« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月の投稿

2010/11/23

田口誠弘さんのメルマガ

今日は度々本ブログにも登場する田口誠弘さん
のメルマガをご紹介します。田口誠弘さんは
大手食品会社の教育訓練部長を経て現在は
地域社会に根ざした活動「熟年いきいき会」の
代表を務めるかたわらサクセスクラブ等の自己
実現の会の理論的な指導も長年貢献してきた
方です。

その田口さんが渾身の力を込めて今までのノウ
ハウを集大成して一般の方への無料メルマガを
配信を始めました。是非一読をお勧めします。
以下サンプルをご紹介します。

***************************************
普通の人が年齢性別に関係なく、好きなことで
効率的に収入を得て、自己実現するノウハウを提供
するメルマガ

発行者 サクセスライフ・ナビゲーター
(豊かな未来を選ぶ人生戦略情報発信人)
   田口誠弘(タグチ セイコウ)


「未来を選ぶ人の歩み方」をシリースで発信してい
ます。
現在は目標設定篇です。

今日のテーマ「未来を選ぶとは、人生の設計者に
なること?」

自分が人生・運命の設計者だとしたら、どんな風に
これから生きたいですか?

人生の中盤から後半にかけては大ハッピー・エンド
(大逆転)の人生になるように設計しているとしたら、
今までのちょっとした苦労や失敗は最高の学習や
教訓と思うでしょう。

ノーベル賞を受賞された二人の日本人学者(鈴木章
教授、根岸英一教授)も、研究を継続させた原動力
は「興味」と「エターナル オプティミズム」(どこまでも
続く楽観主義、あきらめない)だと、こたえておられ
ます。

自分の研究がやがて、世界から評価されてノーベル
賞につながると思えば、ちょっとした苦労や失敗は
最高の学習や教訓と考えたに違いありません

名言
夢を持て、でかければでかいほどいい、とにかく夢を
持て(中略)大ぶろしきをひろげておさまりがつかなく
なってみろ、やらざるを得なくなるではないか。夢を
持てば、燃えられる。燃えられれば、どん底にも耐え
られる。

ヘンにひねくれることもない。どん底に耐えられれば、
裸になることができる。
【アントニオ猪木】

最後までお読みくださり感謝します。

ホームページに無料教材があります。
こちらから⇒http://ta-succ-sien-center.life.coocan.jp

メルマガの読者登録・解除はこちらから
http://www.mag2.com/m/0001155070.html
発行者に連絡したい方はこちらから⇒su-linvg@nifty.com
◎あなたは未来を選べます
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0001155070/index.html
****************************************

私たちは田口誠弘さんから多くのことを学びました。
「夢」「夢」と追いかけている雰囲気はある種敬遠
されるとこともありがちです。しかし、一方でどんな
ことを言っているのだろうと興味があるのも事実で
はないかと思います。ちょっと覗いてみるのも
きっかけになるかもしれません。現在田口さんは
72歳です。ノウハウを集大成して世の中に問おう
とされています。目標を目指したいけど、うまくいかな
いで悩んでいる多くの人に、その情熱に注ごうとされ
ています。私たち50代の先輩としての姿を示して
おられる気がしています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/11/12

ノムさん

先日ノムさんこと野村克也氏の講演を聞く機会が
ありました。ぼやきで有名な方ですが、当日も大
いにぼやきが聞かれました。機微に触れる話は
ここではできませんが、人を育てるという観点での
参考になる話がたくさんありました。

ノムさんは昭和29年ちょうど私が生まれた年です
が、南海にテスト生として入団し、日本三大監督
の一人鶴岡監督に見出され、昭和31年にはレギュ
ラー捕手となり翌年には本塁打王と一躍スターへ
の道を歩みます。昭和49年には史上初の兼任
監督でオールスター出場や多くのことを成し遂げ
昭和52年退団となります。ここからがロッテ、西武
へ移籍し、平成2年にはヤクルト監督となりあとは
ご存知のとおりの大活躍となります。

捕手というチームの要にいながら監督業、ホームラ
ンバッターとかね合わせ独自のID野球というスタイ
ルを築き上げました。監督時代にはいかに手持ち
の選手や才能はあるが恵まれないトレード選手を
活性化するかを世に示してきました。

要諦は次のキーワードを挙げられました。
・監督の仕事は「行動」と「思考」いかに考え方の
 エキスを示せるかにある
・「気づき」を与える
・中心選手を育てる。中心なきチーム(組織)は
 機能しない
・進歩とは変わること。意気込みだけでは駄目。
 (プロ選手は全員よい選手になりたいという欲望
  がある)ちょっとしたことで、大きく変わる。
 スライダーが得意な投手にシュートを覚えさせる
 だけで30勝は稼げた例とか、妥協、限定はプロ
 の敵
・変わる勇気が大切
・ほめ言葉は使いよう、多くても駄目。さりげない
 一言が効く
・チーム作りは「集める」「教える」「育てる」
・選手育成の根本には「愛情」が大切

等々切がないくらい多くのキーワード、フレーズが
ありました。星野監督との関係とか阪神球団とか
面白い話は週刊誌に譲るとして、組織人には大い
に参考になる話でありました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/11/07

歯のこと

普段は忘れている歯のありがたさ、その実感をま
た持つことになりました。この2、3カ月歯ぐきに鈍
痛が続いていました。虫歯の痛さでもなく耐えられ
ない程でもありません。先週から食べたものが詰ま
りやすくなり、歯茎が腫れてきたので、とうとう歯
医者さんのお世話になることにしました。

右上の一番奥にある親知らずの臼歯です。その隣
の歯との隙間が空き、ものが詰まるようになったよ
うです。何故かは、噛み合わせの下の親知らずを5、
6年前に抜いたので、上の歯が押さえられなくなり
少し移動した結果でした。抜歯が一番の解決策と
いうことで、その場で抜いてもらうことにしました。
いざ抜いてもらうと40年近く付き合って、お世話に
なった歯で虫歯でもなので少々寂しい気持ちも残り
ましたが、歯ぐきが腫れて、歯周病にでもなったの
では元も子もありません。

私は「8020運動」を自分でも必要だと考えていま
す。8020運動(はちまるにいまるうんどう)とは、
満80歳で20本以上の歯を残そうとする運動のこと。
厚生労働省や日本歯科医師会により推進されてい
る。20本以上の歯を持つ高齢者はそれ未満の人に
比べ、活動的で、寝たきりとなることも少ないなど
多くの報告がされている。1999年に行われた第八
回歯科疾患実態調査によると、80歳での残存歯数
は約8本、20本以上の残存歯を持つ者は約15%とな
っている。2005年に行われた第九回歯科疾患実態
調査においては、80歳での残存歯数は約10本、80
~84歳で20本以上の残存歯を持つ者は21.1%と前
回調査に比べ、さらに大幅に増加した。
口腔衛生への関心の高まりを反映し、残存歯数、
20本以上の残存歯を持つ者の割合共に増加してき
てはいるが、まだ不十分な状態が続いている。
(ウィキペディアより)

少々引用が長すぎたきらいもありますが、とにかく
歯は何か障害があると途端に、食事は不自由、
十分噛めない、気分がすぐれなくなるとても重要な
器官です。大事にするに越したことはありません。
動物でも歯が悪くなることは死を意味しますよね。

自分の歯でいつまでも食事が楽しめるように大事
にしましょうね。歯も歯茎も一緒に丁寧なケアをし
ようと改めて思う今週でありました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »