« 和仁達也さん | トップページ | シンプリファイ(単純に!) »

2009/09/05

サンデー兆治

サンデー兆治というと一定の年齢以上の方ならご存知
なこのプロ野球投手の講演を聴きました。村田兆治さん
は1949年生まれの団塊の世代、1967年東京オリオンズ
(現千葉ロッテマリーンズ)にドラフト1位で入団し、1990
年まで現役を続け「マサカリ投法」という大きなフォーム
から速球勝負の先発完投にこだわったスタイルで有名
となり、2005年には野球殿堂入りを果たしました。

「先発したら何があっても完投する」というのは人生にも
大いに当てはまると言います。1982年に肘の故障を起こ
し、当時はタブーといわれた肘にメスを入れる手術を施し
見事84年に復活しました。

この期間に村田さんは大いに悩み、もがき、苦しんだ結
果フランク・ジョーブ博士という良い先生に出会い、復活
のチャンスを掴みました。「村田はもう終わった」とマスコ
ミに言われ、そこで諦めていたら、「サンデー兆治」はもと
より、今日はなかったことでしょう。

引退後は離島の子供たちに野球の面白さを教えるため
の活動を続け、いまでは「対馬まさかりドリームズ」を率い
ています。「一生挑戦」をモットーとし、精神面だけでなく
体のメンテナンスにも気を配ります。腹筋・背筋の鍛錬は
V字バランス状態で腹筋を200回以上やるそうです。
講演のその場で柔らかいボールを使って、お客様に直に
速球を取らせるパフォーマンスをして会場を沸かせました。
還暦の今でも140キロ近い投球が出来るといいます。
「一生挑戦」を自分の体で体現する凄みが魅力です。

執念が自分の人生を支えてきた。例え挫折してもゼロか
らの出発となっても、とにかく悔いのないところまでやって
いるのかと自問自答していくと繰り返します。最後に私
も好きなサミュエル・ウルマンの青春からの引用をされま
した。「青春とは人生のある期間をいうのではなく、心の
様相を言うのだ・・・」 やはり年齢ではなく心の持ちように
関連するあらゆることをやり続けることちつながると思い
ます。

やはり「人生は先発したら、何が何でも完投する」
身に沁みますねえ。

|

« 和仁達也さん | トップページ | シンプリファイ(単純に!) »

コメント

「青春とは人生のある期間をいうのではなく、心の
様相を言うのだ」を実践されている村田さん。一生挑戦、見習いたいですね♪

投稿: さっちゃん | 2009/09/06 01:16

一生青春できたら幸せですね!サクセスで磨きましょう!

投稿: JACKのママ | 2009/09/07 00:57

一生青春できたら幸せですね!サクセスで磨きましょう!宜しくお願いいたします。

投稿: JACKのママ | 2009/09/07 00:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンデー兆治:

« 和仁達也さん | トップページ | シンプリファイ(単純に!) »