« 強運を呼び込む51の法則 | トップページ | 井上陽水 »

立春の頃

今年は年初から様々な出来事があわただしく怒って
いるように思います。JALの破綻、民主党におこる出
来事、ハイチの地震、トヨタのリコールにまつわる動き
中米関係、日米の基地問題等々、動きのある「寅」年
らしいのかもしれません。

ところで、2月4日は立春でした。関東地方も一段と
冷え込み、今が一番寒いと感じられる頃、立春を迎え
ます。立春は二十四節季のひとつです。二十四節気
の「立春」は、『暦便覧』では「春の気立つを以って也」
とされるが、時候的な解説では、「大寒から立春まで
は一年のうちで最も寒い季節であり、立春を過ぎると
少しずつ寒さが緩み始め、春の気配が忍び入ってくる」
とされるのが一般的である。節切りにあっては立春が
年初となる。四柱推命や風水などの占いでは、節分ま
では前年に属し、立春をもって年が改まるとしているも
のが多い。節分の豆撒きは立春を年初として、新しい
年の幸運を願っての昔からの習慣である。
(ウィキペディアより)

私自身は立春を新しい年の始まりとして、季節的にも
身体のバイオリズムからも気分的にしっくりきていま
す。したがって、日記でも新しい季節(年)を始める
気構えのようなつもりで書き込み、迎えています。

そんな時期に花を咲かせる梅はきりりとしまった空気
の中で一番最初にスタートするものという縁起があるよ
うな気がしています。桜の美しさと散り際のよさは日本
人の愛するところですが、梅もまたよしといったところ
でしょうか。

最も寒そうな今朝、夜明けに散歩するとあちこちで梅
や椿の花がさいていたので、スナップしました。意外
と近所にもあるものです。紅白もありますが、黄色は
蝋梅で1月から花を開いています。

012


008


014


013

さあ、新しい年の新しい季節、悔いのない毎日を
過ごすとしますか!

|

« 強運を呼び込む51の法則 | トップページ | 井上陽水 »

コメント

どんなに不順な気候でも、草花たちは体内季節時計をもっているように、芽吹き咲いてくれるのですね♪

投稿: さっちゃん | 2010/02/07 23:10

春は名のみの風の寒さや~凛とした中にがんばろうよいう気持ちになります。
冷たい風に負けないで健気ですね。

投稿: JACKのママ | 2010/02/08 00:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/47501507

この記事へのトラックバック一覧です: 立春の頃:

« 強運を呼び込む51の法則 | トップページ | 井上陽水 »