« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の投稿

2009/06/28

ドン・キホーテ読了

5月10日のブログで「ドン・キホーテ」への挑戦
を開始したとお伝えしましたが、先週末で読み
終えました。幸い出張が多く、移動時間を有効
に使えたお陰で思ったより早く完了しました。
何しろ前・後編合計6冊、文庫本で約2500ペ
ージに及ぶ大作なので達成感があります。

騎士ドン・キホーテとその従者サンチョ・パンサ
がスペインの各地を遍歴する物語ですが、内容
は何とも想像を超えた騎士道への思い込みか
らくるある種の狂気と機知に富んだ会話が魅力
の内容です。

長い内容を飽きさせないように変化をつけながら
読者を引っ張っていきます。作者セルバンテスは
様々な工夫をしています。17世紀初頭という時
期を考えると驚異的に感じます。例えば後編では、
ドンキホーテの前編の物語が世の中で読まれて
いていることを本人が知り、有名人として各地で
評判になったりします。

ドン・キホーテは騎士に関連する地と狂気をあら
わしますが、その発言の真っ当さは天下一品で
人間としての生きかたに考えさせられます。サン
チョ・パンサとの掛け合いは人間心理のエンター
テイメントといえるかもしれません。

とにかく16世紀末から17世紀初頭のスペインの
風俗、地方の状況、人びとの心理等が面白く描
かれています。それもこれも昨年スペインに旅行
したカスティーリャ地方、アンダルシア地方、バル
セロナのカタルーニャ地方をバスで大移動した時
に見た風景を彷彿とさせ、何とも楽しい気分にな
るからかもしれません。

「ドン・キホーテ」が世界中でこんなに愛されてい
る理由の一端を垣間見た気がしました。

皆さんも挑戦してはいかが?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/06/21

ニック・ボイジッチさん

82年生まれのニック・ボイジッチさんは
生まれつき両手、右足がなく小さな左
足のみの重大なハンディを持っていま
す。

しかし、彼は現在「幸せを伝える専任
講師」として、世界中で活躍しておられ
ます。

以下、ユーチューブの彼を紹介した映像
をお見せします。このことはビジョン・アー
ティストの原克之さんがメールで望月俊孝
さんの紹介ということで教えてくれました。

http://www.vor.co.jp/cgi-bin/cmd.cgi?id=617175729878307521316065

10分程度の映像です。是非ご覧ください。
原さんは言います。この映像は賛否両論
あることでしょう。でも現在人生の何らか
の困難に直面している方にはとても参考
になるでしょうと。

ニックんさんの言葉を紹介しましょう。
「どんなに不条理と思われる逆境にあって
も、あなたの人生がどんなに混乱してい
ても、勝利、平和、喜びを得ることがで
きる。」
ストレートに勇気をもらいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

梅雨の休日

久々に自宅でゆっくりとした休日となりました。
折しも梅雨真っ最中。雨の自宅の紫陽花を
さっちゃんに教わったデジカメのマクロモード
で撮ってみました。雨の朝なので水滴の付い
たみずみずしいスナップとなりました。

もう一枚は花屋で衝動買いしたサンパラソル
のクリムゾンレッドの花です。初夏のガーデニ
ングクイーンというだけあって、豪華ですが
露に濡れ、かわいそうな感じもありますが、こ
れもなかなかの味わいがあります。

久々の休日は猫の額の庭に買ってきた花を
植えたり、プランター野菜の手入れをしたり
して土をいじるとすっきりします。ちなみに今年
の野菜はトマト、ゴーヤ、オクラ、シソ等で実用
も兼ねています。特に昨年の種からのシソは
大豊作となっています。

また、ゴーヤは二階からネットをぶら下げて
日除けのカーテンにしようと画策しました。
とにかくしっとりとした梅雨時の花々は潤い
のある文字どおり輝きがあります。

018

017

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/06/07

55才の55カ条(下)

今週は前回の続きです。読んでいただければ幸い
です。

27 親から遡るご先祖様。誰一人欠けても今の自分
  無し。継承の力恐るべし
28 親父の役割何だろう?背中を見せるというけれ
  ど、子供への支援をしっかりと
29 女房は大事なパートナー。改めて感謝もって接
  すべし。礼儀あり、配慮ありと心得るべし
30 仕事は人生の教師、次から次へと起こる出来事
  、必然事。逃げていても終わらない
31 頼まれごとは、試されごと。この受け売りはその
  まま言える
32 組織の仕事、それぞれの階層ごとに思いは違う。
  商売はそれぞれの立場で考えよ
33 組織の上下の関係、良好にやるは部下仕事の
  うち
34 Win-Winは長く続く関係の礎
35 リーダはいつも見られるその立場
36 いつも引っ張りつづけりゃ、鋼も切れる。緩めた
  り伸ばしたりで出る柔軟
37 常に成長いつまでも。もういいと思ったらそこで
  終了、能力は
38 「与え好き」はここでも威力。いつもプラスワン
  おみやげを
39 肩書きは使うために与えられ、その力の源は
  役割で、本人とは別のもの
40 ゴルフの世界、こんなにメンタル出るもの他に
  あるものか。厳しい現実目の当たり。ちょっとの
  油断もすぐ結果
41 相手に反応するのが人間の、本能近いその
  部分、これがテニスの魅力
42 ボウリング、自分の投げる軌跡トレースの作図
  能力とその投球力
43 料理は段取りの多重処理、ボケ防止にはこれ
  一番
44 キャンプや旅行は計画が準備が肝心と、分って
  からは倍楽し
45 挨拶、プレゼン、イベントは準備7割、本番3割
46 お金は人生の楽しみの名脇役、主役にしたら
  悲劇かな
47 天下の回りもの、「与え好き」が経済の血流、
  新陳代謝促し健康体
48 「投資・消費・浪費」色分けした毎日、お金との
  健全交際ここにあり
49 苦しくも寄付は続ける与え好き
50 年齢の逆算も覚悟を決める一手段
51 毎日が一日一生、これが最後の日とならば
52 一生勉強、一生成長、一生感動、一生青春
53 立派な言葉より1つの実行(原克之さん)
54 本気で行動しないと夢は実現しない。腹をく
  くる (原克之さん)
55 しあわせはいつもじぶんのこころがきめる
  (相田みつをさん)

最後は尊敬する方の言葉をいただいて締めくくり
にさせていただきました。皆さんに幸多かれと
お祈りして終わります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »