« 早朝散歩 | トップページ | 阿波踊り »

偽リーダ論その2

前々回偽リーダ論を紹介Sましたが、その続編
が届きましたので、再度紹介します。経営者の
視点であるいは大勢の部下のリーダとして活躍
の皆さんに参考になると思います。

・完璧を求める人はリーダーではない
  完璧を追求することは良いことですが、それは
 匠や職人の世界でしか通用しな い話です。
 自然や人間を相手にする場合、完璧を求めること
 は我がままであり、不可能です。ミスした人、失敗
 した事業負けた競争・・・組織をリードしていると不
 味いことの処理がリーダーの仕事の核心を占めま
 す。完璧を求めると部下が離れていくだけではなく、
 自分自身も体が持ちません。

  しかし、どこまでなら部下の欠点を許し、どこまで
 いくと厳しい判断をしたほうがいいだろうか。これ
 について明確な基準はないものの、リーダーは
 経験を通じて自分の中で一線を引く必要があり
 ます。

  中国のリーダー学には「疑人不用、用人不疑」と
 いう言葉があります。「疑う人物を使わない。使う
 人物を疑わない」という意味ですが、その意味は
 決して文字の通りではないのです。曹操が戦い
 に勝利した際、敵陣から押収した書類に部下か
 らの転向を探る手紙も含まれていました。「全部
 焼け!」と命令した 曹操は決して部下を疑ってい
 ないのではなく、「このくらいは許してもよい」とい
 う線引きがあったからです。

  「疑わない」とは「知りながらも気にしない」という
 寛容であり、リーダーの心の広さです。決して
 事実も知らないで「性善説」とか「信じる」とかを
 妄信する幼稚な話ではないのです。

  中国の大手不動産の社長に部下の不正につい
 て感想を聞きました。小学校卒の彼は笑いなが
 ら答えました。「わしの企業は大樹。当然虫もつく。
 外に出てきた虫はつぶしてやるが、木の穴に隠れ
 ている奴も多い。むかし、わしはいろいろなものを
 穴に入れて退治しようとしたが、結局、木も弱って
 しまう。今はそこまでしない。大樹の元気を守るの
 が大事だから」。
 
  これは無学な彼が苦労を通じて得た経験談ですが、
 私は妙に納得しました。トータルでプラスかマイナス
 か、たぶんこれがリーダーの「寛容」と「放任」を
 線引きする基準だと思います。

  ・贅沢が好きな人はリーダーではない
  理由は分かりませんが、本物のリーダーはだいたい
 生活上の贅沢を求めない傾 向があります。ちょっと
 儲かるとすぐ別荘を作ったり、外車を買ったりする中小
 企業の社長はだいたい大成しないです。不思議なくら
 いです。

  もちろん、車と家を持つことが贅沢だと言えない場合
 も多いのです。数千億円の資産を有する実業家にとっ
 ては美術館やゴルフ場を持つのは決して贅沢だと
 言えません。贅沢とはあくまでも相対的なことであり、
 その人のその時の財力と関係するのです。

  先日、飛ぶトリを落とす勢いのニトリの似鳥社長と
 銀座に飲みに行きました。似鳥さんは少しだけ高級な
 国産車なのに同行の未上場ベンチャー社長がリムジ
  ンに乗っていました。しかも、似鳥社長は店についたら
 すぐドライバーを家に返しました。深夜、私と並んでタク
 シーで帰る似鳥社長の姿勢に感動を覚えざるを得ま
 せんでした。

  私はモラルや精神の角度から「贅沢はいけない」と
 言いたくありません。純粋なリーダー学から解釈を試
 みたいと思います。たぶん贅沢とは自分を甘やかす
 行為でしょう。自分を奨励する役割も認めますが、物質
 に頼る奨励はいずれ限界に達するでしょう。

  物質に頼らなくてもリーダーは報われる瞬間はたく
 さんあります。むしろそれを感じるかどうかはリーダー
 であるかどうかの分水嶺でしょう。飲み屋の女の子が
 ニトリの家具を使っている話を聞く似鳥さんの嬉しそう
 な顔は印象的でした。

結果を求められるリーダーは、常に全体にとってどうある
かを考える習慣があると思います。したがって、自分の
満足へ興味がいった時に失うものがあるという主旨だと
思います。会社組織でもリーダーが「全体最適」ではなく
「自分最適」に陥った時、組織は衰退します。その事例
は枚挙にいとわないものでしょう。そんな例をたくさん見
てきました。せめて自分はそうならないように自戒したい
ものです。そんな気がして取り上げてみました。

|

« 早朝散歩 | トップページ | 阿波踊り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/49097355

この記事へのトラックバック一覧です: 偽リーダ論その2:

« 早朝散歩 | トップページ | 阿波踊り »