« 塩野七生さん | トップページ | 歯のこと »

単身赴任

50才代でも単身赴任の方は多くいらっしゃる
ことでしょう。

かくいう私も43才から47才までの4年間、
大阪で単身赴任生活を送りました。その時は
長女が中学生から高校生、長男が中学生、
次男は4才から8才の時期でした。インターネッ
トやスカイプもなく、通信手段は電話かファックス
という時代でした。子どもたちとのコミュニケーシ
ョンには気を使いました。仕事も家庭もバタバタ
の状態で、必死の毎日でした。

今回は9年ぶりに再び大阪の地に二度目の赴任
となりました。長女、長男は就職をし次男も高校
生に成長しました。というわけで、今回は精神的
には余裕があるように思います。それも赴任後
半年たったから言えることで、やっと周りを見渡す
ことができるようになりました。

単身赴任の週末は、まず必須の家事、洗濯が一
番重要です。アイロンも大事です。テレビを観なが
ら飽きないように工夫します。部屋の掃除、ゴミや
新聞の処理、朝食用の商材を購入することもします。
次に外食ばかりでは、味気ないので自分で昼食、
夕食の段取りをしたり、しなかったり気ままにやり
ます。そんなわがままも楽しさの内です。

家事もノウハウの塊であることや女房殿のありがた
さを感じる意味でも無駄ではありません。自分の
ことは自分でできるということも将来を考えると重要
でもありましょう。

土曜日は時々ゴルフが入ったりしますが、無い時
は観光を企画したりもします。いくつかこのブログ
でもご紹介しています。一定のテーマがあった方が
続きます。今回は「京都」を極めることにしています。

一日の段取りは、自宅にいるよりいろいろ考えます。
沢山のことができた時はそれなりの達成感がありま
す。今日の様に一日家にいることもありますが、やは
り外に買い物などに出て、刺激を受けた方がよいと
思います。ずっと籠ったままだと精神衛生上、身体を
動かす意味でも健康上よくないです。

このように単身赴任は、自分の時間が沢山あること
は、とても良いことですが、規則的な生活や食事に
気をつけるコツというかポイントがあるような気がしま
す。50才代ともなると、何らかの健康上の課題をいつ
も抱えることになりがちです。大阪に来てからも、皮膚
のジンマシン、歯、花粉アレルギー等々いろいろ起き
てくれます。何と言っても「健康」が第一ですね。幸い
寝込んだりすることもなく今日に至っております。

最後に、アルコールの量は気をつけていますが、飲ん
だ夜は風呂に入ることは避けています。突然意識を
失うと助けてくれる人がいないのも単身赴任のリスク
だと思います。徒然にだらだらと書きましたが、単身
赴任のテーマは全国共通の話題であることもまた事実
ですね。

|

« 塩野七生さん | トップページ | 歯のこと »

コメント

一度単身赴任を経験してみたいです。羽を思う存分伸ばせそうで!(^<^)

投稿: てる! | 2010/11/01 07:42

いつも単身赴任のような生活です!?(^^ゞ

投稿: 撫子 | 2010/11/04 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/49887692

この記事へのトラックバック一覧です: 単身赴任:

« 塩野七生さん | トップページ | 歯のこと »