« 脱「でぶスモーカー」の仕事術 | トップページ | 立春の頃 »

強運を呼び込む51の法則

我らが本田健さんが「強運を呼び込む51の法則」
(大和書房)が世に出てきました。ミリオンセラー
の作家でもある本田さんはまだ執筆を始めて7年
しか経っていないそうです。彼は税理士だった父親
の生き方を見ていて、お金、運、幸せの関係を小さ
い頃から感じていたようです。

一見、楽して儲ける方法集みたいなイメージがあり
ますが、本質はだいぶ違います。私自身も主にス
ポーツの勝負を通じて、試合の流れに関わるツキの
流れを身をもって感じてきました。その後、ビジネス
の世界でも勢いの流れを多く体験してきました。

「運」は運気ともいい一種の「氣」に通じるものがあり
様々な要素が絡み合った総合力のようなものだと感
じています。この手の題名は素直に気に掛かるもの
がありますね。51の法則の中から今の自分の状態
でストンと落ちるものベスト10を選んでみました。

・「大好きなこと」が強運を呼び込む
 大好きなことをやっているので、イライラもありません。
 そういう人には何かあったらたくさんの人が駆けつけ
 てくれるでしょう。
  成功して満足するのではない。満足していたから
  成功したのである。(アラン)

・運が悪くなったら、人生の根本を見直すサイン
 不運にめげず、不運のせいにせず、自分の足で行動
 し続ける人には運がやってきます。確かに私自身の
 経験からもいえることです。
  苦しみは人間の偉大な教師である。(エッシェンバ
  ハ)

・人をワクワクさせるエネルギーが運の源になる
 心を躍らせる場所には人を元気にする力があります。
 単純にその通り!でも、落ち込むとすぐ忘れるんです
 ね。
  成功する人間は、自ら自分の望む環境を探す人で
  あり自分でそれをつくり出す人である。(バーナード
  ・ショー)

・人のために動ける人は運を自在に操れる
 宿命という言葉があります。生まれ持ったどうしようも
 ないものを示しますが、その宿命の制限を突破して、
 運を自在に操れるようになるかは、人のために動ける
 人かどうかで決まってきます。頭では分っても行動でき
 るかが大切です。
  結局、人の役に立つことによって、私たちは本当の人
  間になれる。(マーシャ・シネター)

・つき合う人の幅が広く、深い人ほど運が開ける
 運のいい人と悪い人はグループを作るという話があり
 ます。多彩な人と付き合うといかに自分が制限された
 感覚の中で生きているのかがわかります。
  友と知己とは、幸運に到達するための確かな旅行免状
  である。(ショウペンハウエル)

・「運のおすそ分け」を心がける
  何かをもらったときは、身近な人と分かち合うこと。
  予期せぬお金やチャンスがやってきたときには、それを
  独り占めしないことです。運のおすそ分けできる人は、
  もっとすばらしい運がやってくるでしょう。
   人に与えて、己いよいよ多し。(老子)

・お金と男女関係は、運気を落とす2大原因
  お金や男女関係は、その人の生存本能にも関わること
  で感情のもっとも深いところが揺り動かされるからです。
   友情と恋愛とは人生の幸福を生み出す。(ヘッペル)

・人生はどれだけ愛し愛されたか、勇気があったかで決まる
  愛と勇気とサムマネー(チャプリン)
  人生における無上の幸福は、われわれが愛されている
  という確信である(ユーゴー)

・最強の運を呼び込む鍵は4つの言葉にある
  「ありがとう」は、恵まれた状況を思い出すため
  「ごめんなさい」は、つい自己中心的に考えて、相手を傷
   つけたときに
  「ゆるしてください」は、自分のしたことに癒しをもたらす
   ため
  「愛しています」は、人生で縁ある大切な人に、愛を伝え
   るために

いかがですか?本田健さんは分りやすく説明してくれるとこ
ろが素晴らしいですね・・・

 

|

« 脱「でぶスモーカー」の仕事術 | トップページ | 立春の頃 »

コメント

不運であっても不幸でなく、今ある自分が一番好き!と言えるようになりたいです。多くの素敵な友に感謝です♪

投稿: 撫子 | 2010/01/31 23:28

「運のおすそ分け」いい言葉ですね。嬉しいことは倍になって、悲しいことは半分に、それもありですね。分かち合える友に感謝!

投稿: JACKのママ | 2010/02/01 01:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/47441974

この記事へのトラックバック一覧です: 強運を呼び込む51の法則:

« 脱「でぶスモーカー」の仕事術 | トップページ | 立春の頃 »