« ホスピタリティ | トップページ | 「百歳バンザイ!」に万歳 »

現場の意味

「現場、現実、現物」といった三現主義を会社でも
唱えられてています。私も机の前のところに戒め
として貼り付けています。「踊る走査線」でも有名
な「事件は会議室で起きているんじゃない。現場
で起きているんだ!」と叫ぶシーンがあります。
いかに現場で起きていることを的確に捉えていく
かが企業の命運を握っているとも言えます。

本ブログでも再三取り上げている宋 文洲氏の
メルマガから少々題材を紹介し、現場について
考えてみたいと思います。

会社の支社や営業所に行きますと、自然にそこ
の社員のことを考えてしまいます。当社の「eセ
ールスマネージャー」で社員の画像から詳細な
自己紹介やインタビューを見ることができますが、
なぜか現場で会うと脳に全然違うレベルの情報
が書き込まれます。

お客さまもそうです。商談でいろいろな課題につ
いて議論を尽くしても工場や営業所の現場にいく
となぜか気持ちが変わるのです。正直いってどこ
の会社の工場も営業所も大差がありませんが、
なぜ行くと深く印象に残るのです。その後の提案
や議論の際、実感があって頭の動きがよくなる
のです。

現場への出張は数時間もかかり、旅費もかかる
ので頻繁にやれるものではありませんが、他人
の情報に頼って理屈で考えても、良い真実に辿り
付かないのです。その他人の情報が間違ってい
るのではないのに、なぜか自らその場に身を置く
かどうかで頭の働き方が違うのです。

昨日、ヤクルト中国のマーケティング責任者に会
いました。全中国にその知名度を広げ、5年であ
れだけの事業規模拡大に成功し、儲かり始めた
のは凄いと思いましたが、マーケティングと営業
の責任者から聞いたのは「泥臭いマーケティング」
という言葉です。

よく聞くと「泥臭いマーケティング」とは現場に徹底
するマーケティングのことだそうです。たとえば中国
現地の日本人社会では「外資メーカーは自前の物
流を持つのが不可能」との噂があってもそのまま
信じないで現場に確認に行くことです。短パンとポロ
シャツに着替え、現地の中国社員と一緒に汚い物流
センターに張り付いてみました。

目の前でいろいろな会社の物流が飛び交う風景をみ
ていると、なぜ彼らができるのかを聞きたくなるので
す。中国人社員と一緒に地元他社の運転手に訳をき
くと、意外とあれこれと熱心に教えてくれました。言わ
れたことを真似しながら独自の工夫を重ねているうち
に自前のセールスドライバー物流が出来上がりました。

現場に居てこそ意欲が湧き上がり、現場に居てこそ
智慧が働き、現場に居てこそ他人と絆が出来上がり
ます。

そういえばテレビ局のテレビ番組に出ていつも感じる
のですが、評論家だけの人は、間違ったことを言って
いる訳でもありませんが、なぜかずれているのです。
同じ現場を知らない視聴者なら、なるほどと思うかもし
れませんが、現場から来る人には「それは違うよ」と
言いたくなります。だからビジネス領域では「評論家」
と「空論家」が限りなく近いのです。

長い間ずっと現場に行くのと行かないのと何が違う
だろうかと考えてきましたが、昨日のヤクルトの責任
者の熱意に溢れた説明を聞いていると急にあるキー
ワードが沸きました。それは「感情」です。

現場に行かなくても確かに情報を掴むことは可能で
す。しかし、現場に行かないとなかなか感情が生じな
いのです。現場に居てこそ心に染み込んでくる愛着
と絆があるのです。それが熱意と責任感を掘り起こ
し、人間の智慧を引き出し、行動パターンを変えてくれ
るのです。

変えたいなら現場に行こう。見せ掛けではなく、本当
の現場に。

大変長い引用になってしまいました。鍵になる言葉
は最後に登場する「現場に行かないとなかなか感
情が生じないのです。現場に居てこそ心に染み込ん
でくる愛着と絆があるのです。それが熱意と責任感
を掘り起こし、人間の智慧を引き出し、行動パターン
を変えてくれるのです。」このフレーズです。これこそ
「現場」の空気を吸って初めて湧いてくるエネルギー。
「感情」「愛着」「絆」→「知恵」「行動」のサイクルが
生み出すエネルギーそのものが達成や成功、克服
といったことに繋がると確信している今日この頃です。

新しい職場で現場が少なくなりがちなので、現場へ
行こう!と我が魂に呼びかけています。


|

« ホスピタリティ | トップページ | 「百歳バンザイ!」に万歳 »

コメント

介護の現場でも同じことが言えます。
お役所の机上の空論が現場には通用しないのです。

投稿: 撫子 | 2010/09/30 10:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/49557242

この記事へのトラックバック一覧です: 現場の意味:

« ホスピタリティ | トップページ | 「百歳バンザイ!」に万歳 »