2020/12/02

恩人の死

年末になると喪中の葉書が届くものです。

 

今日驚きの葉書が来ました。

私が人生の中で長きにわたってお世話に

なった方が亡くなりました。今年は特に

多い気がします。

 

私自身が66才ですから、先輩にあたる方々

はかなり高齢になってくるので、そういう

時期といえばそれまでですが・・・

 

今年発行した私のエッセイ「瑠璃色の風に

吹かれ」にも私の人生の三大メンターとして、

登場する人物です。ビジネスマンとしてまだ

駆け出しの二十才台後半に大きな商談として

担当したお客様のキーパースンです。

 

多くのことを教えていただき、大きな影響を

受けました。最近は年賀状やたまにメールを

やり取りする程度でした。もう5年近くお会い

していなかったので、今年あたり会っておき

たいと年初めに思っていて実行できませんで

した。悔やまれます。

 

知的にも生き方にも多くのことを学びたいと

思うことのできる人物でした。ダンディズム

にも通じる魅力的なお人柄でした。

 

ご冥福を心よりお祈りしたいと思います。

 

 

今年はサクセスクラブ(目標を大切にした生き方

を目指す勉強会)の創設者田口誠弘さんも3月

に亡くなり、私自身も年齢を重ねてきたのだと

実感させられる出来事です。

 

今年を振り返ることの多い師走、コロナ、コロナ

で一年が終わってしまいそうですが、貴重な

先輩たちが旅立たれていきます。

 

一日一日を大切にしていくことを自戒するもの

です。

 

584648_s

(から花 さんの作品)

| | コメント (0)

2020/11/26

悪党たちの大英帝国

なかなか惹かれる題名の本ですね。

「悪党たちの大英帝国」 君塚直隆著

(新潮社)

悪いやつらが時代を動かす!数々の悪徳

を犯した一方で、偉大な業績を残し、人々

から支持された「悪党たち」の実像に迫る。

 

*ヘンリ八世(暴君の真実)

クロムウェル(清教徒の独裁者)

ウィリアム三世(不人気な外国人王)

ジョージ三世(アメリカを失った『愛国王』)

パーマストン子爵(「砲艦外交」のポピュリスト

デーヴィッド・ロイド=ジョージ

(「王権と議会」の敵役)

*ウィンストン・チャーチル(最後の帝国主義者)

 

の中からヘンリ八世とチャーチルを取り上げます。

デューダ王朝二代目の君主ヘンリ八世

(在位1509~47)は好色漢で残虐性、消費癖も

激しかった。その一方、ヨーロッパ国際政治に

おいて、戦争・外交両面で影響力を行使した。

 

・海軍を整備し、勢力拡大を進めた。しかし、

スコットランド侵攻失敗し、対仏戦争で大敗した。

さらに、戦費が嵩んだことで、宮廷は破産寸前

となった。

 

・結果的にイングランドの強国化には失敗した。

しかし、ローマ教皇庁と決別して教会を国家の

下に置いたこと、「勢力均衡」

(Blance of Power)というイングランド外交の

基本路線を築いたことなど、イギリスにとって

大切な遺産を残した。

 

ウィンストン・チャーチルは生粋の帝国主義者で

アジアやアフリカの人々に差別意識を持っていた。

その一方、ヒットラーから世界を救った第二次世界

大戦の英雄でもあった。

 

・1940年チャーチルの首相就任時、ヨーロッパ

の大半がナチスの軍門に下っていた。孤立無援

の状況下で彼は演説で国民を力づけ、アメリカ

やソ連と協力関係を築くために奔走した。もし、

彼がいなければ、イギリスもヨーロッパも

ナチスの軍門に下り、世界史は大きく変わって

いただろう。

 

・チャーチルがが第二次世界大戦で発揮した

指導力のあり方には、単にイギリスのとどまら

ない全人類的な平和の構築という考え方がみら

れる。その考えは「大英帝国」というグローバル

な世界が育んだものであり、その意味で彼は

「最後の帝国宰相」といえるかもしれない。

(TOPPONT誌より引用)

1617599_s

現在世界は、民主主義の危機、格差社会、分断

への道を走っていると言われています。危機は

過去にも、長い間何度も訪れていて、現在の

指導者もその渦中に置かれていることは論を

待ちません。

 

人物の品格は大事ですが、歴史からみた業績

は重要で、歴史を大きく捉え、些末なことに

惑わされぬことも必要だと考えさせられる本

です。

 

*********************************

このブログを50才の時に始めて早や16年。

様々なテーマで綴ってまいりました。続けられ

たのも多くの読者の皆さまのお陰です。

 

これらの経験をもとにデジタル出版をして

おります。AMAZON「旬ブックス」は

一冊¥99です。読んでいただけると幸いです。

 

また、読後の感想などAMAZONにコメント

いただけると大変励みになります。

どうぞよろしくお願いいたします。

(右上の著書をクリックください)

               渡辺俊一

*********************************

| | コメント (0)

2020/11/22

コロナ後の世界Ⅱ

先日知人から勧められた図書があります。

「コロナ後の世界」

大野和基編 文春新書

2020年7月20日(第一刷発行)

Photo_20201121183401

新型コロナウィルスが国境を超えて

蔓延する中、現代最高峰の知性6人

に大野和基氏が緊急インタビュー。

世界と日本の行く末について問うた。

 

先日の岩村充氏の「コロナ後の世界」の

紹介に続き、Ⅱとして紹介します。

かなり乱暴ですが、気になったところだけ

要約してみます。

 

第一章 ジャレット・ダイアモンド

(UCLA地理学教授)

 

危機はコロナだけではない。

核戦争や気候変動による被害の方がもっと

甚大になるだろう。これら、今我々の眼の

前に迫っている地球規模、グローバルな

崩壊に対し、このパンデミックが共通の

脅威としての認識で一致し、世界が一丸

となって解決することがよい実績チャンス

となるだろう。

 

日本の人口減少が危惧されているが、人口

減少は資源の面でアドバンテージにもなる。

オーストラリア、イスラエル、シンガポー

ルなど人口が少なくても繁栄している国

はたくさんある。人口三千万人で江戸時代

は持続可能な社会だった。

 

日本の問題は高齢化というがそれも違う。

問題は高齢化ではなく定年退職システム。

女性を家庭から解放しよう。

 

第二章 マックス・デグマーク

MIT教授(AI時代の可能性を追求)

~AIで人類はレジリエントになれる~

パンデミックとの戦いは情報戦。接触追跡

などでビッグデータと機械学習が役立った。

AGI(汎用型AI)は危険な面を持ち

「越えてはならない一線がある」私たち

人間と同じ価値観を持ち、人間を大事に

するAGIを「安全工学」的に作ってしま

おうと考えることがよい。機械が人間を

支配する危険な世界は起こりうるだけに、

今のまま無秩序な開発が進み、誰かがしく

じるとそれで人類が終わるようなことに

ならないように工夫する時代になる。

 

第三章 リンダ・グラットン

ロンドン・ビジネススウール教授

(人材論・組織論の権威)

人生百年時代の提唱者。

~ロックダウン生まれた新しい働き方~

 

ロックダウンはこの世の終わりではない。

在宅勤務他でZOOM会議など、若者だけ

でなくデジタル技術が浸透した。

 

コロナで「健康を保ちつつ歳を重ねる」重要

性が認識された。日本はいち早く高齢化に

おけるトップランナー。歳をとることは

ワクワクすることとして捉え、しっかり働き

社会に貢献する存在としたい。

 

三つの無形資産。

「生産性資産」会社や組織に頼らず、価値ある

高度なスキル、キャルイアにとってプラスに

なる人間関係等々

 

「活力資産」肉体的・精神的健康。ストレス

マネジメント。家族や友人と楽しん時間過ごす。

 

変身資産」自分と向き合いつつ、自分と

違う年代、性別、仕事、国籍と関わり、その

時々で「将来なりたい」ロールモデルを作る。

 

ポストコロナの四要素

「透明性」「共同創造」「忍耐力」「平静さ」

 

第四章 スティーブン・ピンカー

ハーバード大学心理学教授

(認知科学者、実験心理学者)

~認知バイアスが感染症対策を遅らせた~

 

認知心理学では、人は危険が起こる確率を

客観的な統計やデータよりも、身近なイメージ

やよく聞くストーリーに基づいて判断すること

が知られている。ジャーナリズムはこのネガ

ティブなバイアスを作る。(認知バイアス)

 

「格差」より「機会の不公正(アンフェア

ネス)」に重点を置きながら、楽観主義の方向

が望ましい。幸福感の根本には民主主義の中

で自由に生き、自らの未来を選択できること

などの点を重視すべきだ。

 

第五章 スコット・ギャロウェイ

ニューヨーク大学スターン経営大学院教授

(ブランド戦略とデジタルマーケティング

 連続起業家として9つの会社を起業)

~新型コロナで強力になったGAFA~

 

電気・ガス・水道と同じでかつ高速道路の

料金所のような存在。

 

GAFAのアルゴリズムは中立だが、

人々がつながる最大の要素は「怒り」だ。

それが社会を分断していく

 

GAFAは「われわれはメディアではなく

プラットフォームだ」という。しかし、

実態は人々は今やネットでニュースを見て

いる。

 

二つのインターネット 西洋のインターネット

と中国のインターネット。GAFAとBAT

(バイドゥ、アリババ、テンセント)は、

アフリカ、インドで激突するだろう。

 

これらの次はテクノロジーとイノベーションを

ヘルスケアに投資し、応用する人びとだろう。

 

GAFAの負の側面から目を離してはならない。

 

第六章 ポール・クルーグマン

(ニューヨーク市立大学大学院センター教授

 2008年ノーベル経済学賞受賞)

~景気回復はスウェッシュ型になる~

 

今回のパンデミックはリーマンとは大きく

異なり、いわば「人工的な昏睡状態」だ。

 

だから、ためらわず「バズーカ砲を打て」。

金融緩和策だ。本当のリセッションはコロナ

の猛威の後に来る。だから長く続く。

 

長期間を覚悟し、景気回復はU字でもV字でも

なく、スウェシュ型(ナイキのマークみたいな)

になる。

 

*********************************

このブログを50才の時に始めて早や16年。

様々なテーマで綴ってまいりました。続けられ

たのも多くの読者の皆さまのお陰です。

 

これらの経験をもとにデジタル出版をして

おります。AMAZON「旬ブックス」は

一冊¥99です。読んでいただけると幸いです。

 

また、読後の感想などAMAZONにコメント

いただけると大変励みになります。

どうぞよろしくお願いいたします。

(右上の著書をクリックください)

               渡辺俊一

*********************************

 

 

| | コメント (0)

2020/11/18

全国トッププレーヤの助言

最近、テニスの対外試合にでるように

なって、様々な初対面の人びととゲームを

するようになりました。

 

65才から69才までの年齢層の集まりで

試合をしているので、同年代の人びととの

接点が出てきます。

 

65才以上は平日の試合スケジュールが

組んであるので、平日働いている人は出場

が難しいため、働いていても時間の自由

がきく人々になります。

 

このひと月で東京都ベテランと大磯フェニッ

クスという試合でそれぞれ全国2位と3位の

素晴らしいプレーヤと対戦することができ

ました。

 

もちろん結果は圧倒的に負けましたが、その

経験はとても貴重なものです。

 

何事もその頂点で活躍している人々はプレー

ぶりのみならず、学ぶものが多いです。

私のように全くランクやレベルの違うものに

対しても丁寧な態度で、かつプレーの前後で

声掛けしてくれて、ちょっとした助言をして

くれて大変うれしく参考になるものです。

 

もちろん試合の運び方や技術的なことは、

こちらから助言を求めていくくらい積極的で

あるのは当たり前です。

 

それだけでなく、フランクに日頃どんな

試合へ出ているとか、そのために地方へ

行ったりした時のエピソードなども興味深く

うれしいものです。

 

トッププレーヤとの対戦は刺激的で、そこ

までたどり着くように努力する励みになり

ます。

 

最初は一人でエントリーして、車を運転する

なり、電車で行ったり、知らない人ばかり

なので、かなり孤独感があるものですが、

少しずつ会話ができてくると面白くなって

きます。

Dsc_1406

Dsc_1404

大磯プリンスホテルのテニスコートは

相模湾からすぐの立地で、風は強いです

が、景色がよく気に入っています。

| | コメント (0)

2020/11/10

経営者 酒巻 久氏

キャノン電子㈱社長の酒巻 久氏の本は

度々取り上げてきました。最近、再び

「仕事の哲学」 PHP研究所

として刊行されました。(2020.9.3)

 

たまたま、顧問の会社でスピーチを

頼まれて30分ほど話す機会がありました。

営業経験をもとに今の幹部社員に話

掛けるという、結構ハードルの高い

ものでした。

 

酒巻氏の仕事に対する考え方は以前より

度々注目して取り上げ、話の中にも

取り入れさせていただいたご縁もあり、

ご紹介いたします。

 

◇「日本人は働きすぎ」ではない

・働き方改革の問題点

「長時間労働の是正」という論点が必ず

登場する。意義あることだが、この問題は

要注意だ。長時間労働や休日出動を罪悪視

しすぎると、「全力で働こうとする」という

意欲が薄れ、楽をしようと考える社員が

増える。

 

・「欧米人は働かない」という誤解

確かに欧米人はバカンス長期の休みを取る

が、普段は日本人より働く。「欧米人は

頻繁に転職する」も誤解だ。転職を繰り返す

のは二番手、三番手の人たちで、実際は

優秀な人たち程転職しない。

 

・日本と欧米の採用システムの違い

欧米では現場を統括する責任者がどんな人材

を何人必要かを決め、自分で募集を掛ける。

 

日本は採用は人事部で優秀そうな人材を集め

そこから配属先を決める。適正が齟齬すると

本人はもとより、上司の負荷も増える。

この辺りを考慮しないと、雇用の流動化、

企業の生産性を高めるのは難しい。

 

・テレワークで生産性を上げるには知識が

 必要

「テレワーク」が推奨されている。だが、

オフィスと違い、判断に迷った時、近くに

いる人に相談できない。よってすべて一人

で判断できるぐらいの知識がないと、テレ

ワークの生産性が落ちてしまう。

 

◇寝食を忘れ、集中して働く効用

寝食を忘れほど打ち込める仕事に出会える

は幸運なことであり、その中でしか味わえ

ない充実感や達成感もある。

 

・一日20時間、仕事のことを考える

今の日本では、集中して働くことで生産性

が高まるという考え方が主流で、勤務時間

が終わると仕事から離れる。しかし、開発

や設計、研究など閃きを必要とする仕事

では、一日中仕事のことを頭の中心に置く

ことでよい考えが浮かぶ。

 

・好きなことをやれる喜び

自分がどのような能力があるかを知り、

その能力を通じて会社に貢献する。さらに

は社会に貢献する。その自覚があれば仕事

は楽しくなる。

 

・30代は20台の2倍、40代は3倍の

 勉強が必要

ベテランになれば、若手の頃に比べ経験は

増えるが、柔軟な発想が失われる。発想で

敵わないベテランは、20代の頃よりも

何倍も勉強して、足りない能力を補う必要

がある。

 

◇社員が頑張る、会社を信頼する職場

社員が「この会社で働きたい」と思うには

その会社や組織への信頼が重要だ。

 

・社員をできるだけ平等に扱う

経営陣は社員を「お客様」という視点で

捉える必要がある。「社員は自分たちで

守る」という覚悟が大事だ。

 

・「ピカイチ運動」で能動的な社員を作る

キャノン電子では、自分で考え、動く習慣

をつける目的で「ピカイチ運動」を行って

いる。4~5人のチームで各々テーマを決め

実現方法を考えるというものだ。例えば

ある工場のチームが「世界で一番よい挨拶」

をテーマとし、毎朝の挨拶を始めたところ、

他の人たちも真似て、全体が挨拶するよう

になった。すると仲間意識が生まれ、製品

の不良も減った。

 

・褒める時はチーム単位

優秀な一人が頑張った場合でも周囲の

サポートなしにはできない。チーム単位

で表彰することで、仲間意識が高まる

と同時にチーム同士の競争心が芽生え、

他のチームを発奮させることにもつな

がる。

 

・「立ち会議」が議論を活発化させる

社長就任時、経営会議は2日間で16時間

費やし、かつ月2回もあった。結果、

4~6時間で終わり最大75%の時間短縮

となった。

 

日頃から酒巻氏の様々な考え方に共感して

いるので、今回のスピーチでも酒巻イズム

のエッセンスは随所に使わせていただきま

した。

3575225_s

*********************************

このブログを50才の時に始めて早や16年。

様々なテーマで綴ってまいりました。続けられ

たのも多くの読者の皆さまのお陰です。

 

これらの経験をもとにデジタル出版をして

おります。AMAZON「旬ブックス」は

一冊¥99です。読んでいただけると幸いです。

 

また、読後の感想などAMAZONにコメント

いただけると大変励みになります。

どうぞよろしくお願いいたします。

(右上の著書をクリックください)

               渡辺俊一

*********************************

| | コメント (0)

2020/11/03

コロナ後の世界

新型コロナウィルスの影響は当初考えら

れた事を大きく超えて全世界の隅々まで

押し寄せています。

 

経済、デジタル技術、グローバリズムなど

の多角的な視点から岩村充氏が綴ります。

「ポストコロナの資本主義」

岩村 充 著

日経BP・日本経済新聞出版本部 

2020年8月20日出版

日本銀行を経て早稲田大学教授

 

退職者生活をしている筆者でも大きな影響

を考えざるを得ません。この本のテーマ

を通じ、皆さまの何がしらのヒントになれば・・・

 

◇接触追跡システムの光と影

1918年から1920年にかけて世界を襲った

スペイン風邪で全世界2500万人~3000万人

の死者を出した。日本では約35万人。

日本はマスク、うがいの励行など民衆を

団結させ、世界的には成功した部類に入る

だろう。

 

しかし、そうした民衆レベルの「総力戦」は

国家権力と民衆の精神的結合という素地を

作り、後の昭和の国家総動員体制の下敷き

になったという見方もできる。

 

今回のコロナ渦では多くの国で「接触追跡

システム」のスマホアプリが導入された。

 

アプリはプライバシー侵害に配慮し、個人

情報が特定されない仕様になっている。

しかし、その動作条件はグーグルとアップル

が定めており、両社が強大な力を持つ恐れ

がある。スマホのOSをほぼ独占しているから

だ。

 

さらに注意すべきことは、このアプリは

文字通り「接触追跡アプリ」であって「感染

者追跡アプリ」ではないことだ。

 

だから、追跡したい人を「COVID-19感染者」

ではなく「反政府活動参加者疑惑者」に変更

すれば、公安者が不意に姿を現す可能性にも

つながる。

 

◇デジタルは夢か悪夢か

ZOOMのような多くの人が同時にコミュニケ

ーションシステムが驚くほどの勢いで増えて

いる。(注:筆者もその一人)こうした「仮想

集会プラットホーム」はこれから世界をどう

変えるのか。

 

・仮想集会プラットホームで営業が変わる

これが作り出す変化は既に多くの職場で現れ

ている。社内や取引先との打ち合わせをテレ

ワークで行うことは既に多くの職場で普通の

こととなっている。

 

この変化は「営業」にも及ぶだろう。時間

と交通費を掛けて出かけていくことや来て

くれた顧客のために時間と会議室を確保する

といったことが重要な要素にならなくなると、

「昔から取引先とつながっていること」

の価値が色あせる。それは企業と企業あるい

は金融機関などとの関係を根本から変えて

しまうかもしれない。

 

・企業における「人のつながり方」の変化

今までは企業に属するあくまで自身と雇用

関係にある企業の一員として「強いつな

がり」として意識してきた。

 

しかし、コロナ渦によるテレワークの推進

で従来の組織構造の変化には時間と費用が

かかるという点を一挙に蹴散らしてしまった。

 

社外と社内の「人のつながり方」の強弱は

どんどん逆転していくだろう。このことは

やがて「株式会社」という企業形態にも

大きな変化を促すものになるだろう。

 

・低くなる国境の壁

「仮想集会プラットホーム」による人の

つながりは国境を越える。そのため、人々

に国家体制への帰属を義務付け、反体制派

への監視を行うことで国家を維持している

国ではこのプラットホームは不都合なもの

となる。

 

◇グローバリズムは変わるのか

・資本移動のメガトレンドは変わらない

感染症への恐怖は一時的にグローバリズム

を止める面がある。特に季節労働者や貧し

い移民の移動が阻まれる。すると、安価な

労働力に頼ってきた先進国では、単純労働

の単価が上がり、製造業などの作業拠点が

国外へ移動する可能性がある。

 

・格差の拡大と中間層の崩壊は続く

日本のような国では低賃金の労働者たちの

間での格差は縮小していくだろうが、割を

食うのは中間層である。彼らの就労条件

には改善する理由がなく、経済の停滞の

影響を最も手ひどく受けるからだ。

 

・裂けていく世界

コロナ渦で世界政治における協調は失われ

つつある。感染症対策を巡って世界は分裂

する「感染症対策ブロック」ともいうべき

現象が出現する恐れがある。

 

ちょうど100年前に起こったスペン風邪の

猛威の後、貿易と投資のブロックによる

世界の分割が人類史上最大の惨禍となる

世界大戦を招いたように、感染症対策

ブロックにより世界が分裂し、真の悲劇

が生じかねない。私たちの眼の前に

あるもの、それは予兆に過ぎないのかも

しれないのである。

 

 

普段は悲観的な考えは取り上げないように

務めていますが、コロナ渦が「人と人との

つながり」のあり方を変え、既存の組織

や文化まで変えてしまい、果ては、

世界の分裂→世界の争い→世界の悲劇の

到来という百年前に起きたサイクルには

かなり用心していくことが肝要だと感じる

ものです。

 

Dsc_1397

毎年11月上旬にはきっちり花をつけて

くれる「つわぶき」。今年も仕事を

してくれます。

Dsc_1396

山茶花の芽を先日剪定中に誤って切って

しまい、キャップに水差ししていたら

きれいに咲いてくれました。

| | コメント (0)

2020/10/30

にわか「宇治散歩」

10日程前、京都に行く用事がありました。

できるだけ空いた時間の新幹線で、京都駅

近くのホテルに宿泊しました。GOTOキャン

ペーンで宿泊代が35%割引で、フロント

でチェックインすると地域振興券2,000円

分をいただきました。帰りにおみやげの

購入に使わせていただきました。

 

ちょっと時間があったので、思い付きで、急ぎ

宇治へ行ってみました。

Dsc_1377_20201030151001

平等院鳳凰堂への参道を振り返り撮影する

とこんな感じで観光客はまばらでした。

画面左側の「上林三入」で行く度にほうじ茶

を買います。

 

Dsc_1383

曇天でしたが平等院鳳凰堂の美しさ

を静寂な環境で十分味わうことができ

ました。

 

今回は行ったことのない「宇治・上林記念館」

に寄ってみました。

Dsc_1376

(茶師の門の構えは「長屋門」)

 

いつもお茶を買っている上林家のルーツ

を紹介してくれています。

 

「上林家は、もと丹波上林郷に居拠する

土豪であった。永禄年間に初代久重が宇治

に移住し茶業に携わった。重久の四人の

子息がそれぞれ一家を起こし、宇治を代表

する茶師として生産流通に重要な役割を

果たす。

 

桃山時代には豊臣秀吉に重用され、茶頭取

として、宇治茶の総支配を命じた。徳川三代

将軍家光の時代には将軍家御用達の茶壷の

往還には豪華な行列「茶壷道中」をもって

行われた。

 

明治維新後、宇治茶師のうち唯一廃業せず

に上林春松家は宇治茶師の後裔として現在

至るまで茶業を営んでいる」

(パンプより抜粋)

 

千利休も訪ねたという上林家の歴史に思い

を馳せ、誰もいない上林記念館での時間は

なかなかいいものでした。

 

その後定番の宇治神社、宇治上神社を回り

JR線で京都駅へ向かい、用事を済ます事

ができました。

 

にわか「宇治散歩」でしたが、結構楽しむこと

ができるものです。

 

*********************************

このブログを50才の時に始めて早や16年。

様々なテーマで綴ってまいりました。続けられ

たのも多くの読者の皆さまのお陰です。

 

これらの経験をもとにデジタル出版をして

おります。AMAZON「旬ブックス」は

一冊¥99です。読んでいただけると幸いです。

 

また、読後の感想などAMAZONにコメント

いただけると大変励みになります。

どうぞよろしくお願いいたします。

(右上の著書をクリックください)

               渡辺俊一

*********************************

 

| | コメント (0)

2020/10/24

ギター「禁じられた遊び」

映画「禁じられた遊び」の主題曲のギター

演奏は中学生でギターに触れた(触れただけ

という感じですが・・・)時からの憧れを持って

いました。曲の前半は中学生当時で大体

弾けていました。

しかし、後半は指使い、セーハー

(ひとつの指で複数弦を押さえること)

が多いこともあり、難易度が高く半世紀

ちかく中断していました。このコロナの

在宅時に少しずつ練習して、最近通しで

演奏できるようになりました。

「禁じられた遊び」についてはウィキペディア

より引用します。

(本ブログはウィキを応援しています)

 

「『禁じられた遊び』(原題: Jeux interdits 

は、1952年フランスのドラマ映画。 監督は

ルネ・クレマン。 フランソワ・ボワイエ

小説『Les Jeux inconnus』を原作とし、

戦争で孤児となった5歳のフランス人少女の

運命を描いた映画である。アカデミー賞

名誉賞(後の外国語映画賞に当たる)、

ヴェネツィア国際映画祭サン・マルコ金獅子

賞などを受賞した。

200pxjeux_interdits_1952_japanese_poster

撮影の予算オーバーによりオーケストラを組む

ことが出来ず、劇伴は全編を通して

「ナルシソ・イエペソ」がギター一本で演奏

した。これにより「愛のロマンス」が広く知ら

れることとなった。」

https://www.youtube.com/watch?v=Xw4CJDknHSY

映画「禁じられた遊び」のテーマ曲 

ギターソロ「愛のロマンス」

YouTubeより

Zap2_g8392114w

(ナルシソ・イエペソのジャケット)

白黒映画で流れた物悲しくも美しいメロディー

は、深く心を打つものがあり、半世紀もの間

潜伏菌のように体の深部に刻み込まれています。

暗譜で「グリーンスリーブス」に続き、

「禁じられた遊び」の演奏は指の運動にもなり、

これも一種の「脳トレ」?

| | コメント (0)

2020/10/17

1973年のピンボール

村上春樹氏の著作の主人公には

ほぼ同年代に育った私としては

共感を覚えるものです。

1973

講談社文庫 1983年

内容は以下です。(アマゾンサイトより)

『「電灯のスイッチを切って扉を後ろ手に

閉めるまでの長い時間、僕は後ろを振り

向かなかった。一度も振り向かなかった」

東京で友人と小さな翻訳事務所を経営す

る〈僕〉と、大学をやめ故郷の街で長い

時間を過ごす〈鼠〉。二人は痛みを抱え

ながらも、それぞれの儀式で青春に別れ

を告げる。『風の歌を聴け』から3年後、

ひとつの季節の終焉と始まりの予感。

「初期三部作」第二作。』

 

実に細かいピンボールに関する蘊蓄が

語られています。とくにギルバート社の

「スペースシップ」というモデルへの

こだわり、愛着はすごいと思いました。

https://ameblo.jp/musasppqueen/entry-12589250473.html

のブログにアクセスされるとよく説明されて

います。

O0450032314742881381

(同サイトより)

ピンボールマシンはこの絵のようなもの

です。

 

なぜ取り上げたかといいますと、小学生

からの一番古い友人と一緒にピンボールを

楽しんだ思い出があるからです。

 

ダブルスのようにフラッパー(バットの

ようにボタン装置でボールを打ち返す)

を左右でそれぞれ担当して、得点を稼ぎ

ゲーム追加を狙っていきます。

 

盤面にはジェットバンパーというキノコ状

の突起があり、勢いよくボールを跳ね返し

ます。ボン・ボン・ボンとジェットバンパー

同士でボールを跳ね返し、得点が加算される

醍醐味は何とも言えませんでした。

 

基準得点を超えると、ゲーム追加になり、

ゲームカウンターがアップする時に、

今のデジタル時代と異なり、アナログな

「ドン」とマシン全体に響く音を立てます。

この快感はいまでも覚えています。

 

ピンボールには思い出が込められています。

それは小学校からの友人とのことでした。

小学5年生の時、彼は大阪へ、私は広島に

父親の転勤に伴い、転校しました。当初の

転校に対して不安を共有していた二人は、

その後も大阪と広島を相互訪問した思い出

があります。

 

その時に遊んだのがピンボールマシンでした。

 

この小説を読み、その頃のことを鮮明に

思い出しました。村上春樹の小説の好きな

ところは、それぞれのシーンの細やかな描写

や例えの多様さには思わずニヤリと笑ったり

もします。

 

その後、彼は静岡で大学時代を過ごし、大阪

で就職、結婚して、現在も住んでいます。

しばらくは会っていませんでしたが、50才

くらいから会うようになり、大阪に単身赴任

していた時代はよく会って昔話をしたりして

いました。

 

思い出と深く結びついているモノやコトに

は深く反応するものですね。

 

*********************************

このブログを50才の時に始めて早や16年。

様々なテーマで綴ってまいりました。続けられ

たのも多くの読者の皆さまのお陰です。

 

これらの経験をもとにデジタル出版をして

おります。AMAZON「旬ブックス」は

一冊¥99です。読んでいただけると幸いです。

 

また、読後の感想などAMAZONにコメント

いただけると大変励みになります。

どうぞよろしくお願いいたします。

(右上の著書をクリックください)

               渡辺俊一

*********************************

 

 

 

| | コメント (0)

2020/10/11

OODA(ウーダ)とは何?

コロナウィルス問題に代表される昨今

は企業経営に関わらず実に「不確実性」

に満ちています。

 

神戸大学大学院経営学研究科教授の

原田勉氏が企業経営の観点から、

「OODA Management」

~現場判断で成果をあげる次世代組織

 のつくり方~ (東洋経済新報社)

という本を出しておられます。

 

経営の観点だけでなく、コロナ時代の

生き方、処し方に通じる示唆に富んで

いますので、ご紹介します。例えば

前回ブログで取り上げたテニスゲーム

の組み立て方にも大いに参考になります。

 

 

今日の企業経営で大切なのは「計画」

ではなく、「スピーディに対応する

こと!変化の激しい状況に即応する

方法「OODAマネジメント」である。」

 

現代の企業経営は想定外の不確実性に

翻弄されがちだ。確実な状況の中での

マネジメントはそんなに難しいもの

ではない。計画を立て、進捗を確認し

必要に応じ、軌道修正すればいい。

しかし、不確実性の中では、スピード

が重要になる。状況は刻一刻と変化

するために、その変化のスピードに

追いつく必要がある。計画通りに動く

と「不測の事態」が生じた場合に、

どうしても「停滞」する。

 

◇OODAループが成果をもたらす

①観察(Observe)

②情勢判断(Orient)

③意思決定(Decide)

④行動(Act)

 

◇OODAループとPDCAサイクルとの違い

計画を出発点としないことが最大の違い。

OODAループでは「観察」から始まる

ただし、やみくもに観察することは効果的

ではない。顧客から発せられるシグナルを

スクリーニングする仕組みを作る。

 

◇スクリーニング化

スクリーニング化とは、顧客のシグナ

ング行動を誘発するために行う。

情報優位者が「シグナル(合図)」を情報

劣位者に送ることで、自分の優位性を

アピールすることができる。これを

「シグナリング」と呼ぶ。(ノーベル

経済学賞受賞者マイケル・スペンスの

提唱)

 

例えば、企業にとって潜在顧客に働きかけ

て顕在顧客にすることが重要だが、これは

とても難しいこと。そこで、「潜在顧客

のシグナリング行動を誘発する」という

スクリーニングの仕組化が必要となる。

(難解ですが、がまんしてもう少し読み進め

てください)

 

・それで成功したのが積水ハウスの営業

プロセス

 

展示場→データベース→納得工房

 

家を建てたい人は、まず展示場を見て回る。

アンケートに記入する。本気の人は複数の

展示場を見て回る。それが識別されれば

営業部隊から「納得工房」へ訪問するよう

に勧め、キッチンやバスタブなどの仕様を

経験してもらい、この段階になって営業

は具体的な商談に入る。

 

冷やかし客は決して納得工房は訪問しない。

こうして潜在顧客をあぶりだす。これが

スクーリニングだ。

 

◇焦点化(観察対象の選択と領域の限定)

 

・キーエンスの高収益の秘密

高収益を支える主要な要因のひとつが

高い開発力にある。同社には調査、企画、

開発プロジェクトを一気通貫ですべて兼務

する企画立案者がいる。彼らがOODAループ

を高速で回すことで、いち早くヒット商品

を生み出している。

 

多くの企業は何がどのくらいの頻度で売れた

のかといった営業情報を重視する。しかし、

この営業情報は開発にはまったく役に立たない

 

キーエンスでは開発情報を重視する仕組みが

ある。「開発情報」とは顧客の現場で製品が

どのような使用をされているのか、その課題

は何なのか、といった製品の使用状況に関する

情報だ。

 

キーエンスでは、企画立案担当者が直接

様々なユーザーを訪ね、現場を実際に観察

する。現場を観察し、そこで課題、問題点を

情勢判断する。これが新製品開発のネタに

なるのである。

 

◇「直観で判断する」の仕組み化

分析思考やロジカルシンキングは必ずしも

有効ではない。分析に時間をかけるあまり

行動が遅れては本末転倒であり、現実には

直観的判断で意識決定することが多い。

 

経験豊富な陸軍下士官の場合、経験豊富な

野戦指揮官の95%以上が直観的判断にまか

せていたことが明らかになっている。

 

リーダは「発見力リーダ」「実行力リーダ」

に分けられる。仕事がよくできる優秀な

リーダは「計画や分析を重視し、細かい

ところに目を配り、不都合があればすぐ

気が付く」タイプだ。

 

一方、「発見力リーダ」は、計画や分析

などにこだわらず、「人脈を広げ、そこで

質問することで、多様なアイディアを収集

し、関連づけ実験していく」タイプだ。

 

このように行動的、外向的な行動特性を

持っている。優れた直観的判断には

このような行動特性の裏付けが必要なので

ある。

 

◇「発見力リーダ」になるために必要なこと

・「発見力に優れた人の行動特性」

 観察、質問、実験、人脈、関連付け

・「実行力に優れた人の行動特性」

 計画、分析、細部重視、自己規律

 

行動特性とは天賦の才能や資質のことでは

ない。行動特性を変えることはいつから

でもできる。OODAループを回していく

ためには、このような行動特性を意識的

に実践していくことが求められる。

 

「情勢判断の仕組み化」としては発見力

リーダ行動特性を促進することを指す。

 

以上、ビジネスに関わったことがある方

なら思い当たる節があると思います。

私もPDCA型の限界はは肌身をもって

嫌というほど感じていました。

PDCAを入れ替えて、CAPDとしてCHECH

から始め、ACTION→PLAN→DOなどとも

いっていました。

 

日常生活の中にも「発見型リーダ」の

資質と「実行型リーダ」の資質をうまく

使い分けて、ものごとを上手に進める

ことができるような気がします。とても

示唆に富んだ文献です。

 

Dsc_1370

 

庭の山茶花が早くも咲き始めました。

秋から冬に向かっていく準備ができて

きています。

 

*********************************

このブログを50才の時に始めて16年。

様々なテーマで綴ってまいりました。続けられ

たのも多くの読者の皆さまのお陰です。

 

これらの経験をもとにデジタル出版をして

おります。AMAZON「旬ブックス」は

一冊¥99です。読んでいただけると幸いです。

 

また、読後の感想などAMAZONにコメント

いただけると大変励みになります。

どうぞよろしくお願いいたします。

(右上の著書をクリックください)

               渡辺俊一

*********************************

 

| | コメント (0)

2020/10/08

三度目の正直(優勝)

度々テニスの試合の話題を取り上げますが、

65才以上シングルスの部で今年に入り、

準優勝は二度ありましたが、

苦節「三度目の正直」で優勝することが

できました。正直大変うれしいことです。

 

フェニックス大磯秋2020 ベテランの部

65才以上の部です。一月に出場した時に

対戦したランキング70位代の選手と再び

の対戦です。その時は一回戦で3セット目

のタイブレーク4-7で敗退した格上の相手

です。私は現在417位。

 

今回はベストを出して戦おうと決意し、

臨みました。コートは大磯プリンスホテル

横の西湘バイパスに沿った、海岸縁なので、

昼間は常に海風(海岸から陸地への風)が

吹きます。したがって、風上・風下に応じ

た作戦が重要となります。

 

風上では攻撃を重視し、風を利用し球速と

勢いを使い、できるだけゲームを稼ぐ

作戦です。

 

風下では、風の抵抗を利用してアウトを

抑えた深いショットと、浅いショットを

交え、相手のミスを誘う作戦で、風上で

ゲーム奪取の確率を上げることを意識した

ことが奏功しました。

 

競り合いに弱いという自意識を少しずつ

克服していく前進があったことも収穫です。

 

Dsc_1366

 

Dsc_1362

はるか太平洋南方の台風の接近を予感させる

不気味な空模様でした。

Dsc_1363

夏のハイシーズンが過ぎやや閑散とした

雰囲気を醸しだす大磯プリンスホテル。

前回夏の大会では、家族連れがプール泳ぎ、

リゾートの休暇の香りを漂わせていました。

 

*********************************

このブログを50才の時に始めて16年。

様々なテーマで綴ってまいりました。続けられ

たのも多くの読者の皆さまのお陰です。

 

これらの経験をもとにデジタル出版をして

おります。AMAZON「旬ブックス」は

一冊¥99です。読んでいただけると幸いです。

 

また、読後の感想などAMAZONにいただける

と大変励みになります。どうぞよろしくお願い

いたします。(右上の著書をクリックください)

               渡辺俊一

*********************************

| | コメント (0)

2020/10/04

父より息子への手紙

「ビジネスマンの父より息子への30通

 の手紙」

G・キングスレイ・ウォード著

城山三郎訳

新潮社(新潮文庫)1994年発行

という本があります。公認会計士から

製薬会社の経営者になった著者は4年の

間に二度心臓を手術し死に直面します。

 

人の命には限りがあることを悟り、

ビジネスマンとして成功した様々な

経験をそばにいて手を貸してやれない

場合には当時15歳の息子に伝えようと

手紙を書きます。

 

「君に言いたいのは、人生は一回限り

だということだけである。精一杯生き

よう!」

 

◇あえて挑戦を

新しい機会に直面すると、それをさっと

受け入れることはなかなかできない。

しかし、挑戦することで人生は変わる。

試みることによって、それだけ成長できる。

 

◇成功について

失敗せずに成功した人を私は知らない。

苦しい時期を乗り越えられるかどうかが

勝者と敗者を分ける。

 

人は失敗するたびに何かを学ぶ。競争に

勝つのは、過去の競争から学んで、その

教訓を活かす人である。

 

◇惰性的な生き方には

大学一年の時に、非常にできる学生が

何人かいた。彼らの幾人かは二年生の

時には脱落していた。高校の勢いのみ

で勉学を怠っていたからである。

 

着実に努力を重ねないならば、君の失敗

率は高くなるだろう。成功する人と、しな

い人とを分けるのはこの点である。

 

◇結婚を気軽に考えないで

結婚は、自らを投入する重大な投資だ。

不幸な結婚が招く損失は測り知れない。

 

◇金銭感覚はどうなっているのか

賢い人は金持ちになれるが、人は金持ち

になると愚かになることが多い。投資に

失敗したり、明日のことを考えないで金を

使ったりしてしまう。

 

◇読書の価値

「他人の過ちから学べ。自分ですべての

過ちを経験する時間はない」この格言を

実践するには読書が不可欠である。

 

◇人生の幸福とは

人生の意味を深めるとは、質の高い生涯

を送ることである。幸運な時も不運な時

も、最善を尽くせば人生の意味は深まる。

 

幸福は、何かを成し遂げた時に得られる。

何かを成し遂げるためには、自由意志に

よる選択と態度、責任の受容と遂行、

そして常に試みようとする不屈の精神が

必要である。

 

 

私は死に直面した経験がなく今日まで

過ごしてくることができました。しかし、

最近は「死」に関することをよく考える

ようになりました。健康であってもいつ

何時、死に直面するか分からなく、その

確率が高くなる年齢に至ってしまいました。

 

自分の考えをまとめながら、身の回りの

整理は日頃から行っていく、いわゆる

「断捨離」もその一つ。シンプルにかつ

残していくものは生き方、考え方の

痕跡かもしれません。そんなことを考え

ながら読みました。「毎日が日曜日」

を書いた城山三郎氏が訳しているところ

も面白いです。

Dsc_1361

 

(わが家の「金木犀」昨年は台風の塩害

もあってだめでしたが、今年は10月上旬

の今、旬を向けて香りを放っています)

 

*********************************

このブログを始めて16年。様々なテーマで

綴ってまいりました。続けられたのも多く

の読者のお陰です。これらの経験をもとに

デジタル出版をしております。AMAZON

「旬ブックス」は一冊¥99です。

読んでいただけると幸いです。

また、読後の感想などAMAZONにいただける

と大変励みになります。どうぞよろしくお願い

いたします。(右上の著書をクリックください)

               渡辺俊一

*********************************

 

| | コメント (0)

2020/09/26

高野山参与

Dsc_1355

実は私は高野山ファンが高じて参与という

寄付をする会員になっています。大阪に

赴任していた9年前から継続しております。

 

真言密教の信者ということではありません

が、高野山、弘法大師空海には大変興味を

もって生活しております。

 

毎月「月刊高野山」という冊子が自宅に

届きます。

Dsc_1354

関西に赴任していた当時から、休日には

近畿地方のお寺や神社を歩いていました。

その中でも高野山は、四季折々の美しさ、

霊気溢れる、氣に満ちたパワースポット

ととして大変魅力的な場所です。

このブログでも度々紹介してきました。

 

神奈川の自宅に戻っても何回か訪ね、その

パワーに触れてきました。参与会に入り、

月刊誌に触れ、心を落ち着ける意味もあり

ます。

 

今月の「空海のことばを味わう」では、

「ときには心の声に耳を傾けてみなさい」

「・・・つらいときや苦しいとき、私たちの

心はひどく閉ざされた状態で、人の声も

自然の音も聞けません。こんな状態では、

仏の言葉も届かないでしょう。

 そこで、自分の心の声にじっと耳を

傾けてみませんか。そして、素直に応えて

あげてみてください。

 すると、少しずつ閉ざされた心が開いて

いくでしょう。

 厳しく自分を律して生きるのも素晴らし

いのですが、心の声に耳を傾けるのも、

人生には必要なことだと思います。

保坂隆さん(保坂サイコオンコロジー・

クリニック院長)のお話も身に沁みます。

 

Dsc_1356

こんなことも続けていられる間は

高野山フリークでありたいと思って

おります。ちなみに高野山検定(初級)も

かつて取得しました。(蛇足・・)

 

 

|

2020/09/23

秋分のテニス試合

敬老の日、春分の日に川口市にある

パインヒルズ テニスカンパニーで

開催されたベテラン シングルス65才以上

クラスに参加しました。

 

シルバーウィークで観光客も増えたのか、

車で行きましたが、首都高速、東北道

出口で大変渋滞し、人出が増えていること

を感じました。

 

Dsc_1353

8月の35℃の炎天下の前回に比べれば、

はるかにしのぎやすく、28℃くらいで

試合ができました。

 

幸い二回勝利し、22日に決勝進出できました。

決勝戦は一進一退で7-6までいきましたが、

3ゲーム連取され、7-9で敗退し、準優勝となり

ました。

 

試合に出始め、実質二年目の私としては、

上出来でした。毎回、上手なプレーヤー

に接し、都度都度学びがあります。

 

今回は、自分のプレーに「攻撃の型」が

不十分で、最後パターンを読まれ、防戦一方

で、相手のストロークに押され疲労も併せて

ミスが増えて、寄り切られました。

 

しっかり、文字にして「課題、反省」を記し、

次につなげるようにします。現在年齢別で

417位(8月末現在)ですが、今回の準優勝で

300位代には入れそうです。

 

JOPという日本テニス協会認定のランキングで

5才刻みの年齢別ランキングは、とても励みと

なります。

 

目標は100位以内に入ることです。怪我をせず

に健康でできるだけ長く、テニスをすることが

私の生活の大きな柱のひとつになっています。

 

|

2020/09/20

自分を思いやる

セルフ・コンパッションという言葉が

あります。Compassion ;哀れみ、同情

(sympathy)といった意味です。

不安や怒り、悲しみ・・・

自分の感情に振り回されることなく

毎日を穏やかに幸せに暮らすには?

という長年の課題に対するヒントに

なる本 「自分を思いやる練習」

~ストレスに強くなり、やさしさに

包まれる習慣~ 有光興記 著

(朝日新聞出版)

から考えてみたいと思います。

 

◇セルフ・コンパッション

日本人は自分を犠牲にして他人に尽くす

ことを美徳とする文化に生きている。

自己犠牲に苦痛を感じても、そんな自分

を未熟だと自己批判してしまう傾向に

ある。こうした文化に必要なのは、

ありのままに自分を受け入れ、苦痛や

傷を癒すセルフ・コンパッションという

心の持ちようである。

 

◇セルフ・コンパッションの3側面

①自分へのやさしさ

親友を見るように「いつくしみ」を

もって自分自身を見る。これによって

悩みの背景にある本当の欲求に気づける。

 

②マインドフルネス

湧きおこる感情や思考を、善悪の判断

をすることなく、そのまま受け入れる。

これによって否定的な考えが繰り返される

ことを防げる

 

③共通の人間性

自分だけでなく、他の人も同じように苦し

みながら、何とか物事をこなそうとしてい

ることに気づく。こうした人間としての

共通性が理解できればやる気が回復して

いく。

 

◇仏教の「四無量心」とセルフ・コンパシ

ョンとの関係

=慈悲喜捨の4つに限りなく心を配ること

(無量心)

の考えを重視する初期仏教を信仰するタイ

では高く、恥の感情や儀礼を重視する中国

や日本などの儒教文化では低い。

 

◇幸せを願う「慈悲の瞑想」

セルフ・コンパッションを高めるには

「慈悲の瞑想」に取り組む必要がある。

 

「自分をハグする」

「やさしい言葉がけ」

「呼吸のマインンドフルネス瞑想」・・・

 

これは大きな怒りや悲しみなどを受け入

れるためにの土壌を培うもので、恩人や

親しい人さらに自分に対してその幸せを

願うフレーズを心の中で繰り返す。

 

「あなたが、安全でありますように」

「あなたが、幸せでありますように」

「あなたが、健康でありますように」

「あなたが、安らかに暮らせますように」

 

「私が、安全でありますように」

「私が、幸せでありますように」

「私が、健康でありますように」

「私が、安らかに暮らせますように」

 

998707_s

タイ ワットプラケオ(エメラルド寺院)

 

************無料キャンペーン*************

 

日頃のご愛顧に感謝し以下の期間無料ダウンロード

ができます。

 

9月21日(月)16:00~23日(水)15:59

「瑠璃色の風に吹かれ(1)」

~定年ブロガーのエッセイ~

私の初エッセイ、皆さまのコメントをお願いします。

************************************************

 

|

2020/09/11

枕草子

「源氏物語に比肩する中古文学の双璧として、

後世の連歌、俳諧、仮名草子に大きな影響

を与えた。鴨長明『方丈記、吉田兼好

『徒然草と並んで日本三大随筆と称さ

れ」ます。

 

エッセイに関わる端くれとして、三大随筆

を知らぬでは済まないと勝手に思い、手に

取りました。

81oebpk53ol_ac_uy218_

「角川ソフィア文庫

ビギナーズ・クラシックス

日本の古典」が入りやすいと感じ

読みました。

 

「随筆」(Essay):(広辞苑より)

①自由な形式で書かれた個性的色彩

の濃い散文・小評価

②特殊の主題に関する論説。試論。

 

「極めて個性的な文章で、一条天皇の

中宮定子の後宮を中心に、彼女を

取り巻く華やかな平安の宮廷生活で

の体験を、清少納言の優れた感性と

機知に富んだ簡潔な文章で生き生き

と綴った珠玉の随筆集。」(帯より)

 

清少納言の個性が率直に書かれている

ところがとても面白いものです。

 

例えば、第七十二段 「ありがたきもの」

(めったにないもの)では、

「めったにないもの、舅にほめられる婿。

また、姑にほめられるお嫁さん。毛が

よく抜ける銀の毛抜き。主人の悪口を

言わない使用人。

 

全然欠点のない人。顔立ち・心・ふるまい

もすぐれていて、ずっと世間で人付き合い

をしてきて、ほんの少しの非難も受けない

人。

 

同じ仕事量で働いている人で、互いに礼を

つくし、少しの油断もなく気を遣いあって

最後まで本当のところを見せないままとい

うのもめったにない。

 

物語や和歌集などを書き写す時、元の本に

墨を付けないこと。上等な本などはとても

気を付けて写すのだけれど、必ずといって

いいほど汚してしまうようだ。

 

男と女とはいうまい。女同士でも、関係が

深くて親しくしている人で、最後まで仲が

良いことはめったにない。」

 

兼好法師の視点を連想させます。

 

第百五段 見苦しきもの (原文)

「・・・色黒うにくげなる女の鬘(かづら)し

たると、髭がちに、かじけ、やせやせなる男

と、夏、昼寝したるこそ、いと見苦しけれ。

何の見る甲斐にて、さて臥いたるならむ。

・・・」

 

等々、今も昔もほとんど変わらぬものこそ

をかしけれ・・・?

 

流麗で簡潔な表現とは裏腹に、ストレートな

表現がビシビシでてくるところを観ても、

なかなかきつーいキャラを感じさせるから

こそ面白いのでしょう。少々毒があったほう

が興味深い・・・

 

エッセーは、やはり個性を前面に押し出して

表現するから興味深くなるのものですね~

勉強になりますね。

 

****************************

日頃からデジタル本のダウンロードありが

とうございます。お読みになった感想を

アマゾンにコメントいただけると参考になり

張り合いがでます。よろしくお願いします。

 

| | コメント (0)

2020/09/06

ショパンのマズルカ

フレデリック・ショパンのピアノ曲は

心に沁みってくる癒しの音楽です。

 

先日リサイクルショップで何気なく

CDを見ていると、ショパンの

「マズルカ」アルトゥール・ルービン

シュタイン演奏でしかも税込み100円

がおいてあり、すぐさま買うことに

しました。

 

「マズルカはポロネーズと同じくポーランド

の代表的な民俗舞曲であって、ワルシャワ

近辺のマゾヴィア地方で16世紀ごろから

踊られていたというが、農民の間に起こっ

たその単純で素朴な舞曲を幻想的舞曲と

もいえる芸術作品に高めたのがショパンの

マズルカであった。」

 

ポーランドには行ったことがありませんが、

親日国でもあり、大国ロシア、ドイツの間に

挟まれて厳しい歴史を持つ同国に思いを

馳せるにはショパンはふさわしい人物な

気がします。

 

私は1968年中学生の時に購入した

「レコードに聴く世界の名曲 上下二巻」

(音楽の友社 当時各460円)を今まで

後生大事に持っています。当時結構な値段

した本やレコードには特別に思入れが

あるものです。

Dsc_1350

購入から52年年季が入った古書ですが、

内容は古びないものです。

 

夜ショパンのマズルカを掛けながら、

読書をするのはとても気持ち穏やかに

過ごせる珠玉の時間です。自分の内面

の波立ちやささくれを落ち着かせ、とても

静かな心に戻してくれるようです。

 

コロナ時代在宅時間が長くなり、昔から

大切にしていたものを引っ張り出し、

その中に新しいことを発見したり、街中

で古物商から掘り出し物を探す楽しみも

あるものだと感じました。

 

Dsc_1351

| | コメント (0)

2020/09/03

儒教とは何か

この年になる迄知っているようで知らない

ことは実に多いと感じています。

 

禅とは何か?とか、改めて体系的にエッ

センスを知る意味は大きいと思います。

今回は知らない間に日本人に浸透して

いる「儒教」についておさらいします。

 

「儒教とは何か 追補版」 

加地伸行著 中央公論新社

 

宗教というよりも倫理道徳や古い封建

的思想といったイメージを持たれがちな

儒教の宗教性を考察しています。

 

 

◇葬式と儒教

日本の仏式葬式で多くの参列者は柩を

拝む。だが、仏教徒は本尊を拝むべきで

柩を拝むのは仏教ではなく儒教のマナー

である。この葬儀儀礼を抜きに儒教は

存在しえない。すなわち儒教は死と深く

結びついた宗教である。

 

 

◇儒教における死

・この世を楽しいところと考える中国人

仏教が「生きていること自体が苦しみ

である」と仏教のみならずインド諸宗教

が共通してこの世の苦しみ(無常)から

救済を求めたのは、南アジア、中近東

の苛烈な気候に由来するところもある。

一方、温暖な東北アジアの中国、朝鮮、

日本ははるかに住みやすい上に多神教

でもある。

 

その代表である中国人は五感の快楽を

正しいと考え、生きている人間の喜び

であるとするのである。

 

・中国人が五感の快楽を認める理由

表意文字である漢字にあるように

まず物があり、それに似せた絵画的

表現として漢字の字形が生まれる。

「はじめにことば(神)ありき」

ではなく「はじめに物ありき」だ。

物事に即して、事実を追って考える

という現実的発想にある。現実的で

あり即物的である根本的理由がここ

にある。

 

少しでも長く生きたいというかれら

にとって「死」は何にも増して恐怖

だ。

 

・「儒」という思想集団

死に怯える中国人に死は恐怖では

ないと説明することに成功した集団が

「儒」である。「儒」は死者の魂を

呼び戻す招魂儀礼をおこなうことで

死者を現世に再生できると考えた。

そして、この再生理論を説くことで

中国人の死の恐怖を解決した。

 

・招魂儀礼から「孝」の理論へ

上記の招魂儀礼は、祖先崇拝、祖霊信仰

を核として、祖先を祭祀する。祭祀を

続けるには主催者となる子孫を生み続け

ることが欠かせない。そこで「儒」は

①祖先の祭祀 

②父母への敬愛

③子孫を生むこと

以上三つの行為をひとつにして「孝」

という独自の理論を作った。

 

・「孝」の本質は生命論

「孝」を行うことによって自己の生命

は祖先の生命であり、また逆に子孫の

生命でもあるというひとつの転換が

起こる。すなわち「孝」の本質は、

永遠の生命を認めようという生命論

である。

 

 

◇儒教の宗教性

宗教とは「死ならびに死後の説明者で

あると定義」できる。中国の場合、漢民族

の考え方や特性に最も適した、死ならびに

死後の説明に成功したのが「儒教」で

あった。そのために儒教は支持され、

国民宗教としての地位を得た。

 

「孝」の概念の背景などは、日常生活

の中に根付いている気がします。これら

の背景を知っていると、物事の見え方

が変わってくるかもしれません。

 

私にマッサージをしてくれる王さんは

広東省出身です。彼は私の子供たちが

結婚することをとても熱心に心配して

くれます。このような「儒教」や「孝」

の背景があるのかもしれません。

 

1168677_s

 

9月に入り、台風の季節になり、不安定な

お天気にもなりがちです。昨日も黒い雲

に覆われ強烈な雨が降りました。

 

日頃からデジタル本のダウンロードありが

とうございます。お読みになった感想を

アマゾンにコメントいただけると参考になり

張り合いでます。よろしくお願いします。

 

 

| | コメント (0)

2020/08/29

猛暑のテニス大会

コロナの影響で中止していたテニス

大会が8月から再開されました。

先日大磯プリンスホテルのテニス

コートで行われた「大磯フェニックス

オープン」の65才以上シングルスに

参戦しました。

 

35℃になろうとする猛暑の日のシン

グルスは厳しいものがありました。

2月以降半年ぶりの対外試合でした。

結果は7-5,4-6,1-6で敗退しました。

 

猛暑の中、試合を続けていくことは

自分と向き合うことになります。

 

敗退を通じていろいろなことを学べます。

大坂なおみのコーチだったサーシャバイン

の言葉などもじっくりと味わえます。

 

・大きな野心がなければ戦えない

 小さな目標がなければ勝てない

 

・スキルの鍛錬に大切なことは二つ。

 一つは何を伸ばすか焦点を絞る、

 つまり「フォーカス」すること。

 そしてもう一つは、「集中力の持続」だ

 

・大きなストレスにさらされたとき

 に大切なのは、自分のモチベーション

 が何なのか、再確認すること。

「これは他人の期待に応えるためでは

 なく、自分自身のためにやっているのだ」

 と思えば、メンタルを整えることが

 できる

 

・嫉妬が危険なのは、自分が持っている

 ものより持っていないもののほうに気を

 とられるときだ

 

・ポジティブな人生はポジティブな仲間が

 つくってくれる

 

年齢別で現在JOPランキング414位ですが、

ランキングを高めていくことを目標とし、

これから対外試合に出ていこうと思って

います。メンタル面、決め手のテクニック

様々整えていきます。

 

Dsc_1349

テニスコートの部屋からみた大磯プリンス

ホテル 海岸沿いのリゾートの雰囲気が

漂っている。

*******************************

夏休みの終わり 無料キャンペーン

 

「瑠璃色の風に吹かれ」

~定年ブロガーのエッセイ~(旬ブックス)

 

8月26日(水)16:00

       ~31日(月)15:59

無料キャンペーンを行います。

今年の6月発行 緊急事態宣言中、巣籠執筆

したエッセイを読んでみてください。

出来ましたらアマゾンにコメントをいただけ

ると張り合いになります。よろしくお願いい

たします。

******************************

 

| | コメント (0)

2020/08/23

沈黙の春

私の夏の課題図書のひとつに

「沈黙の春」があります。

レイチェル・カーソンという女性の

著作で、日本では1974年に新潮社より

発行されました。

 

ロングセラーの環境に関する名著です。

 

原作は1962年に書かれ、レイチェルさん

は1964年には亡くなっています。1907年

生まれで、1940年に米国内務省魚類・野生

生物局に勤務し、52年に退職するまで

野生生物とその保護に関する情報収集に

あたりました。

 

かなり早い時代に多くの人に影響を与えた

著作として一読に値するものと思います。

 

その影響がよくわからないうちに化学薬品

が自然を破壊していく事例をたくさん紹介

していますが、自然界への影響調査の難し

さもあたらめて痛感し、人間の経済活動と

の対比からみても今日においても続いている

愕然とする内容です。

 

◇自然は、沈黙した

「自然は、沈黙した、薄気味悪い、鳥たち

は、どこへ行ってしまったのか。みんな

不思議に思い、不吉な予感におびえた。

 裏庭の餌箱は、からっぽだった。

ああ鳥がいた、と思っても、死にかけて

いた。ぷるぷるとからだをふるわせ、

飛ぶこともできなかった。

 春が来たが、沈黙の春だった。いつも

だったら、コマツグミ、ネコマネドリ、

ハト、カケス、ミソサザイの鳴き声で

春の夜は明ける。そのほかいろんな鳥の

鳴き声がひびきわたる。だが、いまはもう

音一つしない。野原、森、沼地 ーー

みな黙りこくっている。」

 

自然を破壊しあらゆる生命を蝕む化学薬品

の恐ろしさをペンシルベニア生まれの筆者

が告発する。

 

地上に生命が誕生して以来、生命と環境は

互いに力を及ぼしあい、何千年という時を

かけて、生命と環境の均衡をつくりあげ

てきた。だが、人間は二十世紀というわずか

の間に恐るべき力を手に入れ、自然を変えよ

うとしている。

 

人間が作り出した科学薬品は、農園や森林

などの様々な場所で使われている。それは

特定の雑草や虫を退治するためのものだが、

結局、生命のあらゆるものすべての環境

を破壊する。

 

人間は自然を単純化することに注力し、自然

が様々な種類の生物の間に作り出してきた

均衡を破壊してしまった。例えば広大な

農地に一種類だけの作物を植える、いわゆる

「単一農作物栽培」ようになると、ある種

の昆虫が大発生した。

 

水の汚染は、環境全体の汚染と切り離して

考えることはできない。原子炉、病院など

からは放射性のある廃棄物が、都市からは

下水が、工場からは化学薬品の廃棄物が

海へと流れ込む。これらは互いに作用しあい

姿を変え、毒性を増す。

 

土壌の世界は、様々な生物が織りなす糸に

よって、互いに依存している。生物は土壌

がなければ育たず、土は生物が栄えてこそ

生きたものになる。だが、この世界に化学薬品

が押し寄せたら、個体数の均衡が壊れる恐れ

がある。土壌の新陳代謝の活動も変化し、

もはや実り豊かな土とはならない。

 

二十世紀になって、人間は無数の化学的発癌

物質を生み出した。こうした化学物質をすべて

取り除くのは非現実的なことと思われる。

だが、その多くは人々の生活に不可欠のもの

とは限らない。それらを取り除けば、癌の

脅威も大幅に弱まる。

 

 

日本で公害を強く意識し始めたのは昭和

四十年代、その後も様々な問題が起きて、

都度対策が打たれてきました。日本で

本書が発行される時期にも符合しています。

 

化学物質特に化学薬品がもたらす効果は

日常生活に必要なものとなっています。

しかし、その影響の範囲を当初予想する

ことは極めて、難しいものだと思います。

 

一方でレイチェルさんのような主張、行動

をすると、企業、業界の利益、そのロビー

活動から、かなりの圧力もかけられてきた

でしょう。1960年代からすでに60年経って

も本書がロングセラーを続けているのも

その解決がいかに難しいかを示している

ものといえるでしょう。

 

61njqczlwtl_ac_uy218_

*******************************

夏休みの終わり 無料キャンペーン

 

「瑠璃色の風に吹かれ」

~定年ブロガーのエッセイ~(旬ブックス)

 

8月26日(水)16:00

       ~31日(月)15:59

無料キャンペーンを行います。

今年の6月発行 緊急事態宣言中、巣籠執筆

したエッセイを読んでみてください。

 

******************************

| | コメント (0)

2020/08/20

内向型の強み

社交的で人を引っ張る外向型の人間

を理想とする人が多い。

 

かくいう私もそういう刷り込みの中

で育ち、大いにコンプレックスを感じ

てきたものです。しかし、内向型の

特質を理解していくと勇気が湧いて

きます。

 

「内向型人間が無理せず幸せになる

 唯一の方法」スーザン・ケイ著

(講談社)の要旨をご紹介します。

 

 

・なぜ「隠れ内向型」が多いのか?

今日社会が求める性格タイプはごく狭い

範囲に設定されている。成功するには

大胆でなければならない、幸福になる

ためには社交的でなければならない、

と教えられる。

 

このような背景から、多くの人が外向型

の振りをしている。アメリカ人の1/3から

1/2は内向型である実態だ。

 

・内向型が偉業を達成

内向型は二流の性格特性とみなされている。

だが、創造性に富んだ人々の多くは内向型

だ。その理由のひとつとして内向型は単独

作業を好み、孤独は革新の触媒となりうる

ことが挙げられる。進化論からゴッホの

ひまわり、PCもそうである。

 

スティーブ・ウォズニアック(アップルの

共同創業者)がいう。

「ひとりで働け。独力で作業してこそ、

革新的な品物を生み出すことができる」

 

・「共同作業」が創造性を殺す

孤独が創造性の鍵なら、企業は従業員に

プライバシーと自主性を与えるのが望まし

い。だが、多くの企業はチームワークを

優先する「新集団思考」を重視し、オフィス

はオープンなつくりで、プライバシーは

ほとんどない。

 

・ネットの誕生が協働をクールなもの

 にした

フリーソフトのリナックスやオンライン

百科事典のウィクキペディアの成功は

協働「コラボレーション」が鍵となった。

しかし、彼らは大きな会議室に集まって

作業したものではない。そして人々は

コラボレーションという考え方を魅力的

なものとし、集団の知恵を尊敬するよう

になった。

 

・オープンオフィスは生産性を阻害する?

研究によればオープンオフィスは働く人の

気分を敵対的にし、意欲を奪う。また、

一度に複数の仕事をこなすと生産性が低下

し、ミスが増える。多くの内向型がこの

ことを本能的に知っていて、一部屋に

大勢で閉じ込められるのを嫌う。

 

・『ブレーンストーミング』神話の崩壊

集団で自由にアイディアを発表しあう

ブレーンストーミングは優れたアイディア

をもたらすとされる。だが、実際には

集団が大きくなるほど、アイディアは

質・量ともに低下する。

 

・報酬志向と脅威志向が運命を分ける

外向型と内向型は脳の反応が異なる。

外向型は報酬を求める脳の反応が敏感

で、目標の追求と達成に対して、格別な

『熱狂』を抱く。内向型は簡単には

熱狂しない。行動する前に考えて、時間

を掛けて問題解決に取り組み、正確に

作業する。

 

極度の内向型だったアインシュタインは

言った。

「私はそんなに頭がいいわけではない。

問題により長く取り組むだけだ」

 

 

コロナ時代の先を観ていく今日、外向型

のみならず内向型の特質が活きていく

気がします。

 

3803334_s

今ハワイには観光でいけませんが、せめて

ワイキキを見渡す部屋の一室からの眺め

で「涼」をとりたいものです・・・

 

 

| | コメント (0)

2020/08/14

禅とはなにか

鎌田茂雄さん(五輪書)つながりで、

「禅とはなにか」(講談社学術文庫)

を紹介します。スティーブ・ジョブズ

も関心を強く寄せた「禅」はどんな

ものなのか、鎌田さんの言葉で聞いて

みます。

 

 

インドで興った仏教と中国の老荘思想

などが融合し誕生した「禅」

 

◆禅の思想

・心の問題

人間性の回復などと言われている。

私たちは目前の様々な快楽に追われ

心の健康ということにほとんど注意

を払っていない。

 

心の問題を考える場合、精神分析学

心理学があるが、悩める心を救うもの

ではない。筆者は仏教の中に心の

問題を考える何かがあるのではと

考えている。

 

・末那識(まなしき)

我執の根本であり、執着をもってその

特性とする。俺が俺が、自分が可愛い

と思うのも末那識だ。

「泣きながら、良いほうを取る 形見

分け」と川柳にあるとおり、私欲を

離れることはできない。

 

・阿頼耶識(あらやしき)

自分だけでなく自分や祖先の犯した

あらゆる経験を貯蔵しているのが阿頼

耶識だ。人間は自分一台ではなく、

「無限の過去と無限の未来に連続して

いる」

 

人間の一瞬一瞬の行為が積み重なって

その生命を流転させてゆくことに思いが

及ぶならば、一日一日の行いを大切に

大切にしてゆかねばならない。

 

・心を縛るものを除くには

「欲に従がふもこれ苦、欲を

絶つもこれ苦なり」

菜根譚(さいこんたん)は説く。

「人生は少しだけ減らすことを考えれ

ば、その分だけ世俗から抜け出すこと

ができる。例えば、もし友人との

付き合いを少しだけ減らせば、その

分だけ煩わしいいざこざから逃れ

られるし、発言するのを少しだけ減ら

せば、その分だけ過失がなくなる」

 

・ただ今のことに集中する

自分を束縛しているものを解放する

にはどうしたらよいか?

それは自分の心を空っぽにするのだ。

過去の失敗を悔やまず、未来のことを

心配せず、ただ今のことに集中する。

そうすれば無念無想の境に入って

いける。

 

「ただ、前念をとどめてくよくよする

こともなく、後念を抑えてびくびく

することもなく、ただ目の前に起こって

いる物事を、次々片つけていくことが

できれば、自然に無念無想の境にはいって

いくことができよう」と菜根譚はいう。

 

・無心とは

無心とは心をどこにも置かないことだ。

「一切心をどこにもおかずに、天地一杯

に遍満させるのである」

一点に気力を集中させ、しかし、心は

どこにも置かない。これが剣の極意で

あると、沢庵禅師は教えた。

 

◆禅宗の開祖、達磨の思想

・「無功徳」の宗教

禅宗の開祖と言われる達磨は、一切の

功徳を否定する「無功徳」の思想を

説いた。寺を造ったり、お経を写したり

することに功徳があると思うのは、世俗

から見た間違った理解であり、迷いの

原因だという。

 

・無功徳が人生に深みと厚みを与える

無功徳の思想を支えるのは「無限の

努力」である。理想は実現できない

こそ理想であり、実現できない理想に

向かって、一歩一歩努力するところに

人生の意義がある。

 

◆禅を現代にどう生かすか

「忙しい」は「心を亡する」ということ

だ。仕事に励むことは美徳ではあるが、

あくせくしすぎると、心を豊かに楽しむ

ことができなくなる。

 

・新たな価値観を求めて

仏教では人間の欲望を「三毒」と呼ぶ。

貪り、瞋り(いかり)、痴さ(おろかさ)

の三つをいう。

「多欲の人は利を求むること多きが

故に苦悩もまた多し。少欲の人は無求無欲

なれば、すなはちこの患(うれ)ひなし」

「知足の人は貧しいと雖もしかも富めり」

遺教教(いきょうきょう)」はいう。

 

・人は人、吾は吾なり

「世を処するに一歩譲るを高しとなす、

歩を退くるは、即ち歩を進むるの帳本

なり」(菜根譚)

610922_s_20200814101401

瑠璃光寺のつくばい

「吾唯足知」

 

3664360_s

枯山水

| | コメント (0)

2020/08/07

五輪書

ずっと気になっていました。

 

先日NHK BS番組で「偉人たちの

健康法」で取り上げられた宮本武蔵。

番組内容はさることながら、「五輪書」

を読む機会だと思って、ネットで取り

寄せました。いろいろある中で

 鎌田茂雄著 講談社学術文庫

に決めました。

 

「激動の現代に生きる我々は、常に

心の休まるときがない。秒単位で動く

といっても決して過言ではないわれわれ

は、心のよりどころをどこに置くべき

なのであろうか」

 

「孤絶の風光  独行道とは」

「熊本市の西郊、金峰山の山ふところに

ある雲厳寺に、ひとつの洞窟がある。寛永

二十年十月十日、午前四時、一人の武芸者

が、自分の余命の少ないことを悟って、

その洞窟に籠り『五輪書』といわれる

指南書を書き始めた。・・・『五輪書』は

兵法の奥義を説いたものであったが、

箇条書きに簡潔に自らの人生観を説いた

のが『独行道』であった。書いたのは

死ぬ七日前であった。

 

「独行道」

一、世々の道にそむく事なし。

一、身にたのしみをたくまず。

一、よろずに依͡͡コ(りっしんべんに古

  :頼るの意)の心なし。

一、身をあさく思、世をふかく思ふ。

一、一生の間よくしん(欲心)思はず。

一、我事において後悔せず。

一、善悪に他をねたむ心なし。

一、いづれの道にも、わかれをかなし

  まず。

一、自他共にうらみかこつ心なし。

一、れんぼ(恋慕)の道思ひよるこころ

  なし。

一、物毎にすき(数寄)このむ事なし。

一、私宅においてのぞむ心なし。

一、身をひとつに美食をこのまず。

一、末末代物なる古き道具所持せず。

一、わが身にいたり物いみする事なし。

一、兵具は各(格)別、よ(余)の

  道具たしなまず。

一、道においては、死をいとはず思ふ。

一、老身に財宝所領もちゆる心なし。

一、仏神は貴し、仏神をたのまず。

一、身を捨てても名利はすてず。

一、常に兵法の道をはなれず。

 

正保弐年  五月十二日

           新免武蔵

             玄信(在判)

 

「独行道」に出会ったことはよかったと

感じています。武蔵最後の遺言とも

いうべき書を吟味できることは、意義深い

ものがあります。特に響いた文言を太線

にしました。

 

「吟味せよ」「修練せよ」「稽古せよ」

テニスの対戦にも通じる心構えがあった

ことも意義がありました。

1978040

1082530

 

| | コメント (0)

2020/08/02

梅雨明け

関東地方ですが、やっと梅雨明け

しました。

6月11日から8月1日の長きに亘って

九州、山形地方における水害をもた

らし、世界的には中国長江流域に

大水害が起きました。

(心よりお見舞い申し上げます)

 

日照時間が極端に短く、農作物にも

今後影響が出てくるものと思われます。

今年の梅雨明け後は例年とは大きく様相

が異なっています。

 

本来オリンピックで盛り上がりのクライ

マックにあるはずの夏休みが、スポーツ

イベントや様々な芸術・芸能イベントの

多くが中止、延期、大幅規模縮小と考え

られもしない事態に追い込まれ、昨今の

新規感染者急増の中、先の見えない日々

を過ごしています。

 

年金生活者としての常態を受け入れ始めた

矢先でしたが、多くのことを考えさせられ

ました。在宅を余儀なくされた中での

健康維持と楽しみの見つけ方は「晴動耕筆」

の回でもご紹介しましたが、今まで当たり前

の事ができることに改めて感謝しながら

味わうことを知りました。

 

例えば、運動としてしていた「テニス」も

いつできなくなるか分からないので、「今」

できることはありがたいことだ、そのため

にコロナ対策や体重をはじめとしたコント

ロールや筋肉、関節のケア、食事、食事を

作ってくれる奥方への感謝等々 改めて

思うものであります。

 

そして、世界情勢が一挙に大変化していく

ことも分かってきました。さらに経済状態

が悪化していくと何が起こるか分かりません。

 

働き方、人々の行動にも大きく変化をもた

らせた今回のコロナウィルス、「新常態」

はある日突然やってくることを感じつつ、

いつもとは違う「梅雨明け」を眺めるもの

です。

 

1775511_s

| | コメント (0)

2020/07/22

ノルウェーの森

コロナ緊急事態宣言時に村上春樹氏

の小説「1Q84」を読んだことを

切っ掛けに、「海辺のカフカ」さらに

今回「ノルウェーの森」を読みました。

 

主人公「ワタナベトオル」が大学入学

した1968年で東京の私立大学の演劇

専攻。当時の時代背景や登場する曲

なども懐かしく読み進めました。

「帯文も注目された。村上自身が書いた

『100パーセントの恋愛小説』という

キャッチコピーについて本人は、

「僕はそのときほんとうは『これは

100パーセントのリアリズム小説です』

と書きたかったのだけれど(つまり

『羊』や『世界の終り』とはラインが

違いますということです)、そんなこと

を書くわけにもいかないので、洒落っけ

で『恋愛小説』というちょっとレトロ

っぽい『死語』を引っぱり出してきた

わけです」と述懐している」

(ウィキペディアより)

 

いろいろ読んでみて毎回思いますが、

シーンの描写が繊細で、例えをうまく

使い、様々なジャンルの曲を引き出し

服装、髪型、持ち物を説明していく

ことが読み手の「ちょっといいもの

に憧れ」の読み手を誘って気持ちよく

シーンを想像させるさせる極意を心得

ていると思います。

 

さらに男女の機微と性描写をリアルに

迫っていくところに魅力があると感じ

ました。

 

村上春樹作品もう少し読んでみたい

ところです。

 

715164_s

大徳寺高桐院の「雨の風情」。もともとは

「雨の中の庭」という題名で出したかった

という話や小説の登場人物「直子」が京都で

療養していたことからこの写真を選び

ました。

 

登場人物の「緑」「レイコ」「ハツミ」と

それぞれの性格が異なり主人公と織り交ざっ

ていくところが魅力的です。

 

 

 

| | コメント (0)

2020/07/14

組織変革のこと

会社を退職してからは、会社そのもの

のことは触れずにきました。

企業の経営は大変だと思います。特に組織の

分厚い大企業ではことさらです。

 

現役の頃一組織の長として、経営者と

接してきて感じることがあります。

社長が変わると、組織変革と称して

て前任者がやってきた組織デザインを

いじることで、経営を変革しようとする

動きが起きます。動機は抜本的変革を狙う

のですが、このところそれが成果を生んで

いるとはなかなか評価しづらいものです。

 

何故だろうと考えていた筆者が思わず膝を

打ってしまった本に出合いました。

 

長年心の奥底によどんでいたエネルギーが

沸き上がった声としてお聞きください。

 

「組織」  横山禎徳著 ダイヤモンド社

~「組織という有機体」のデザイン28の

ボキャブラリー~

 

企業の経営戦略を実行する「組織」を

構築することは容易ではない。組織改革に

乗り出す企業は後を絶たないが、真に

生まれ変わったという話はほとんど聞か

ない。

 

組織を本当に変えたいのであれば、組織

構造ではなく、組織を動かすための

仕組みや仕掛けを変えなければならない

 

その仕組みや仕掛けのことを「組織

デザインのボキャブラリー」と呼んでいる。

 

◆人の行動を変える事、すなわち

行動変容こそが組織を変える目的である

どんな大々的に組織変革を行っても、人々

が行動を変えず、昔通りの慣れ親しんだ

行動をしているのであれば、その改革は

失敗である。

 

情報を大量に集め、社内会議で「過剰消費」

し、それで満足して行動に移らないといった

逆説的な状況から脱する必要がある。

 

「答えは外にある」として機敏に動き回る

などこれまでの行動を変える要素はいくら

でもある。

 

◆ほとんどの組織デザインが、素人仕事に

終わっている

多くの組織では企画スタッフが組織改組を

やっているが、いかに優秀でも組織デザイン

に関してはそのための訓練と経験を積まない

素人仕事しかできない。以下の失敗を

する。

 

①「理想的組織をつくろう」と意気込む

事業環境の変化や企業規模拡大を超えて

存在し続ける「理想的組織」などありえない。

「製品別組織」と「機能別組織」のどちら

が良いのか判断する決め手などない。

このような状況では最初はどちらかを選択

し、どちらかを犠牲にするのがよい。

そして頃合いを見計らいその逆をやり、

底上げを図っていく。

 

②「組織メンバーは理性的あるいは合理的

判断に基づき行動する」という人間観

 

縦割り組織の弊害をなくし、組織間連携

を促すために組織横断的な部署を設置する

ことがある。しかし、多くは期待したほど

機能しない。それは会社の目的に沿った

合理的な行動を人々がとらないからだ。

 

カンパニー制も一時、はやった。

しかし、必要十分な権限をすべて与え、

それに応じた評価体系を変えるところまで

徹底してやらなければならない。プライス

やコストだけでなく投資権限も与える必要

があるが、そこまで与えられていることは

稀である。

 

◆座りにくい椅子を用意する

いかに行動とその背景にある動機付けを

変えていくかにある。「駆り立てる仕組み」

「よく観ている仕組み」「注目を浴びる

仕組み」などをしっかり組み込んでいく。

それが本当の意味で組織を変えていくこと

だ。組織図には表れてこない。

 

人がゆっくり座っていては仕事ができない

ような「座り心地の悪い椅子」を用意し、

昔通りでは情報が入らず、事が運ばない

ように職務を決める。

 

◆組織を隅から隅までデザインしては

いけない

組織には「完成」という概念はなく、

「これで決まりだ」ということは永遠に

ない。常に状況に合わせて自己調節を

行うダイナミック・システムである。

人間という有機体が集まって動かして

いる疑似有機体だからだ。

 

私たちの周りにはあきれるほど性格の

悪い人は多くない。大半は怠惰なだけで

常に保身を考え、現状維持的で再現性

のある仕事はできるが、その範囲を

外れると全く無能になったりする。

 

◆絶え間ないラーニングとアンチラーニング

が欠かせない時代である

①「絶え間なく学習し、そして学習した

ことを捨てる」ことである

 

②過去の「常識」から脱却する

世の中の急速な変化についていけない

中年より若者に任せた方がよいという

考えはあるが、ほとんどの伝統的大企業

ではそうなっていない。企業活動の全て

に若者のほうが得意ということはないか

らだ。

 

企業活動を3つに分けて、若者が得意

とすること、中年が得意とすること、

両社が共同・競争した方がいいことに

デザインする。全社一律ではなく、多様な

サブカルチャーがいくつも併存したほう

がいい。

 

過去、現在、未来を通じて「正しい」

組織を求めない、変化できる組織を志向

・時代の変化に敏感な感覚を持っている

・戦略の執行においては柔軟に対応する

・権限の付与は形式にとらわれず

 臨機応変である

・指示命令よりも情報の共有を重んじる

 

このように変化を続けていく

 

◆組織は永続しないもの、そう割り切る

方が賢明である

戦略と組織は表裏一体の関係にあり、戦略

が変われば、それに応じて組織を見直す。

「組織は戦略に従う」

 

◆組織の意思決定システムをデザイン

し直すことには、大きな戦略的価値がある

組織のOSS(オペレーティング・システム・

ソフトウェア)を作っていく上で重要なもの

「意思決定システム」「業績モニター

評価システム」「人財育成・配置システム」

がある。特に「意思決定システム」において

は多くの企業が一律に常務会などで決定

される。事業のスピードを考慮した柔軟性

を組み込まないと意思決定が遅れる。

 

事業の性格に応じてユニットに任せる。

疑義が生じた場合には意思決定委員会の

レビューに掛けるなどの方策もある。

 

◆筆者のまとめ

多くのトップが最高責任者になると、取り

巻きを集め、「居心地の良い部屋、座り

心地の良い椅子」を求めてしまいます。

経営責任の厳しさから、安定したわが身を

守る環境作りに走ることはよくわかります。

 

しかし、戦略なき「組織変革」により、

組織要員が内向きなエネルギーで消耗して

しまい企業の低迷を招いてしまう様をみて

きました。

 

組織に対する見識と経営の勇気をもって

「仕組み」「仕掛け」を編み込んでいく膨大

なエネルギーを注ぎこまないと、組織変革は

成就しない。そうしたトップの姿勢を感じて

社員たちはついていきます。このように絶え

間なく努力していくことこそが、トップに

選任されたものの務めであるとつくづく

思うものであります。

 

そのことをまとめて指摘された良書です。

 

Dsc_1342

メドーセージとは「サルビアガラニチカ」

呼ばれるシソ科アオギリ属のハーブの

ことをいいます。 鳥のくちばしのような

独特な形をしたブルーの花が特徴で、初夏

から秋まで比較的長く花。

雨の続く今、わが家の庭では目立っています。

| | コメント (0)

2020/07/10

晴動雨筆

「晴耕雨読」という素晴らしくも憧れる

ライフスタイルがあります。

 

定年退職後、どういうライフスタイルが

いいか模索してきましたが、結局「晴耕

雨読」をもじって「晴動雨筆」になって

きました。

 

晴れた日は思い切り身体を動かす。

テニスをする、ゴルフをする、散歩、

筋トレと身体を消耗させ、お酒を飲み

食事を楽しみ、ぐっすりと眠る。

 

これに尽きる!

 

雨が降り、在宅の時は、顧問や各会の

幹事の仕事をする、掃除をする、家事を

手伝う、買い物をする、物書きをする、

楽器をいじるといったことに集中する。

 

もともと物書きが好きで、日記、レポー

ト、ブログ、電子書籍の出版と、文字

と関わっていくことが好きなのだから

そうすればよい。

 

いろいろ思い悩んだ結果、こういう風に

決めてそれぞれのことに集中していく

ことが、自分にとっていいことだ。

 

目の前のことに集中し、それぞれに楽しみ

を見出していくことが素晴らしい毎日を

生み出すのだと・・・

 

あれこれ先のことを思い悩んで、現在の

目の前のことに集中できないことが

もったいないことなのだと・・・

先のことはどうなるかなんて誰にも

分からない・・・

 

毎日のビジネスから解放されて3年余、

いろいろ試行錯誤したけれども、結局

たどり着いたのが「晴動雨筆」

 

毎日の時間を集中して有効に使い倒す!

これが大事なんだと!

 

C'est la vie! 「これが人生さ」

 

拙ブログ2019年2月26日から引用します。

「北アフリカ最大のローマ人居住地であっ

た古代都市タムガディの砂に埋もれていた

廃墟が18世紀に発見されました。現在は

アルジェリアのティムガッドと呼ばれて

います。

ティムガッドの落書き

そのフォルム(大広場)とよばれる場所から

「狩りをし、風呂に入り、ゲームをし、笑う。
 これが人生だ」

というラテン語の落書きが出てきました。

西暦100年ころトラヤヌス帝が建設したこの

都市が高いレベルの快適な生活を都市市民

に提供していたことは驚くべきことです。

賑やかな市が立つ日には大広場に人々

が集まり、ゲームをしたり野外劇場で上演

される劇を鑑賞したり、公衆浴場でゆっくり

とおしゃべりをしていた姿が想像されます」

 

他人の目を気にして、大義を考え過ぎ、

あれこれ悩むよりも自分の好きなように、

他人の迷惑にならぬ範囲で、いい意味での

わがままを通すのも、またよしとしよう!

 

1260164_s

2129355_s

| | コメント (0)

2020/07/04

運動は人間を幸福にする

運動と気持ちの高揚の関係は今までも言わ

れてきました。スタンフォード大学の心理

学者のケリー・マクゴニガルさんが記した

「スタンフォード式人生を変える運動の

科学」(大和書房)からポイントをピック

アップします。納得感満載です!

 

◆運動は人間を幸福にする

・運動で「人生の満足度が高まる」

世界的にみても体を良く動かす人の方が

幸福感や人生に対する満足度が高い。

定期的に運動している人は目的意識が強く

日常生活において感謝や愛情、希望を実感

する事が多い。

 

・脳は運動する人に「報酬」をくれる

運動がもたらす心理的な効果は幸福ホル

モンと呼ばれる「エンドルフィン」だけで

はない。他にも多くの脳内化学物質が

活性化するため、活力が湧き、不安が和ら

ぎ、人々の絆が深まる。

 

運動すると気分が爽快になるのは、そのた

めの仕組みが筋肉組織に備わっているため

でもある。筋肉から脳のストレス耐性を

高めるホルモンが血中へ分泌されるのだ。

 

人体の生理機能は身体を動かすことに

「報酬」与える仕組みになっていると

しか思えない。

 

◆持久力が高揚感をもたらす

200万年前大規模な気候変動によって

温度が低下し東アフリカの地勢は一変した。

森林が減りまばらな森や広い草原が出現す

る。原始人たちは以前よりはるかに広い

範囲を移動しなければならなくなった。

走るのに適した身体的特徴が優性になっ

た。

 

・なぜ「ランナーズハイ」が起こるのか?

ランナーズハイを引き起こす脳内化学物質

の一つに「内因性カンナビノイド」がある。

大麻やマリファナのように苦痛を緩和し

気分を向上させる作用がある。

 

・20分の「ややきつい運動」でハイになる

実験によるとジョギング程度の運動が

ウォーキングや全速力の走行よりもカンノ

ビノイドの値が高かった。

 

ランナーズハイが起こるカギは走る行為

そのものよりも中程度の運動の継続にある。

 

◆夢中になる

大麻やドラッグの使用時と同じ神経伝達

物質系の作用によるものだ。

 

・運動嫌いでも6週間で夢中になる

運動はドーパミン、ノルアドレナリン、

内因性カンノビノイド、エンドルフィン

などの脳内化学物質の分泌を引き起こす。

運動とドラッグとの違いは、その作用が

起こるまで運動は時間が掛かる。ジム

での実験では新しい運動習慣を定着させ

るには週4回のトレーニングを6週間継続

する必要があることが分かった。

 

・「鬱病の治療法」としての運動

運動が脳の「報酬系」に及ぼす影響はほぼ

確実に抗鬱作用につながっている。脳は

加齢によって10年毎にドーパミン受容体

が13%減少する。そのために日常の喜び

を感じにくくなるが運動はこの現象を

防ぐ効果がある。年齢が高くなるほど

運動と幸福感および鬱のリスク低減の

関連性が高くなる。

 

◆いまを大切に生きる

心理学では自然の中で行う運動を「グリ

ーン・エクササイズ」と呼ぶ。どんな

運動でも屋外で身体を動かし始めて5分

も経つと気分が明るく、楽観的になる

ことがわかっている。

 

・「安静時の脳」で起こっていること

今から20年前、脳の「デフォルト・

モード・ネットワーク」が発見された。

安静時の脳は全く安静状態でないことが

わかった。記憶や言語、感情、推論など

に関連する脳の多くのシステムが活性化

していた。

 

人間の脳は放っておくと想像上の会話を

繰り広げたり、過去の経験を反芻したり

将来のことを考えたりしてしまう。特に

自分自身のことや人生における目標、

人間関係などについてしつこく考える

傾向にある。

 

・「ネガティブ・バイアス」

ほとんどの人の場合、脳のデフォルト状態

にはネガティブ・バイアスがある。過去の

つらい経験を何度も思い出したり、自分

自身や他人を批判したり心配すべき理由を

しつこく考えたりする。

 

デフォルト状態では心理的な罠に嵌りやす

い。会話や仕事に集中しているときは

沈静化しているが、鬱病の人はこの切り替え

がうまくいかない。脳がこの反芻をやめら

れなく場合もある。脳の報酬系は記憶や

不安についてのデフォルト・モード・ネット

ワークとつながりやすい。「そうだ、もっと

考えろ!」とあおり始め、くよくよ悩むと

何かいいこと(=報酬)がありそうだと脳

が勝手に思い込み始める。

 

このデフォルト状態を鎮静化させるための

最も効果的な方法のひとつは「瞑想」だ。

呼吸に集中すること、瞑想をすること、

マントラを唱えることは、いずれもデフォル

ト状態の中心部分を非活性化することが

脳画像検査によって明らかになっている。

 

私も緊急事態宣言解除後、テニスをいつも

より頻度を上げてプレーしました。身体

の疲労は大きかったけれども、気分的に

は爽快感を経験しました。

 

ただしゲームで負けが込んでくると、安静な

時にデフォルト・モード・ネットワークが

大活躍して気分が重くなり、沈んでしまう

こともありました。その時に静かに瞑想的

な時間を作ると、くよくよとした気持ちが

確かに消えた!効用はあります・・・

 

1573706_s

ACWORKSさんの写真(PHOTO ACより)

1086241_s

まぼさん(PHOTO ACより)

 

追伸)2月上旬に訪問した熊本県人吉盆地が

大水害に見舞われました。テレビで見る限り

宿泊したホテルも水没していました。

心よりお見舞いいたします。(7月5日)

| | コメント (0)

2020/06/30

特異な2020年上半期

6月が終わろうとしています。

 

今年は昨年消費税が上がっても景気は

それほど悪くなく、いつも通りの幕開け

でした。しかし、1月の半ばで中国武漢で

新型インフルエンザウィルスなるものが流行

していると報じられ、1月23日には武漢の

閉鎖ニュースが飛び込んできました。

 

当初はインフルエンザウィルスの派生系

程度の認識でしたが、その影響が世界的

に広がることで、今では、これはとてつも

なく大きな歴史的な変節点になりうる

一大事という認識に変わってきました。

 

緊急事態宣言が発せられた4月8日から

5月25日までの48日間は外出自粛として

交通機関にも乗らず、自宅から散歩や

生活物資の購入以外にはどこにも行か

ない生活を送りました。

 

こんな状態は生まれて物心ついてから

記憶にない異常なことでした。

 

その間、世に中は大きく変わることになり

ました。当初はインフルエンザと同様に

一時的で「元に戻るもの」と認識して

気軽に考え、行動していました。

 

そして、このブログでも取り上げたよう

に、この時間を使って普段できないこと

に取り組もうと考えて、実行してきました。

 

ところが、「AFTER CORONA」と表現

され、さらに「WITH CORONA」といわ

れるように「元に戻らず、その後の世界」

あるいは「感染症が常態化する世界」

いうに認識がなされるようになりました。

 

経済状況では、2008年のリーマンショック

を超え、1929年の世界大恐慌と並ぶ規模の

落ち込みなどと言われるようになりました。

 

働き方はすっかり変わり、事務所と在宅勤務

の併用は当たり前の感覚になってきます。

一方で、飲食業、旅行業、航空業界は大き

なダメージを受け、今後も長くその影響を

受け続けることでしょう。

 

仕事で生計を立てておられる方に比べれば

年金生活者は経済的には影響は少ないもの

です。むしろ消費行動で世の役に立つこと

が求められているかもしれません。

 

今まで「当たり前」だったことができ

ることができるだけでも、そのありがたみ

を感じるようになったことも事実です。

さらに、再び流行してしまえば、できなく

なるかもしれません。

 

明治維新から150年余、関東大震災から

約100年、世界大恐慌から90年余、

第二次世界大戦終結から75年といった

大きな出来事により、日本のかたちが

大きく変わってきた歴史に、世界同時

規模で匹敵するとも言われています。

 

だから、「もう元にもどることはできな

いかもしれない。もう少し時間が経つと、

今はまだ、想像もつかない大きなことが

変わっているかもしれない」と思って

毎日を過ごす認識と覚悟が必要なのかも

しれません。

 

明けない夜はなく、上がらない雨もない

のは確かですが、風景は確実に変化して

いるようです。歴史の変節点は突然やって

きて巻き込まれていくものだと実感し

ます。好むと好まざるに関わらず、

「変動の歴史の目撃者」になりそうです。

 

6月を終えようとしている今、ちょっと

立ち止まって振り返るとそんなことを

漠然と感じるものです。

 

3492473_s

| | コメント (0)

2020/06/27

マッサージ

長年マッサージを受けてきました。

今から16年前、50才の時に右肩の

「五十肩」の治療に端を発しました。

完治には一年近く掛かりましたが、

マッサージは専ら関節の可動域を

広げることが目的でした。翌年には

ご丁寧にも左肩も患いました。

 

その時に通ったのが近所の整体です。

今日に至るまで通っていて、今では

ご近所情報や会話を楽しむ存在にもなり

ました。

 

50才代は組織の責任者でもあり、スト

レスの溜まる状態で、一週間働いたご褒美

として通い、心身ともにリラックスする

至福の時間となりました。

 

その後6年間の大阪赴任時代は、赴任先で

マッサージを探し、「リサナトーレ江坂」

を経営する同じ年の伊藤純彦さんにところへ

通いました。サラリーマンも経験した同氏

の話は面白く、関西事情を知る上でも

大いに役立ち楽しませてもらいました。

 

還暦前後になってくると、身体のあちこち

が悲鳴を上げはじめます。全身特に下半身

の筋肉が落ちてきます。

肩・背中、腰、股関節、膝、足首、肘、

手首と様々痛くなってきます。

 

マッサージを受けていて感じるのは、身体

は「システム」となっているので、決して

痛い部位だけの問題ではないことです。

 

例えば腰痛などは、腹筋、背筋、大殿筋、

大腿四頭筋、ハムストリング等の繋がっ

ている筋肉や腱、関節全体として捉えない

と、根本の解決になりません。筋肉の張り

の原因としての「歪み」や筋肉の減少

などが大きく影響してくることを知りま

した。

(もちろん医学的にはもっとたくさんの

原因がありますが)

 

腰痛は二足歩行の人類共通の持病だと

思います。ヘルニアや脊柱管狭窄症等

直接の病状ではなく加齢性のものだった

ので、その後、腹筋、背筋等の筋肉を

鍛えることで、少し楽になっていきま

した。

 

こういうことに気づいてからは「身体に

聴く」ということを考えるようになり

ました。あちこちの筋肉、関節を丁寧

に観察し、ある種の対話みたいに声を

聞いてみます。そうすることで、ただ

痛い部位のことだけを見ずに、広く

全体として捉える習慣がついてきます。

 

また、「身体」と「心」が密接な関係に

あることも、マッサージを通じて学び

ました。「心身のリラックス効果」は

確実に存在します。

 

民間のマッサージは、健康保険が効かな

いことが多いので、かなり負担となりま

すが、会社員現役の時代から健康維持

のための「自分への投資」と考えるよう

にしました。

 

確定申告では「医療費控除」として

申請できますので多少は救われます。

 

現在はテニスを中心に生活を組み立ている

ために、マッサージは必須のアイテムです。

腰、肘、手首、股関節、膝、足首が重要

管理部位となっています。

 

幸い肩は、その後痛みなく順調に推移

しているのでありがたいです。

 

とにもかくにも、今後もマッサージに

お世話になり、身体をケアしながら、

少しでも長く「動ける」状態を保ちたい

ものです。

Dsc_1341

凌霄花(ノウゼンカズラ)蒸し暑くなり

蚊の活動も活発化した時期に咲きます。

「ああ、梅雨真っ最中・・・」と今年も

時期となりました。

Dsc_1340

 

冬を越すのが難しく、毎年植え替えして

いたのですが、今年は寒さに耐え、無事

花を付けました。よくやった・・・

(サンパラソルの一種)

| | コメント (0)

«新型コロナ接触確認アプリ