« 自身の反映 | トップページ | 与え好き »

2009/02/22

ゴルフの波

石川遼君がアメリカツアーにデビューして話題
になっています。私もゴルフをデビューしてから
35年が経とうとしています。上手になりたいと
いう思いはずーとあるものの、なかなか思うよ
うにはいきません。

坂田塾で有名な坂田信弘さんが2001年に書い
た「6番アイアンの教え」(NHK出版)を先日移
動中に読みました。いろいろ思い当たることが
ありました。

6番アイアンはアイアンの中で長さとしてちょうど
中間に位置しています。だからジュニアの最初
は6番のみで練習させるそうです。そしてティー
アップして練習し、気持ちよく打てる経験を積み
上げて、嫌いにならないように工夫しています。

つま先に重心があると手打ち(叩く筋肉)となり
スライスしやすく、かかとに重心があると捻る筋
肉を使うのでフックになりやすいということで、か
かとがあるシューズではつま先に体重がかかり
やすいという理屈になります。

また、ざっくり地面を叩いてしまうダフりにも悩ん
でいましたが、これはスイングリズムが早すぎる
ことが主な原因ということが分り、最近ゆったりと
したリズムで打つことで改善しました。

次にパットです。前回は40パットを越えるどうに
もならない状態になりいささか困り果てましたが
これもゆったりしたリズムでストロークを長く出す
工夫をして改善してきました。あわせて失敗を
恐れず強めに打ち、曲がりを少なく見積もるとい
うことも坂田さんの本で学びました。

最後にアイアンでグリーンをどう狙うか?ついつ
いピンを狙っている自分がありました。その結果
リスクがありバンカーや難しい場所に落ちてとん
でもないスコアになり落胆するという繰り返しで
した。ケースバイケースですが、グリーンの真中
を狙うことを基本にしたほうが良さそうです。

いろいろ談義は尽きないのですが、長くやって
いる割に基本の考え方を分っていなかったこと
に気がつきます。

坂田さんの生き様は壮絶なものだったことが分り
ました。自身はプロゴルファーとしては大成しま
せんでしたが、坂田塾を通してジュニアの育成
に私財を投入し、経済的に恵まれない子供にも
その道を開こうとしています。いろいろ厳しい面
を併せ持ち、あくまでご自分の道を貫こうとされ
る強さに圧倒されます。

まあとにかくゴルフは興味尽きなく奥深く面白い
ということです。


|

« 自身の反映 | トップページ | 与え好き »

コメント

ロンドンに赴任中に、主人と一緒に、コーチについて、レッスンを受けていました。なんであんなに、ボールが、ストンと落ちて転がらないか不思議でした。私なんか、転がって少しでも先に行って、と思うのですが、、、、、。その時つくづく思いました。野球のボールが打てたらもっと上達するのに!

投稿: JACKのママ | 2009/03/02 11:52

一年に一度しかやらないへぼゴルファーですが、坂田さんはよく知っています。
本読んでみたいなあ!(^v^)

投稿: てる! | 2009/03/08 06:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴルフの波:

« 自身の反映 | トップページ | 与え好き »