間が空き、ものが詰まるようになったよ
うです。何故かは、噛み合わせの下の親知らずを5、
6年前に抜いたので、上の歯が押さえられなくなり
少し移動した結果でした。抜歯が一番の解決策と
いうことで、その場で抜いてもらうことにしました。
いざ抜いてもらうと40年近く付き合って、お世話に
なった歯で虫歯でもなので少々寂しい気持ちも残り
ましたが、歯ぐきが腫れて、歯周病にでもなったの
では元も子もありません。

私は「8020運動」を自分でも必要だと考えていま
す。8020運動(はちまるにいまるうんどう)とは、
満80歳で20本以上の歯を残そうとする運動のこと。
厚生労働省や日本歯科医師会により推進されてい
る。20本以上の歯を持つ高齢者はそれ未満の人に
比べ、活動的で、寝たきりとなることも少ないなど
多くの報告がされている。1999年に行われた第八
回歯科疾患実態調査によると、80歳での残存歯数
は約8本、20本以上の残存歯を持つ者は約15%とな
っている。2005年に行われた第九回歯科疾患実態
調査においては、80歳での残存歯数は約10本、80
~84歳で20本以上の残存歯を持つ者は21.1%と前
回調査に比べ、さらに大幅に増加した。
口腔衛生への関心の高まりを反映し、残存歯数、
20本以上の残存歯を持つ者の割合共に増加してき
てはいるが、まだ不十分な状態が続いている。
(ウィキペディアより)

少々引用が長すぎたきらいもありますが、とにかく
歯は何か障害があると途端に、食事は不自由、
十分噛めない、気分がすぐれなくなるとても重要な
器官です。大事にするに越したことはありません。
動物でも歯が悪くなることは死を意味しますよね。

自分の歯でいつまでも食事が楽しめるように大事
にしましょうね。歯も歯茎も一緒に丁寧なケアをし
ようと改めて思う今週でありました。

|

« 単身赴任 | トップページ | ノムさん »

コメント

入れ歯では食事が美味しくない、と母がよく言っていました。治療の前の予防が大事ですね♪

投稿: さっちゃん | 2010/11/20 21:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/49962377

この記事へのトラックバック一覧です: 歯のこと:

« 単身赴任 | トップページ | ノムさん »