« 「百歳バンザイ!」に万歳 | トップページ | 奈良観光 »

失敗学

先日有名な畑村洋太郎先生の講演を聞く機会
がありました。著書はいくつも読んできましたが
本人のお話を直に聞く機会は初めてです。

世の中「こうやってうまくやった」という話が多い
のですが、失敗に焦点を当てたところが新しい
かったわけですね。ちょっと本人のまとめを紹介
してから考えることにします。大変に示唆に富
んだものです。

「失敗」とは:望ましくない事が起こること

1失敗についての見方ー失敗の積極的な取り扱
 いが必要ー
 1)うまくゆく方法を教えるより、まずくなる道筋を
  教える方が効果が大きい
 2)失敗をしなければ受け入れの素地としての
  体感・実感は得られない
 3)失敗には許される失敗と許されない失敗が
  ある。許される失敗とは進歩に必要なもの
  許されない失敗は同じ愚を繰り返すもの
 4)失敗をマイナス面からだけ見ず、プラスに転化
  する努力をしよう

2 失敗を捉える視点 -失敗を立体的に捉えようー
 1)失敗の原因は多層に重なっており、多くの様相
  で結果が現れる
 2)だから失敗は立体的に捉えなければならない
   技術的側面からの取り扱いは当然。また責任
   の追求も必要
 3)心理的側面・経済的側面・法律的側面・社会
  文化的側面・経営的側面も必須

3 失敗知識の伝達 -知識にしなければ伝わら
   ないー
 1)失敗知識を活用しよう
 2)沢山の失敗情報が眠っている
 3)失敗の多くは情報伝達の途絶で起こる
 4)事例についての情報だけでは何も伝わらない
   知識にして初めて伝達可能になる
 5)結果だけでは分からない
   脈絡を知らなければ分からない。分からなけ
   れば伝わらない。伝わらなければ使えない

4 失敗の必然性 -失敗の出来には必然性が
   あるー
 1)失敗は予測できる
   予測できるのに防げないのはなぜか、防げ
   ないのではなk、防がないのである
   失敗の素地を放置し、予兆を無視し、顕在化
   しなければそれでよしとする力が働くから
 2)産業の成熟とともに脈絡の成長と衰退が起こ
   る
    成熟すると余計な選択肢は切り捨てられ
   脈絡は単線化し、予期せぬ外乱で破滅する
 3)局所最適が全体最悪をもたらす
   全体を知り、それとの関係で自分の仕事をす
   る人間を育てる他に王道はない
 4)管理の強化では失敗は防げない
   管理を強化すると形骸化し、面従腹背が起
   こる
   失敗を隠すので、結局同じ失敗を繰返すこと
   になる
 5)社会が依存し、影響が大きく、危ないのは
  原子力・半導体・大量輸送機関・食品・医療で
  ある

5 失敗を生かすための工夫 -工夫しなければ
   生かせないー
 1)原因追究と責任追及とを分離しよう
   それで初めて真の原因究明ができる
   免責、司法取引、懲罰的賠償は必須、社会
   公正のための内部告発の奨励と保護
 2)すべての基になる失敗知識のデータベ-ス
  作りが必要
   事象・経過・推定原因・対処・総括・知識化で
   記述。300例もあれば十分
 3)知識と経験を与える場、たとえば失敗博物館
  が有効
   ネットワークによる発信、事故の展示、失敗
   の実体験、コンサルティング、失敗学研究を
   行う
 4)失敗を伝えるには動態保存が最も効果的

私自身はIT関連の仕事のため、コンピュータシス
テムにおける障害(トラブル)、コンピュータシス
テム開発における失敗を身をもって経験してきた
ので、畑村先生自身のこのまとめはずしっとその
意味の重さが伝わってきます。何度も繰り返され
るミスの情報共有は社会にとっても重要と思わ
れます。マスメディアの取り組みも重要です。

現在の立場で行くと、事業の割合(ポートフォーリ
オ)から伸ばすべきビジネスへの取り組みや社員
の意識の変革等々「部分最適」と「全体最適」の
関連等失敗学から学ぶことをどう実行していくか
に悩んでいます。すなわち事業環境の変化に
対応しきれていない危機感を感じているわけです。

つまり、何もせずにおくことがもたらす「失敗」を
予想して行動することということになります。日本
の現状にも通じるテーマですが、失敗学の発展
方向も「不作為の失敗学」というものもどうだろう
か?と思う今日この頃であります。

|

« 「百歳バンザイ!」に万歳 | トップページ | 奈良観光 »

コメント

ん~…深い!だから失敗は成功のもとなんですね…。(^v^)

投稿: てる! | 2010/10/10 19:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/49702295

この記事へのトラックバック一覧です: 失敗学:

« 「百歳バンザイ!」に万歳 | トップページ | 奈良観光 »